フェラーリ488GTB(後編)

2016.09.29 谷口信輝の新車試乗 SUPER GTや86/BRZ Raceなど、数々のモータースポーツシーンで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回も引き続き「フェラーリ488GTB」に試乗する。670psものハイパワーを誇る488GTBに、意外や、恐る恐る近づいた谷口。スーパーカー世代の彼にとって、フェラーリとはどんな存在なのか。

辛口に批評するなら……

「変な言い方だけど、488GTBはイカしているからこそ、アラを探しちゃいたくなるクルマでもあるんですよ」
おーっと、谷口の辛口コーナーがそろそろ始まりそうな気配である。

「たとえばブレーキは、もうちょっと制動力がしっかり立ち上がってもいいですよね。あと、パドルシフトはもう少しカチッとしたところがあってもいい。いまのままだと、ちょっとストロークが長めだし、感触がソフト。あとは小回りが利かない。なにせステアリングは左右に1回転ずつしか回りませんからね。それとバックモニターとかないし、助手席側にエンターテインメント系がないのもNG。いや、僕がダメっていうんじゃなくて、ウチの嫁さんが認めてくれない。もしも僕がフェラーリの鍵を持って『ねえ、どこかに食事しに行こうよ』って誘っても、『その鍵じゃない』って絶対に言われそう。まあ、ウチの嫁さんはフェラーリがキライっていうわけじゃなくて、スポーツカー全般が苦手なだけなんだけど……」

いっぽうで、現在40代、50代の男性の多くは、フェラーリに自動的に惹(ひ)かれてしまうのではないか?
「それはありますよね」
谷口が同意してくれた。

では、その根源にある思いとは、何なのだろうか?
「やっぱりスーパーカー消しゴムでしょ!」
谷口から意外な答えが返ってきた。
「あの、小さいころに植え付けられた感動は、絶対に消えないでしょうね」

鋭く延びたスラントノーズ、ミドシップゆえの低いボンネット、そして後ろに向かうにつれてなだらかに下降するファストバックの造形……。流麗なスーパーカーの姿に、当時子供だったわれわれは心を奪われたものである。

 
フェラーリ488GTB(後編)の画像 拡大
 
フェラーリ488GTB(後編)の画像 拡大
 
フェラーリ488GTB(後編)の画像 拡大
フェラーリ488GTB
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4568×1952×1213mm/ホイールベース:2650mm/車重:1475kg(空車重量)/駆動方式:MR/エンジン:3.9リッターV8 DOHC 32バルブ ツインターボ/トランスミッション:7段AT/最高出力:670ps(492kW)/8000rpm/最大トルク:77.5kgm(760Nm)/3000rpm/タイヤ:(前)245/35ZR20 95Y (後)305/30ZR20 103Y/価格:3070万円
フェラーリ488GTB
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4568×1952×1213mm/ホイールベース:2650mm/車重:1475kg(空車重量)/駆動方式:MR/エンジン:3.9リッターV8 DOHC 32バルブ ツインターボ/トランスミッション:7段AT/最高出力:670ps(492kW)/8000rpm/最大トルク:77.5kgm(760Nm)/3000rpm/タイヤ:(前)245/35ZR20 95Y (後)305/30ZR20 103Y/価格:3070万円 拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ・ローマ 2020.4.2 画像・写真 フェラーリ・ジャパンがニューモデル「ローマ」を日本初公開。個性的なスタイリングが目を引く2+2のラグジュアリークーペで、最高出力620PS、最大トルク760N・mを発生する3.9リッターV8ターボエンジンを搭載している。新しい跳ね馬のディテールを、写真で紹介する。
  • フェラーリ・ローマ(後編) 2020.12.31 谷口信輝の新車試乗 フェラーリの新型2+2クーペ「ローマ」の走りを、レーシングドライバー谷口信輝はどう評価するのか? 後編では、走行モードによる挙動の変化やV8ターボエンジンの特性などについてもリポートする。
  • フェラーリ・ローマ(FR/8AT)【試乗記】 2020.11.18 試乗記 近年のフェラーリとは大きくイメージの異なる、エレガントで女性的なデザインをまとう新型4シーター「ローマ」。果たして、どんな走りが味わえるのか? 紅葉まっさかりの日本の道で、美しき跳ね馬にむちを入れた。
  • フェラーリ・ローマ(前編) 2020.12.24 谷口信輝の新車試乗 これまでとは趣の違うデザインをまとって登場した、フェラーリのニューモデル「ローマ」。その走りは過去の跳ね馬とはどう違うのか? レーシングドライバー谷口信輝が、ワインディングロードでむちを当てた。
  • 第672回:跳ね馬の最新V8モデル 大矢アキオ「フェラーリ・ローマ」を駆る! 2020.9.10 マッキナ あらモーダ! 現代版“ドルチェヴィータ”をコンセプトに掲げてデビューしたフェラーリの最新V8モデル「ローマ」に大矢アキオが試乗! イタリア北部のワインディングロードで「なぜローマ?」の質問に対する回答を考えてみた。
ホームへ戻る