クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第368回:作り手も買い手もみんな笑顔! 
「マーチ ボレロA30」に“幸せの法則”を見た

2016.09.23 エディターから一言
“本日の主役”である「マーチ ボレロA30」。
“本日の主役”である「マーチ ボレロA30」。 拡大

オーテックジャパンの創立30周年記念モデル「マーチ ボレロA30」が、いよいよオーナーのもとへ! 生産は3~4日で1台、職人が7人がかりで手作りするという、まさにオーテックでしか作れないこのクルマに、作り手と買い手の幸せな関係を見た。

工場の一角で行われた出荷式の様子。皆「マーチ ボレロA30」の姿に、興味津々のご様子。
工場の一角で行われた出荷式の様子。皆「マーチ ボレロA30」の姿に、興味津々のご様子。 拡大

来場者にあいさつするオーテックジャパンの片桐隆夫社長。片桐氏はNISMOの社長も兼任している。


	来場者にあいさつするオーテックジャパンの片桐隆夫社長。片桐氏はNISMOの社長も兼任している。
	拡大
最も遠い場所から駆けつけてくれた参加者に、特大キーを進呈する片桐社長。ちなみにこのキーは、オーテックのスタッフのお手製である。
最も遠い場所から駆けつけてくれた参加者に、特大キーを進呈する片桐社長。ちなみにこのキーは、オーテックのスタッフのお手製である。 拡大
みんなに見送られ、会場をさっそうと後にする「マーチ ボレロA30」。
みんなに見送られ、会場をさっそうと後にする「マーチ ボレロA30」。 拡大

クルマを介して、作り手と買い手が幸せを共有する

「幸せなイベントだな」と思わず口にしてしまった。2016年9月16日金曜日に開催された「マーチ ボレロA30出荷式」を見ていたときだ。

このイベントは名称にもあるように、オーテックジャパンがこの春に発売したマーチ ボレロA30の出荷を見守るもの。何をするわけでもなく、できあがった完成車が工場を出ていくのを見るだけだ。それでも、このクルマを購入する予定の17組28人が、平日の日中だというのに、関東だけでなく山形や福島、三重、岡山、高知などから駆けつけたのだ。文字通りの熱心なファンである。

迎えたのは、マーチ ボレロA30の開発に携わった約60人のスタッフ。場所は、普段、出荷前の最終検査を行う作業場である。ほとんど倉庫のような急ごしらえの会場で出荷式は執り行われたのだ。

まずはオーテックジャパンの社長のあいさつ。次いで開発・生産担当者のあいさつへと続く。巨大なキーをオーテックジャパンの社長からユーザーへ渡すというセレモニーがあって、その後は完成車を前に記念撮影。最後に「3、2、1」のかけ声にあわせて始動したマーチ ボレロA30が会場を出て行くのを、皆で見送った。ここまでわずか20分ほど。

音楽も流れてなければ、派手な演出はなにもない。セレモニーに使った大きなカギはスタッフの手作り。会場も質素そのもの。それでも会場にいる誰もが笑顔である。駆けつけたファン、迎えたオーテックジャパン、そして取材するメディアのわれわれ。クルマという工業製品を間に、作り手と買い手が思いを共有する。素朴ではあったが、そんな素晴らしいイベントであった。

日産 マーチ の中古車

その体制は、まるで小さな自動車会社

オーテックジャパンは、非常にユニークな会社だ。日産の子会社として、日産の福祉車両(ライフケアビークル)やカスタムカーを年間5万台規模で生産している。自動車メーカーの生産委託を担う会社は他にもいろいろあるが、オーテックジャパンほどユーザーに親しまれている会社はないだろう。

創立は1986年。今年の9月17日に30周年を迎えた。特装車の専門会社としてスタートすると、イタリアの名門カロッツェリアであるザガート社との共同開発「オーテック ザガート ステルビオ」(1989年)など、魅力的なカスタムカーを数多くリリース。90年代には現在の日産ミニバンの人気シリーズ「ハイウェイスター」の原点となる「ラルゴ ハイウェイスター」を生み出す。その発展形である「ライダー」シリーズは、今もオーテックジャパンが生産を担当している。さらに「NISMO」シリーズの量産もオーテックジャパンの仕事だ。

一方、福祉車両(ライフケアビークル)も同社の看板のひとつ。日産で販売される福祉車両は開発から生産・販売&アフターフォローまで、オーテックジャパンが一手に担っている。

