ホンダNSX(後編)

2016.11.24 谷口信輝の新車試乗 SUPER GTや86/BRZ Raceなど、数々のモータースポーツシーンで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回も引き続き新型「ホンダNSX」に試乗する。“スポーツハイブリッドSH-AWD”がもたらすハンドリングはもちろん、エンジンやトランスミッションも絶賛の谷口。しかし、次の瞬間、「じゃあ、悪いところを探しましょうか」と切り出した。谷口が指摘する新型NSXの欠点とは?

「シートの座面がちょっと高い。高さ調整もない」

「じゃあ、悪いところを探しましょうか」
NSXを散々褒めちぎった後で、谷口は突然、そう口にした。

「まず、運転席に腰掛けていると、Aピラーから伸びてきたこの部分(ドア開口部の上面)が頭のすぐ脇を通っているので、頑丈そうな雰囲気はあるけれどちょっと窮屈ですよね。さっき、あそこでUターンしようとして後ろを振り返ったら、ここにゴチーンって頭をぶつけちゃった。まあ、僕の背が高すぎるのがいけないんだろうけど」
「あとはシートの座面がちょっと高いよね。高さ調整もないし。まあ、天井は高いからそんなに不自由することはないですけどね」

握り形状にこだわったステアリングはホンダの自信作だが、メディア関係者の一部からはネガティブな評価も受けている。谷口はどう思うのか?
「正直、僕は異形ステアリングがあんまり好きじゃない。でも、NSXの場合は、ステアリングの上部を平たくして、ダッシュボードを低くすることで、コーナリング時の前方と横方向に視界を確保したと、ホンダは言っていますね。居住性を考えれば下側も平らにしなきゃいけなかっただろうし……」

異形ステアリングの不便なところは、大きく操舵してステアリングを持ち替えようとしたとき、ステアリングリムがどこにあるのか一瞬、迷いそうになるところにもあるが、この点はどうだろうか?
「僕はコーナリング中にステアリング持ち替えることないから、それは問題ないんですね。あ、あと、このクルマもUターンのときにステアリングがあまり切れなかった」

そうそう、これは谷口がクルマを評価する際に重視するポイントのひとつ。もっとも、Uターンするときに一発で曲がれるスーパースポーツカーなど、めったにあるものではなかろう。

 
ホンダNSX(後編)の画像拡大
 
ホンダNSX(後編)の画像拡大
 
ホンダNSX(後編)の画像拡大
ホンダNSX
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4490×1940×1215mm/ホイールベース:2630mm/車重:1780kg/駆動方式:4WD/エンジン:3.5リッターV6 DOHC 24バルブ ターボ/モーター:交流同期電動機/トランスミッション:9段AT/エンジン最高出力:507ps/6500-7500rpm/エンジン最大トルク:56.1kgm/2000-6000rpm/フロントモーター最高出力:37ps/4000rpm(1基当たり)/フロントモーター最大トルク:7.4kgm/0-2000rpm(1基当たり)/リアモーター最高出力:48ps/3000rpm/リアモーター最大トルク:15.1kgm/500-2000rpm/システム最高出力:581ps/システム最大トルク:65.8kgm/タイヤ:(前)245/35ZR19 93Y (後)305/30ZR20 103Y/車両価格=2370万円
ホンダNSX
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4490×1940×1215mm/ホイールベース:2630mm/車重:1780kg/駆動方式:4WD/エンジン:3.5リッターV6 DOHC 24バルブ ターボ/モーター:交流同期電動機/トランスミッション:9段AT/エンジン最高出力:507ps/6500-7500rpm/エンジン最大トルク:56.1kgm/2000-6000rpm/フロントモーター最高出力:37ps/4000rpm(1基当たり)/フロントモーター最大トルク:7.4kgm/0-2000rpm(1基当たり)/リアモーター最高出力:48ps/3000rpm/リアモーター最大トルク:15.1kgm/500-2000rpm/システム最高出力:581ps/システム最大トルク:65.8kgm/タイヤ:(前)245/35ZR19 93Y (後)305/30ZR20 103Y/車両価格=2370万円拡大
 
ホンダNSX(後編)の画像拡大

関連キーワード:
NSX, ホンダ

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダNSX(2019年モデル) 2018.10.25 画像・写真 デビューから2年がたち、ダイナミクス性能のさらなる熟成を目指してマイナーチェンジが施された「ホンダNSX」。「クルバレッド」と新色「サーマルオレンジ・パール」をまとう最新型の姿を写真で紹介する。
  • フェラーリ812スーパーファスト(FR/7AT)【試乗記】 2018.10.31 試乗記 フェラーリのフラッグシップモデル「812スーパーファスト」は、その車名からも分かるように最高出力800psとなる伝統のV12エンジンをフロントミドに搭載している。限界特性を知るにはサーキットで走らせるしかないが、主に今回は日常使いについてリポートする。
  • トヨタ・センチュリー(FR/CVT)【試乗記】 2018.10.24 試乗記 日本が誇る孤高のショーファーカー、「トヨタ・センチュリー」の販売目標はわずか月販50台。よってステアリングを任される職業ドライバーの数も、極めて限られものになるであろう。そうしたレアなドライバーズシートに座って、走り……いや“運転”を、味わってみた。
  • 新型「レクサスES」、3つのグレードで販売開始 2018.10.24 自動車ニュース トヨタ自動車は2018年10月24日、レクサスブランドのミッドサイズセダンである「ES」の新型を発表。同日、販売を開始した。モデルラインナップは全3種類で、すべて2.5リッターエンジンとモーターを併用するハイブリッド車となる。
  • トヨタ・カムリWS(FF/CVT)【試乗記】 2018.11.9 試乗記 10代目「トヨタ・カムリ」の販売開始から1年、新グレードが追加された。“Worldwide Sporty”の頭文字を持つ「WS」がそれだ。北米デビュー当初から設定されている顔を日本向けに新採用したニューフェイスの走りを確かめる。
ホームへ戻る