【パリモーターショー2016】ポルシェ、「パナメーラ4 E-ハイブリッド」の予約受注を開始

2016.09.12 自動車ニュース
「ポルシェ・パナメーラ4 E-ハイブリッド」
「ポルシェ・パナメーラ4 E-ハイブリッド」 拡大

ポルシェ ジャパンは2016年9月9日、「パナメーラ4 E-ハイブリッド」の予約受注を同年10月11日に開始すると発表した。ワールドプレミアはパリモーターショー2016(開催期間:2016年9月29日~10月16日)で行われる。

■モーターだけでも50km走れる

パナメーラ4 E-ハイブリッドは、4ドアスポーツサルーン「パナメーラ」のプラグインハイブリッドモデル。2.9リッターV6ツインターボエンジンに電気モーターを組み合わせており、ドライブトレインには電子制御式の4WDシステムを採用している。

電気モーターは136ps/40.8kgmを発生し、140km/hでのEV走行を可能にする。一方、2.9リッターV6ツインターボエンジンは330ps/45.9kgmを生み出し、モーターと合わせたシステム総合出力は462ps/71.4kgmに達する。最高速度は278km/hで、0-100km/h加速は4.6秒。燃費は新ヨーロッパ走行サイクル(NEDC)で2.5リッター/100km(40km/リッター)を実現している。また、トランスミッションは他の新型パナメーラと同様、従来の8段ATから8段PDKへと置き換えられる。

パナメーラ4 E-ハイブリッドは、スイッチを入れると電気モーターのみで走行する「Eパワー」モードからスタートする。走行モードは全6種類で、エンジンとモーターを自動で切り替える「ハイブリッド オート」、バッテリーの残量を維持する「Eホールド」、エンジンを使用してバッテリーを充電する「Eチャージ」のほか、パフォーマンス優先の「スポーツ」「スポーツ プラス」モードも用意される。これら2つのモードでは常にエンジンが作動し、最大限のパフォーマンスを発揮するスポーツプラスモードを選択すると278km/hの最高速度に達するようになっている。

バッテリーは、現行型と重量は同じまま、9.4kWhから14.1kWhに容量が増加しており、モーターのみでの航続距離は50kmに達する。充電に要する時間は、ドイツ本国の使用環境で標準チャージャー(3.6kW)を使用した接続(230V、10A)で5.8時間、オプションの7.2kWチャージャーを使用した接続(230V、32A)の場合は3.6時間と公称されている。

右ハンドルのみの設定で価格は1407万円。

(webCG)

 

関連キーワード:
パナメーラ, ポルシェ, 自動車ニュース

ポルシェ パナメーラ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ・パナメーラ ターボ 2016.10.8 画像・写真 ポルシェが東京都内で新型「パナメーラ」の特別展示会を開催した。展示車両は4リッターV8ターボエンジンを搭載した高性能モデル「ターボ」で、0-100km/h加速は3.6秒という動力性能を有している。2代目となる新型パナメーラの姿を写真で紹介する。
  • ポルシェ・パナメーラ ターボS(前編) 2021.3.4 谷口信輝の新車試乗 ポルシェが開発したパワフルな4ドアサルーン「パナメーラ ターボS」の走りやいかに? ワインディングロードでステアリングを握ったレーシングドライバー谷口信輝に、その第一印象を語ってもらった。
  • ポルシェ・パナメーラGTSスポーツツーリスモ(4WD/8AT)【試乗記】
    2019.11.11 試乗記 ポルシェの「パナメーラ スポーツツーリスモ」に追加設定された「GTS」は、「4S」と「ターボ」の間に位置するモデル。最高出力460PSの4リッターV8ツインターボエンジンとワゴンボディー、そして強化された足まわりの組み合わせは、どんな走りを味わわせてくれるのか?
  • スバル・レヴォーグSTI Sport EX(4WD/CVT)【試乗記】 2021.2.23 試乗記 2020年10月のデビュー以来、各方面で高い評価を得ている新型「スバル・レヴォーグ」。その走りのよさは、雪の上でも健在か? 東京から雪の降り積もる群馬・嬬恋方面へのドライブを通し、最新のシンメトリカルAWDの走破性能を確かめた。
  • スバル・フォレスター スポーツ(4WD/CVT)【試乗記】 2021.2.22 試乗記 「スバル・フォレスター」に先代モデル以来となるターボエンジン搭載車が復活。「スポーツ」を名乗る新グレードは、専用セッティングのサスペンションなども備えた新たな最上級モデルでもある。その仕上がりを箱根のワインディングロードで試した。
ホームへ戻る