【パリモーターショー2016】新型「ホンダ・シビック ハッチバック」がデビュー

2016.09.29 自動車ニュース
「ホンダ・シビック ハッチバック」
「ホンダ・シビック ハッチバック」 拡大

本田技研工業の英国現地法人であるホンダモーターヨーロッパ・リミテッドは2016年9月29日、パリモーターショー2016において、「シビック」シリーズの5ドアモデルである新型「シビック ハッチバック」を公開した。

スマートフォンと連動する「ホンダ コネクト」。
スマートフォンと連動する「ホンダ コネクト」。 拡大
6段MTのシフトレバー。
6段MTのシフトレバー。 拡大

■エンジンラインナップは3種

今回発表されたシビック ハッチバックは、ホンダが「世界No.1のコンパクトカーを追求し開発」したという新設計のプラットフォームを採用。ボディーのねじり剛性を52%高める一方で、軽量化も実現したとアピールされる。また、「液封コンプライアンスブッシュ」などを採用したフロントストラットサスペンションとリアマルチリンクサスペンションにより、優れたハンドリング性能と快適な乗り心地の両立が図られている。

エクステリアは現行モデルに対して全幅を30mmワイド化した一方で、全高は20mmダウン。さらにフロントの大型エアインテークや、ヘッドライトにはグレードごとにLEDを採用するなどして、スポーティーかつダイナミックなデザインを実現したという。

そのほか、安全運転支援システム「ホンダ センシング」や、室内ではLED照明やスマートフォンと連動する新機能を追加したナビゲーションシステム「ホンダ コネクト」を採用するなど、快適装備の充実も図られた。

欧州向けには、1リッター直噴VTECターボエンジンと1.5リッター直噴VTECターボエンジン搭載車が2017年初頭に発売され、その後1.6リッターi-DTECディーゼルエンジン搭載車が追加設定される予定だ。

(webCG)

→新型「シビック ハッチバック」の詳しい画像はこちら

関連キーワード:
シビック, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ シビック の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・シビックハッチバック(FF/6MT)【試乗記】 2018.1.16 試乗記 6年ぶりに日本市場に復活した「ホンダ・シビック」。発売後約1カ月間の受注比率で35%を占めたという「ハッチバック」の6段MT仕様は、あるいは今回の復活劇の、陰の主役と言えるかもしれない。高速道路を一路西へ、箱根のワインディングロードを目指した。
  • ホンダ・シビックセダン 2017.7.27 画像・写真 新型「ホンダ・シビック」シリーズの中でも最もフォーマルな装いのセダン。オプションの「レザーパッケージ」が装着されたモデルと、ベーシックなファブリックシートのモデルの2台のディテールを、写真で紹介する。
  • ホンダ・インサイトEX・ブラックスタイル(FF)【試乗記】 2019.1.29 試乗記 5ドアハッチバックからセダンに“衣替え”をした、新型「インサイト」に試乗。ホンダ自慢のスポーツハイブリッドi-MMDを搭載しながらも、ガソリン車並みの荷室容量や使い勝手、ゆとりある居住スペースを確保したというが、果たしてその出来栄えやいかに。
  • ホンダ・シビックセダン(FF/CVT)/シビックハッチバック(FF/CVT)【試乗記】 2017.11.24 試乗記 6年ぶりに日本に帰ってきた「ホンダ・シビック」。イメージリーダーを務めるのはもちろんホットバージョンの「タイプR」だが、果たして“素”のモデルの出来栄えは? 「ハッチバック」と「セダン」、それぞれの魅力を探った。
  • ホンダ・クラリティPHEV EX(FF)【試乗記】 2019.4.29 試乗記 燃料電池車、電気自動車、プラグインハイブリッド車の3つのパワートレインを同一プラットフォームに採用する、「3 in 1コンセプト」の下で誕生した「ホンダ・クラリティPHEV」。欧州を筆頭にパワートレインの電化が積極的に推し進められていく中、あらためて試乗してその存在意義を再考してみた。
ホームへ戻る