「ホンダ・オデッセイ ハイブリッド」が価格.comプロダクトアワードの金賞を受賞

2016.12.01 自動車ニュース
「ホンダ・オデッセイ ハイブリッド」
「ホンダ・オデッセイ ハイブリッド」拡大

商品の購買支援サイトを運営するカカクコムは2016年12月1日、ユーザーが満足度の高い製品を選ぶ「価格.comプロダクトアワード2016」で、自動車部門の金賞に「ホンダ・オデッセイ ハイブリッド」が選出されたと発表した。

「トヨタ・プリウス」
「トヨタ・プリウス」拡大
「スズキ・アルトワークス」
「スズキ・アルトワークス」拡大

価格.comプロダクトアワードは、商品の購買支援サイトである『価格.com』において、年間約9万件におよぶユーザーのレビューを元に、その年の“満足度の高い製品”を選定するというもの。
ジャンルは、パソコン/調理家電/カメラ/スマートフォンなどの全16部門に分かれており、さらに細分化された61カテゴリーの製品について、上位3つに金・銀・銅の各賞が贈られる。

自動車については2012年から、購入または試乗を通じてユーザーが感じた満足度やレビューの投稿数を元に、「その年最も消費者の支持を得たクルマ」が選ばれてきた。

2016年の金賞に輝いたのは、ホンダのミニバン「オデッセイ ハイブリッド」。ユーザーレビューなどをまとめると、主に以下の3点が評価されたという。

・エンジンは主に発電に徹し、幅広い領域をモーターで走行できる新鮮な運転感覚
・同クラスのハイブリッド車を上回る24.4km/リッター~26km/リッター (JC08モード)という優れた燃費性能
・ハイブリッドシステムを小型軽量化することで実現したガソリン車同等の室内空間の広さやユーティリティー性能 

次点はトヨタのハイブリッド車「プリウス」で、3位の銅賞には「スズキ・アルトワークス」が選ばれた。

2016年 価格.comプロダクトアワード受賞車
(カッコ内は獲得ポイント数)
金賞:ホンダ・オデッセイ ハイブリッド(7484ポイント)
銀賞:トヨタ・プリウス(6489ポイント)
銅賞:スズキ・アルトワークス(3672ポイント)

(webCG)

関連キーワード:
オデッセイ, プリウス, アルト, ホンダ, トヨタ, スズキ, 自動車ニュース

ホンダ オデッセイ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスLC500/LS500h/RX450h/RX450hL【試乗記】 2019.10.30 試乗記 レクサスのラグジュアリークーペ「LC」と、フラッグシップセダン「LS」、そしてブランド最多のセールスを誇る「RX」。重責を担う3モデルの最新型は、どのようにリファインされたのか? マイナーチェンジのポイントと走りの印象を報告する。
  • ホンダ・オデッセイ アブソルート EX 7人乗り(FF/CVT)【試乗記】 2014.1.15 試乗記 2013年11月に発売された「ホンダ・オデッセイ」のスポーティーグレード「アブソルート」に試乗。すっかり普通のミニバンらしくなった5代目オデッセイだが、実際に走らせてみると、ライバルにはないとがった個性を持ち合わせていた。
  • トヨタ・ヤリス プロトタイプ【試乗記】 2019.11.13 試乗記 “小さなクルマ”の既成概念を超えるべく、プラットフォームからパワートレイン、足まわりに至るまで刷新された新型「トヨタ・ヤリス」。発売前のプロトタイプ試乗会でわかった、その出来栄えは?
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール トロフィーEDC(FF/6AT)【試乗記】 2019.11.14 試乗記 ルノーのモータースポーツ部門が手がけたハイパフォーマンスモデル「メガーヌ ルノースポール」の中でも、さらに運動性能に磨きをかけた「トロフィー」が日本に導入された。より高出力なエンジンと、コーナリング性能を突き詰めた足まわりが織りなす走りを報告する。
  • ホンダN-WGNカスタムL・ターボ Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2019.11.12 試乗記 新型「N-WGN」の仕上がりにはスキがない。さすが軽自動車市場を席巻するホンダの最新作といえる仕上がりだ。クルマの出来栄えをリポートするとともに、ヒット作ばかりの「N」シリーズを生み出す、ホンダのクルマづくり・人づくりの最前線を紹介する。
ホームへ戻る