クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第358回:日本人選手の活躍にも注目
「GTアジアシリーズ 第8戦 富士」観戦記

2016.07.27 エディターから一言
富士スピードウェイで開催された、GTアジアシリーズ第8戦の様子。
富士スピードウェイで開催された、GTアジアシリーズ第8戦の様子。 拡大

2016年7月17日、アジア地域のサーキットを転戦して行われる「GTアジアシリーズ」の第8戦が、富士スピードウェイで開催された。名だたるメーカーの高性能スポーツモデルが参戦するレースの様子をリポートする。

各メーカーのGT3車両やカップカーベースの競技車両によって競われるGTアジアシリーズ。コース上ではフェラーリやポルシェ、ベントレー、アストンマーティンなどによるバトルが繰り広げられる。
各メーカーのGT3車両やカップカーベースの競技車両によって競われるGTアジアシリーズ。コース上ではフェラーリやポルシェ、ベントレー、アストンマーティンなどによるバトルが繰り広げられる。 拡大
グリッド上でスタートを待つ、シンハー モータースポーツ チームの「フェラーリ458イタリアGT3」。
グリッド上でスタートを待つ、シンハー モータースポーツ チームの「フェラーリ458イタリアGT3」。 拡大
グリッドウオークの様子。ドライバーやチームクルーはもちろん、観客やレーシングクイーンも国際色豊かだ。
グリッドウオークの様子。ドライバーやチームクルーはもちろん、観客やレーシングクイーンも国際色豊かだ。 拡大

フェラーリやポルシェがサーキットで覇を競う

「GTアジア」という名のチャンピオンシップをご存じだろうか? マカオGPのスーパーカーレースなどを主催するスーパーカー・クラブ・香港、そしてアジア各地を転戦するレースシリーズのオーガナイザーで、マレーシアに本拠を置くモータースポーツ・アジアが協力して「GT3アジア・チャレンジ」を設立したのは2009年のこと。当初は「アジアン・フェスティバル・スピード」と呼ばれるイベントの一部として開催され、上海、セパン、センチュール、マカオ、そして日本のオートポリスなどを転戦していたが、2011年にはGTアジアとして独立。2016年からはスーパーカー・クラブ・香港が運営から外れ、モータースポーツ・アジアが単独で主催するイベントに生まれ変わり、韓国国際サーキット、ブリーラム国際サーキット(タイ)、岡山国際サーキット、富士スピードウェイ、中国の上海国際サーキット、浙江サーキットの6カ所を転戦するまでに成長している。

エントリーはいわゆるGT3車両が中心で、7月16~17日に富士で開催された第7、8戦には「ポルシェ911 GT3R」「フェラーリ488 GT3」「アウディR8 LMS GT3」「ベントレー・コンチネンタルGT3」「アストンマーティン・ヴァンテージGT3」「ランボルギーニ・ウラカンGT3」などが参戦。このほか、GTCクラスとして3台の「フェラーリ458チャレンジ」が出場し、合計16台のスーパーカーが覇を競う一大ページェントが繰り広げられた。

ベントレーをドライブする日本人選手に注目

このうち、日本人ドライバーとして唯一GT3クラスに参戦したのが澤 圭太である。これまでアジアのさまざまなレースイベントにドライバーまたはインストラクターとして関わってきた澤は、昨年、ベントレー・チームアブソルートに抜擢(ばってき)されると、デビューしたばかりのベントレー・コンチネンタルGT3を駆ってシリーズに挑戦。計2勝を挙げて151ポイントを手に入れたものの、155ポイントを獲得したライバルには一歩及ばず、悔しいシリーズ2位に終わっていた。

その雪辱を果たすため、澤は今年もチームアブソルートのコンチネンタルGT3でシリーズに挑戦。開幕戦の韓国では幸先のいい2連勝を果たしたものの、その後は上位に入賞することなく、シリーズ13位で富士大会を迎えていた。