日産とは別会社であるという独自性を持ちながらも、日産グループの一員として連携を保ち、その上で少量モデルの開発・生産のノウハウを持つ。そんな特徴があるため、湘南にある本社工場には、板金や金属加工、組み立てといった工程だけでなく、ハーネス製作やシートの縫製部門、さらにデザインやエンジン実験といった開発部門までがそろう。開発から生産まで行える、小さな自動車会社ともいえる体制となっているのだ。

神奈川県は茅ヶ崎に位置するオーテックジャパン。写真の事務本館は、直6エンジンのシリンダーブロックをモチーフにデザインされたという。
神奈川県は茅ヶ崎に位置するオーテックジャパン。写真の事務本館は、直6エンジンのシリンダーブロックをモチーフにデザインされたという。 拡大
工場内の架装ラインの様子。福祉車両も、「ライダー」などカスタムカーも、ここでユニットや装飾パーツなどの組み付け作業が行われる。
工場内の架装ラインの様子。福祉車両も、「ライダー」などカスタムカーも、ここでユニットや装飾パーツなどの組み付け作業が行われる。 拡大
福祉車両に組み付けられるスライドアップシートやリフター、スロープなどのユニットも、同社で内製されている。
福祉車両に組み付けられるスライドアップシートやリフター、スロープなどのユニットも、同社で内製されている。 拡大
オーテックジャパンには工場だけでなく、デザインスタジオやエンジンの実験施設なども備わっている。
オーテックジャパンには工場だけでなく、デザインスタジオやエンジンの実験施設なども備わっている。 拡大

強い個性があればこそ、熱心なファンが生まれる

そんなオーテックジャパンが、自社の創立30周年を記念して、この春に発売したのが「マーチ ボレロA30」だ。オーテックジャパンの持つ、開発力、デザイン力、生産力のすべてを注いだスペシャルなマーチである。レースエンジニアが1基ずつ手組みする1.6リッターエンジンは、最高出力150ps(110kW)までブラッシュアップされた。巨大なオーバーフェンダーの下には、205/45R16サイズのタイヤと鍛造切削のオリジナルホールが収まる。もちろん走りの面でもオーテックジャパンの名を汚すことのないように、しっかりとシャシーもチューニング。同車専用のシートも用意されている。

そんなスペシャルな一台の価格は356万4000円。ベース車の2倍以上のプライスタグがつけられた。しかし、わずか30台という販売台数に対し、1カ月ほどの予約期間中に約20倍もの応募が殺到。厳正なる抽選を経て、30人のオーナーが生まれることとなった。オーテックジャパンというユニークな会社ならではの個性あふれるモデルであるからこそ、その魅力を認めるコアなファンが誕生するのだろう。

作り手と買い手の関係の土台には、常に個性的で魅力的なモデルがある。そして、それを生み出すオーテックジャパンのユニークさが、すべての幸せの根本となるのだろう。

(文=鈴木ケンイチ/写真=鈴木ケンイチ、webCG)
 

エントランスにて来場者を迎えていた「マーチ ボレロA30」。出荷式の当日はあいにくの雨天だったが、各地から17組28人もの購入者がイベントに参加した。
エントランスにて来場者を迎えていた「マーチ ボレロA30」。出荷式の当日はあいにくの雨天だったが、各地から17組28人もの購入者がイベントに参加した。 拡大
「マーチ ボレロA30」のエンジンは、レース用エンジンの組み立て経験もある職人の手によって、手組みされる。「レース用エンジンと同等の精度で……」と書きたいところだが「お客さまの手に渡るものなので、むしろA30の方が検査基準は厳しいですよ」とのこと。
「マーチ ボレロA30」のエンジンは、レース用エンジンの組み立て経験もある職人の手によって、手組みされる。「レース用エンジンと同等の精度で……」と書きたいところだが「お客さまの手に渡るものなので、むしろA30の方が検査基準は厳しいですよ」とのこと。 拡大

「マーチ ボレロA30」を囲み、出荷式に参加した購入者と、オーテックジャパンのスタッフとで記念撮影。最後の1台の納車は2017年3月になる予定。


	「マーチ ボレロA30」を囲み、出荷式に参加した購入者と、オーテックジャパンのスタッフとで記念撮影。最後の1台の納車は2017年3月になる予定。
	拡大
この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

日産 マーチ の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。