アウディR8 V10クーペ 5.2 FSIクワトロ(後編)

2016.07.28 谷口信輝の新車試乗 SUPER GTや86/BRZ Raceなど、数々のモータースポーツシーンで活躍中のレーシングドライバー、谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回も引き続き、「アウディR8」に試乗する。外観からは“穏やかな進化形”に見える新型も、乗れば実はアグレッシブ。ヤンチャなクルマに仕上がっているという。さて、谷口の結論は?

この外観に惑わされるな!

「あのね、R8のマイナスポイントを3つ挙げましょう」 出た! 本企画ではおなじみの“後編辛口タイム”の始まりである。「まずね、ブレーキペダルの位置が高い。だからアクセルから踏み換えようとして右足を横に動かすと、足の側面がブレーキペダルにぶつかっちゃう。自分で買うならここは調整したいところだけど、どうかな、できるかな……」

ほほう、これはいかにもレーシングドライバーらしい指摘である。では、次は? 「2番目は、もしも僕がこのクルマを買ったら、助手席のヨメが間違いなく『テレビが見られない!』と言いそうなところ。だって、R8はメーターパネルにナビの地図まで表示させるバーチャルコックピットになっているから、ダッシュボードの中央にはなにもついてないじゃないですか。ああ、ヨメがブツブツ言っている様子が目に浮かぶなあ(笑)」

ふーむ、ドライビングに関する真剣な話題から一気にテレビか。まあ、谷口が家族思いであることはよくわかった。そして3番目は? 「R8って、アウディのフラッグシップモデルでしょ? なんで、もっと見た目で強くアピールしようとしなかったのか、そこは不思議で仕方ありません」

どちらかといえばおとなしいアウディのスタイリングが谷口の趣味にあわないことは本連載でも何度か取り上げたが、今回はただ「好みでない」という以上の意味を持っているようだった。「だって、この外観なのに、このアグレッシブさでしょ。前に乗ったR8に比べると、かなり過激な感じですよね」

谷口が乗ったという先代R8は、まだギアボックスがシングルクラッチだった時代の初期型だが、それでも谷口にかなり深い印象を残したようだ。「前のR8は、ギアチェンジするたびにシフトショックでオジギしなきゃいけないところが大キライだったけれど、スタイリングは未来感があって格好よかったし、ワインディングロードで乗ればどんなカーブでもブレーキなしで進入できちゃうんじゃないかと思わせるような安心感があった。それに比べると新型はかなりヤンチャですよ」

 
アウディR8 V10クーペ 5.2 FSIクワトロ(後編)の画像 拡大
 
アウディR8 V10クーペ 5.2 FSIクワトロ(後編)の画像 拡大
 
アウディR8 V10クーペ 5.2 FSIクワトロ(後編)の画像 拡大
アウディR8 V10クーペ 5.2 FSIクワトロ
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4426×1940×1240mm/ホイールベース:2650mm/車重:1670kg/駆動方式:4WD/エンジン:5.2リッターV10 DOHC 40バルブ/トランスミッション:7段AT/最高出力:540ps(397kW)/8250rpm/最大トルク:55.1kgm(540Nm)/6500rpm/タイヤ:(前)245/35ZR19 (後)295/35ZR19/車両本体価格:2456万円
アウディR8 V10クーペ 5.2 FSIクワトロ
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4426×1940×1240mm/ホイールベース:2650mm/車重:1670kg/駆動方式:4WD/エンジン:5.2リッターV10 DOHC 40バルブ/トランスミッション:7段AT/最高出力:540ps(397kW)/8250rpm/最大トルク:55.1kgm(540Nm)/6500rpm/タイヤ:(前)245/35ZR19 (後)295/35ZR19/車両本体価格:2456万円 拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディR8 V10プラスクーペ5.2 FSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.10.13 試乗記 「アウディR8」の上級グレード「V10プラスクーペ5.2 FSIクワトロ」に試乗。610psを発する5.2リッターV10自然吸気ユニット搭載のスーパースポーツは、われわれに何を訴えかけてくるのだろうか。
  • ポルシェ718ケイマンGTS 4.0(MR/6MT)【試乗記】 2020.12.29 試乗記 4リッターの水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載する「ポルシェ718ケイマンGTS 4.0」に試乗。従来型「GTS」の2.5リッター4気筒ターボでは味わうことのできない、新たなパワーユニットならではのパフォーマンスと魅力に迫った。
  • ポルシェ718ボクスターGTS 4.0(MR/6MT)【試乗記】 2021.1.11 試乗記 自然吸気の4リッター6気筒エンジンを搭載する「ポルシェ718ボクスターGTS 4.0」。その走りは、パワーユニットを共有する上位モデルとも、4気筒ターボエンジンを積むエントリーモデルとも異なる、独自の魅力にあふれていた。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2021.1.7 試乗記 日本で唯一、新車で正規販売されるピックアップトラック「トヨタ・ハイラックス」。その車両構成は、ラダーフレームにリーフリジッドのリアサスペンション、最大積載量500kgのベッドと、タフそのものだ。世界各国で活躍するグローバルな一台の魅力をリポートする。
  • ポルシェ・タイカン ターボS(4WD)【試乗記】 2020.12.30 試乗記 ポルシェは並のクルマはつくらない。ブランド初の電気自動車(EV)として送り出された「タイカン」は、EVであると同時に第一級のスポーツサルーンでもある。ワインディングロードで味わえたのはあまりに濃密な「ポルシェらしさ」だった。
ホームへ戻る