トヨタ86に特別なオレンジ色の限定車登場

2016.11.14 自動車ニュース
「トヨタ86 GT“ソーラーオレンジリミテッド”」
「トヨタ86 GT“ソーラーオレンジリミテッド”」拡大

トヨタ自動車は2016年11月14日、「86」に特別仕様車「GT“Solar Orange Limited(ソーラーオレンジリミテッド)”」を設定し、2017年1月31日までの期間限定で注文受け付けを開始した。2017年3月10日に発売を予定している。また、86の「GT」グレードに「“Limited・High Performance Package(リミテッド・ハイパフォーマンスパッケージ)”」を追加設定し、2017年2月7日に発売すると発表。こちらも発売に先駆けて受注を開始した。

黒を基調とした室内には、オレンジのステッチがあしらわれている。
黒を基調とした室内には、オレンジのステッチがあしらわれている。拡大
「トヨタ86 GT“リミテッド・ハイパフォーマンスパッケージ”」
「トヨタ86 GT“リミテッド・ハイパフォーマンスパッケージ”」拡大
専用17インチアルミホイールの奥にはブレンボ製ベンチレーテッドディスクブレーキが備わる。
専用17インチアルミホイールの奥にはブレンボ製ベンチレーテッドディスクブレーキが備わる。拡大

今回のGT“ソーラーオレンジリミテッド”は、GTをベースにボディーカラーには特別設定色の「ソーラーオレンジ」を採用。ドアミラーはブラック仕上げとなる。内装はブラックを基調に、シートやステアリングホイールなどにオレンジのステッチがあしらわれる。シート表皮には本革×アルカンターラを使用し、前席にはシートヒーターも備わる。さらにインストゥルメントパネルにスエード調の人工皮革グランリュクスを使用するなど、特別感と上質感が演出されている。

価格は6段MT仕様が325万1880円、6段AT仕様が331万8840円。

一方のGT“リミテッド・ハイパフォーマンスパッケージ”は、「GT“リミテッド”」の仕様をベースに、ブレンボ社製の17インチベンチレーテッドディスクブレーキや、SACHSアブソーバー、専用17インチアルミホイールを装備することで、高い操縦安定性を追求したという。

価格は6段MT仕様が339万4440円、6段AT仕様が346万1400円。

なお、GT“リミテッド・ハイパフォーマンスパッケージ”の装備内容は、特別仕様車GT“ソーラーオレンジリミテッド”にも装着が可能。ブレンボ社製の17インチベンチレーテッドディスクブレーキや、SACHSアブソーバー、専用17インチアルミホイールに加え、リアスポイラーとフロアアンダーカバーもセットにして、“ハイパフォーマンスパッケージ”として24万3000円でオプション設定される。

(webCG)
 

関連キーワード:
86, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ 86 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 新型「トヨタ・スープラ」(その2) 2019.1.14 画像・写真 デトロイトモーターショーで世界初公開された新型「トヨタ・スープラ」。そのデザインは「Condensed Extreme L6 FR “TOYOTA” Sports」というコンセプトのもとに開発されたという。抑揚豊かな新型スープラの姿を、写真で紹介する。
  • トヨタ・スープラRZ(FR/8AT)/スープラSZ-R(FR/8AT)/スープラSZ(FR/8AT)【試乗記】 2019.6.10 試乗記 17年ぶりに復活した新型「トヨタ・スープラ」が、ついに日本の道を走りだす。BMWとの提携をはじめとする新たな試みから生まれた5代目は、どんなクルマに仕上がっているのか? 全3グレードの走りを報告する。
  • トヨタ・スープラRZ(FR/8AT)/スープラSZ-R(FR/8AT)/スープラSZ(FR/8AT)【試乗記】 2019.5.31 試乗記 トヨタが建設を進めている新たな研究開発施設「トヨタテクニカルセンター下山」を舞台に、新型「スープラ」の3グレードを比較試乗。各モデルの特徴を探るとともに、「ニュルを模した」といわれるテストコースがこれからのクルマづくりにおいて担う役割に、思いをはせた。
  • 新型「トヨタ・スープラ」(その1) 2019.1.14 画像・写真 トヨタのスポーツクーペ「スープラ」が17年ぶりに復活。2019年春の日本導入が予定されている新型は5代目のモデルにあたり(日本では3代目)、最高出力340psを発生する3リッター直6ターボを筆頭に、3種類のエンジンが用意されている。内外装の詳細を写真で紹介する。
  • トヨタ86 GR(FR/6MT)【試乗記】 2018.4.5 試乗記 モータースポーツで培ったノウハウを生かし、足まわりやシャシーに特別なチューニングが施された「トヨタ86 GR」。市街地からワインディングロードまで走らせてみると、このモデルならではの“ピュアな味”に驚かされることになった。
ホームへ戻る