「スバル・レガシィアウトバック」にスタイリッシュな特別仕様車

2016.09.08 自動車ニュース
「スバル・レガシィアウトバック エックスアドバンス」
「スバル・レガシィアウトバック エックスアドバンス」 拡大

富士重工業は2016年9月8日、「スバル・レガシィアウトバック」の特別仕様車「X-ADVANCE(エックスアドバンス)」を発表した。2017年1月9日に販売を開始する。

今回のレガシィアウトバック エックスアドバンスは、スバル初の水平対向エンジン搭載車「スバル1000」の発売50周年を記念した特別仕様車の第3弾。2.5リッター水平対向4気筒エンジンを搭載するレガシィアウトバックの標準グレードをベースに、「本物の機能性を備えたスタイリッシュなアウトドアギア」をデザインテーマとして開発されたモデルである。 

インテリアには、はっ水ファブリックと合成皮革を組み合わせて機能性を高めた専用シートを採用。運転席周りは光輝パーツによる装飾を排除することで、「道具の持つ本質的な素材感」が表現された。また、ステアリングやシフトブーツにはイエローグリーンステッチが施されている。

エクステリアは、ガンメタリック塗装のアルミホイールの採用やルーフレールとドアミラーのブラック化のほか、サイドクラッディングに付く「OUTBACK」オーナメントのカラーをイエローグリーンに変えることで、特別感が演出された。

これらを含む特別装備は以下の通り。
・イエローグリーンステッチ加工(はっ水ファブリック/合成皮革シート、コンソールリッド、本革巻きステアリングホイール、シフトブーツ、レザー調素材巻きドアトリム)
・メタルメッシュ/ブラックパネル(インパネ、ドアトリム)
・ピアノブラック調加飾(ハザードスイッチ、前席センターエアベントグリル)
・ブラックカラードドアミラー
・サイドクラッディング「OUTBACK」オーナメント(イエローグリーン化)
・ブラックルーフレール
・17インチアルミホイール(ガンメタリック塗装)

ボディーカラーは、クリスタルホワイト・パール、プラチナムグレー・メタリック、ダークグレー・メタリック、クリスタルブラック・シリカ、ダークブルー・パールの全5色が用意される。

価格は、321万8400円(ベース車プラス1万0800円)。

(webCG)
 

関連キーワード:
レガシィアウトバック, スバル, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・フォレスター アドバンス/フォレスターX-BREAK【試乗記】 2018.9.14 試乗記 電動アシスト機構付きパワーユニット「e-BOXER」を搭載した「スバル・フォレスター アドバンス」がいよいよ発売された。比較試乗で浮き彫りになった2.5リッターガソリン車との違いと、従来モデルとは趣を異にする、フォレスターの“新しい一面”をリポートする。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】
    2017.7.17 試乗記 新型へとフルモデルチェンジした「スバルXV」。新開発の2リッターエンジンを搭載した最上級グレード「2.0i-S EyeSight」に試乗し、スバルの人気クロスオーバーの実力と、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
  • スバル・フォレスターX-BREAK(4WD/CVT)【試乗記】 2018.9.19 試乗記 5代目「スバル・フォレスター」に試乗。パッと見は「どこが新しくなったの?」という感じのキープコンセプトだが、中身はさにあらず! 派手さはなくてもユーザーの使い勝手を徹底的に考慮した、真摯(しんし)なクルマに仕上がっているのだ。
  • スバル・フォレスター プレミアム/フォレスターX-BREAK/フォレスター アドバンス【試乗記】 2018.7.5 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・フォレスター」に試乗。従来型と並べても「どっちが新しいの?」という感じの見た目に対して、新型パワーユニットやドライバーモニタリングシステムなど、中身には新機軸がてんこ盛り。伊豆のクローズドコースでその出来栄えをチェックした。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
ホームへ戻る