ジャガーが一部車種・グレードの価格を改定

2016.09.16 自動車ニュース

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2016年9月16日、ジャガーの一部車種・グレードについて価格を改定すると発表した。新価格は同年10月1日より適用される。

 

ラインナップと新価格は以下の通り。

【XE】(ガソリンエンジン搭載 2017年モデル)
・XE SE:439万円(変更なし)
・XE ピュア:489万円(変更なし)
・XE プレステージ:521万円(変更なし)
・XE ポートフォリオ:655万円
・XE S:809万円

【XE】(ディーゼルエンジン搭載 2017年モデル)
・XE ピュア:507万円(変更なし)
・XE プレステージ:541万円(変更なし)
・XE Rスポーツ:561万円

【XF】(ガソリンエンジン搭載 2017年モデル)
・XF ピュア:604万円(変更なし)
・XF プレステージ:671万円
・XF Rスポーツ:988万円
・XF ポートフォリオ:1048万円
・XF S:1142万円

【XF】(ディーゼルエンジン搭載 2017年モデル)
・XF ピュア:614万円(変更なし)
・XF プレステージ:697万円

【XJ】(2017年モデル)
・XJ ラグジュアリー (2リッター):997万円(変更なし)
・XJ ラグジュアリー (3リッター):1122万円(変更なし)
・XJ PREMIUM ラグジュアリー:1226万円(変更なし)
・XJ ポートフォリオ:1373万円(変更なし)
・XJ Rスポーツ:1404万円(変更なし)
・XJR:1856万円(変更なし)
・XJ オートバイオグラフィーロングホイールベース:2042万円(変更なし)

【Fタイプ】(2017年モデル)
・Fタイプ クーペ:896万円
・Fタイプ S クーペ(MT) :1101万円
・Fタイプ S クーペ:1140万円
・Fタイプ R クーペ:1401万円
・Fタイプ R AWD クーペ:1473万円
・Fタイプ SVR クーペ:1815万円
・Fタイプ コンバーチブル:1073万円
・Fタイプ R コンバーチブル:1561万円
・Fタイプ SVR コンバーチブル:1936万円(変更なし)

【Fペース】(ガソリンエンジン搭載 2017年モデル)
・Fペース Rスポーツ:849万円(変更なし)
・Fペース S:981万円(変更なし)

【Fペース】(ディーゼルエンジン搭載 2017年モデル)
・Fペース ピュア:639万円(変更なし)
・Fペース プレステージ:663万円(変更なし)
・Fペース Rスポーツ:728万円(変更なし)

(webCG)
 

「ジャガーXF」
「ジャガーXF」 拡大

関連キーワード:
Fタイプ クーペ, Fペース, Fタイプ コンバーチブル, XE, XF, XJ, ジャガー, 自動車ニュース

ジャガー Fタイプ クーペ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • “E”から“F”へ 受け継がれるスポーツカーの美学 2021.3.10 F-TYPEに宿るジャガーのフィロソフィー<AD> ジャガーの名声を確立した世界的名車「E-TYPE」と、今日のブランドイメージをけん引するピュアスポーツカー「F-TYPE」。2台のスポーツカーの間で、半世紀以上の時を越えて受け継がれる美点とは何か。ジャガーが掲げ続けるスポーツカーのフィロソフィーを探った。
  • ジャガーFタイプ クーペ/Fタイプ コンバーチブル【海外試乗記】 2020.2.19 試乗記 マイナーチェンジでフロントフェイスの印象が大きく変わった、ジャガーのスポーツカー「Fタイプ」。では、その走りはどうか? 欧州ポルトガルで、タイプの異なる3モデルに試乗した。
  • ジャガーFタイプR-DYNAMICコンバーチブルP300(後編) 2021.5.23 池沢早人師の恋するニューモデル 前回、「とにかく足の収まりがいいので安心して飛ばせる」と「ジャガーFタイプ コンバーチブル」のシャシーを評価した漫画『サーキットの狼』の作者、池沢早人師。過去、何台ものオープンカーを愛車にしてきたベテランの最終ジャッジは?
  • ジャガーFタイプ S クーペ(FR/6MT)【試乗記】 2016.1.7 試乗記 ジャガーの2シータースポーツカー「Fタイプ」に、6段マニュアルトランスミッション搭載車が追加された。変速機の違いは、その走りをどのように変えるのだろうか?
  • フォルクスワーゲン・ゴルフeTSIアクティブ/ゴルフeTSI Rライン【試乗記】 2021.6.15 試乗記 コンパクトカーのベンチマークたる「フォルクスワーゲン・ゴルフ」の8代目モデルがついに日本の道を走り始めた。従来モデルよりも低く構えたフロントマスクが新型感を強く漂わせているが、果たして中身はどんな進化を遂げているのだろうか。
ホームへ戻る