ホンダNSX(後編)

2016.11.24 谷口信輝の新車試乗 SUPER GTや86/BRZ Raceなど、数々のモータースポーツシーンで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回も引き続き新型「ホンダNSX」に試乗する。“スポーツハイブリッドSH-AWD”がもたらすハンドリングはもちろん、エンジンやトランスミッションも絶賛の谷口。しかし、次の瞬間、「じゃあ、悪いところを探しましょうか」と切り出した。谷口が指摘する新型NSXの欠点とは?

「シートの座面がちょっと高い。高さ調整もない」

「じゃあ、悪いところを探しましょうか」
NSXを散々褒めちぎった後で、谷口は突然、そう口にした。

「まず、運転席に腰掛けていると、Aピラーから伸びてきたこの部分(ドア開口部の上面)が頭のすぐ脇を通っているので、頑丈そうな雰囲気はあるけれどちょっと窮屈ですよね。さっき、あそこでUターンしようとして後ろを振り返ったら、ここにゴチーンって頭をぶつけちゃった。まあ、僕の背が高すぎるのがいけないんだろうけど」
「あとはシートの座面がちょっと高いよね。高さ調整もないし。まあ、天井は高いからそんなに不自由することはないですけどね」

握り形状にこだわったステアリングはホンダの自信作だが、メディア関係者の一部からはネガティブな評価も受けている。谷口はどう思うのか?
「正直、僕は異形ステアリングがあんまり好きじゃない。でも、NSXの場合は、ステアリングの上部を平たくして、ダッシュボードを低くすることで、コーナリング時の前方と横方向に視界を確保したと、ホンダは言っていますね。居住性を考えれば下側も平らにしなきゃいけなかっただろうし……」

異形ステアリングの不便なところは、大きく操舵してステアリングを持ち替えようとしたとき、ステアリングリムがどこにあるのか一瞬、迷いそうになるところにもあるが、この点はどうだろうか?
「僕はコーナリング中にステアリング持ち替えることないから、それは問題ないんですね。あ、あと、このクルマもUターンのときにステアリングがあまり切れなかった」

そうそう、これは谷口がクルマを評価する際に重視するポイントのひとつ。もっとも、Uターンするときに一発で曲がれるスーパースポーツカーなど、めったにあるものではなかろう。

 
ホンダNSX(後編)の画像拡大
 
ホンダNSX(後編)の画像拡大
 
ホンダNSX(後編)の画像拡大
ホンダNSX
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4490×1940×1215mm/ホイールベース:2630mm/車重:1780kg/駆動方式:4WD/エンジン:3.5リッターV6 DOHC 24バルブ ターボ/モーター:交流同期電動機/トランスミッション:9段AT/エンジン最高出力:507ps/6500-7500rpm/エンジン最大トルク:56.1kgm/2000-6000rpm/フロントモーター最高出力:37ps/4000rpm(1基当たり)/フロントモーター最大トルク:7.4kgm/0-2000rpm(1基当たり)/リアモーター最高出力:48ps/3000rpm/リアモーター最大トルク:15.1kgm/500-2000rpm/システム最高出力:581ps/システム最大トルク:65.8kgm/タイヤ:(前)245/35ZR19 93Y (後)305/30ZR20 103Y/車両価格=2370万円
ホンダNSX
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4490×1940×1215mm/ホイールベース:2630mm/車重:1780kg/駆動方式:4WD/エンジン:3.5リッターV6 DOHC 24バルブ ターボ/モーター:交流同期電動機/トランスミッション:9段AT/エンジン最高出力:507ps/6500-7500rpm/エンジン最大トルク:56.1kgm/2000-6000rpm/フロントモーター最高出力:37ps/4000rpm(1基当たり)/フロントモーター最大トルク:7.4kgm/0-2000rpm(1基当たり)/リアモーター最高出力:48ps/3000rpm/リアモーター最大トルク:15.1kgm/500-2000rpm/システム最高出力:581ps/システム最大トルク:65.8kgm/タイヤ:(前)245/35ZR19 93Y (後)305/30ZR20 103Y/車両価格=2370万円拡大
関連記事
  • ホンダNSX-R(MR/6MT)【試乗記】 2005.10.17 試乗記 ホンダNSX-R(MR/6MT)
    ……1334万2350円

    本年で生産中止が決定し、すでに最終販売分も売り切れになった、現行絶版車「NSX」。その最強バージョンである「NSX-R」のスポーツカー魂を、今試す。


  • ホンダ S2000 vs NSX【試乗記】 2008.10.3 試乗記 ホンダS2000 タイプS(FR/6MT)/NSX-R(MR/6MT)
    ……432万6000円/1255万4850円

    スポーツの秋、ドライブの秋。なのにお寒いニッポンのスポーツカー市場。“走りのクルマ”に未来はないのか!? ホンダの2台を駆って、その魅力を探った。 
  • 「GR86」を早くもターボ化 トムスのコンプリートカーが一挙に3台登場【東京オートサロン2022】 2022.1.14 自動車ニュース 国内トップレーシングチームのひとつであるトムスは2022年1月14日、「東京オートサロン2022」の会場で、「TOM’S GR86ターボ」「TOM’Sスープラ ツアラー」「TOM’S GS F produced by Kazuki Nakajima」の3台の新型コンプリートカーを発表した。
  • ポルシェ911カレラ(RR/8AT)【試乗記】 2020.5.12 試乗記 高性能スポーツカー「ポルシェ911」シリーズの中で最もベーシックな「911カレラ」に試乗。その走りは、先行発売された上位モデル「911カレラS」とどう違うのか? ワインディングロードで確かめた。
  • 歴代「日産スカイライン」を写真で紹介 2014.5.27 画像・写真 13台の歴代「日産スカイライン」が勢ぞろい! 各モデルの姿を写真で紹介する。
ホームへ戻る