澤が苦戦している理由のひとつが、タイ大会の欠場だ。今年、彼は長年の夢だったルマン24時間参戦を果たしたものの、この日程がGTアジアのタイ大会と重なっていたためにこちらを欠場。ここでノーポイントに終わったことが響いた。そしてもうひとつ、見逃せない理由がある。

「コンチネンタルGT3は大きなボディーを活用し、路面と向き合うフロア部分で巨大なダウンフォースを発生させることで高速コーナーでのアドバンテージを生み出してきました。ところが、今年は各社がエアロダイナミクスを進化させた新型のGT3車両を投入した結果、ベントレーの強みが少し薄れてしまいました」

ベントレー・チームアブソルートからGTアジアシリーズに参戦する澤 圭太選手。
ベントレー・チームアブソルートからGTアジアシリーズに参戦する澤 圭太選手。 拡大
アブソルートレーシングは中国の珠海国際サーキットを拠点に活動するレーシングチームであり、GTアジアシリーズでは3台の「ベントレー・コンチネンタルGT3」を走らせている。
アブソルートレーシングは中国の珠海国際サーキットを拠点に活動するレーシングチームであり、GTアジアシリーズでは3台の「ベントレー・コンチネンタルGT3」を走らせている。 拡大
澤 圭太選手ジョナサン・ヴェンター選手がドライブする、「ベントレー・コンチネンタルGT3」の8号車。
澤 圭太選手とジョナサン・ヴェンター選手がドライブする、「ベントレー・コンチネンタルGT3」の8号車。 拡大

GTアジア独自のユニークなハンディキャップ

澤の言葉どおり、今年はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェ、アウディがニューモデルを投入。空力を含めたパフォーマンスを大幅に向上させた結果、ベントレーの優位性が相対的に小さくなったのは事実である。また、GTアジアではGT3レースでおなじみの性能調整(BoP)が実施されているほか、上位入賞を果たすとハンディキャップとしてピットストップ時間が延長されるといった規則がある。さらには、今シーズンからFIAが定めたドライバーのグレードに従ってハンディキャップのタイムペナルティーが科せられることとなり、腕が立つ澤とチームメイトのジョナサン・ヴェンターの2人は、他の多くのチームより16秒も長くピットにとどまらなければならなくなった。こうしたさまざまな向かい風により、澤たちは難しい戦いを強いられているのだ。

迎えた富士大会。第7戦を手堅く6位で終えた澤は、4番グリッドからスタートした第8戦で2位入賞を果たし、久しぶりの表彰台を手に入れた。

「タイ大会を欠場した今シーズン、僕自身がタイトルを獲得できるチャンスはほとんどありませんが、残るレースではチームメイトのジョナサンがチャンピオンになれるように精いっぱいサポートしていきますので、これからも応援をよろしくお願いします」 
富士大会を終えた澤は、爽やかな笑顔でそう語った。GTアジアの次戦は8月20~21日に上海国際サーキットで開催される。

(文=大谷達也)
 

「アウディR8」のGT3車両である「R8 LMS GT3」。ベース車のフルモデルチェンジに伴い、競技車両も新型となった。
「アウディR8」のGT3車両である「R8 LMS GT3」。ベース車のフルモデルチェンジに伴い、競技車両も新型となった。 拡大
今大会で優勝した、FFFレーシングチーム by ACMの「ランボルギーニ・ウラカンGT3」。ピットストップによって首位を譲るシーンはあったものの、見事ポール・トゥ・ウィンをかざった。
今大会で優勝した、FFFレーシングチーム by ACMの「ランボルギーニ・ウラカンGT3」。ピットストップによって首位を譲るシーンはあったものの、見事ポール・トゥ・ウィンをかざった。 拡大
2位入賞を果たした、澤 圭太選手(右)とジョナサン・ヴェンター選手(左)。
2位入賞を果たした、澤 圭太選手(右)とジョナサン・ヴェンター選手(左)。 拡大
webCG MoviesYouTube公式
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。