BMW i8(後編)

2016.12.08 谷口信輝の新車試乗 SUPER GTや86/BRZ Raceなど、数々のモータースポーツシーンで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回も引き続き、BMWのプラグインハイブリッド・スポーツカー「i8」がテーマ。ユニークな外観をどう評価する? そしてi8はどんなタイプのドライバーに薦めたい? BMWが示す「スーパースポーツカーの未来形」を、歯に衣(きぬ)を着せぬ“谷口節”で解説する!

あらためて見ると“遠目美人”!?

今回の取材に先立ち、谷口はBMW専門ショップとして名高いStudieの鈴木康昭社長が所有するスペシャルi8に試乗する機会を得ていたようだ。
「いやあ、格好(かっこ)いいんですよ、鈴木さんのi8は……」
切れ味のいい谷口の語り口がようやく戻ってきた。
「まず、ACシュニッツァーのエアロパーツがバリバリに付いているんです。ホイールもACシュニッツアーだし、車高も落としてあるし。i8って、こんなに格好よくなるんだって驚いたくらいです」

ところがノーマル状態のi8には異なる印象を持っているらしい。
「いや、ノーマルもデビューした当時は格好いいと思っていたんですよ。でも、最近は見慣れたからなのか、いろいろなライバルが登場したからなのか、そのオーラみたいなものをいまひとつ感じにくくなっていたんです。で、今日あらためてi8を間近に眺めてみましたが、意外にも、まー、ブチャイクですね(笑)。いやいや、全然悪い意味じゃないんですよ。でも、遠くから見たらモデルさんみたいに完璧なプロポーションで、すっごい美人だろうなと期待していたのに、近くで見たらそうでもなかったーっていう、軽い落胆みたいな感じなんですよね」

その後も「ひとつひとつのパーツは美人なんですが、目と鼻と口と輪郭を別々の美人から持ち寄ってきたみたいで、結果としてブチャイク」など、谷口のデザイン評価(?)は止まらなかったのだが、非常に危険な領域に迫ってきたので、そろそろ話題をインテリアに切り替えることにしよう。

「このステアリングとか、全然悪くないですね。タコメーターが普通と逆向きに回るのは不自然な感じがするけれど、それ以外はいいんじゃないですか。室内も広いし、少なくともフェラーリとかマクラーレンみたいに、ドライバーを不安にさせるような恐ろしい部分はありませんよね」

高いボディー剛性を得るうえで必要となる幅広で高いサイドシルはいかがだろうか?
「あのー、僕、一応レーシングドライバーなんです。だから、レーシングカーで慣れているので、こういうのは全然気になりません」
あ、そうだった。これは大変失礼しました。

では、軽く捻(ねじ)るようにして上方に開くドアはいかがだろうか?
「格好はいいけれど、意外と不便らしいですよ」
ほう、どんなところが不便なのだろうか?
「知り合いが言うには、ボディーの脇に80cmくらいの余裕がないとドアを開けられないんだって。それで、隣のスペースが開いている駐車場にクルマを止めて出掛けてきて、戻ってきたら自分のi8のすぐ脇にクルマを止められていると、ドアを開けられなくなっちゃうんだって」
それはさぞかし困るはず。
「それが、普通の駐車場だったらまだしも、成田空港の駐車場とかだったら、隣の人が1週間くらい帰ってこないかもしれないし、かなりまずいことになるよね」
うーん、そんな恐ろしい状況は想像したくもない。

 
BMW i8(後編)の画像拡大
 
BMW i8(後編)の画像拡大
 
BMW i8(後編)の画像拡大
BMW i8
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4690×1940×1300mm/ホイールベース:2800mm/車重:1500kg/駆動方式:4WD/エンジン:1.5リッター直3 DOHC 12バルブ ターボ/モーター:交流同期電動機/トランスミッション:6AT/エンジン最高出力:231ps(170kW)/5800rpm/エンジン最大トルク:32.6kgm(320Nm)/3700rpm/モーター最高出力:131ps(96kW)/3800rpm/モーター最大トルク:25.5kgm(250Nm)/0-3700rpm/タイヤ:(前)215/45R20 (後)245/40R20/燃費:19.4km/リッター(JC08モード)/車両価格=1991万円
BMW i8
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4690×1940×1300mm/ホイールベース:2800mm/車重:1500kg/駆動方式:4WD/エンジン:1.5リッター直3 DOHC 12バルブ ターボ/モーター:交流同期電動機/トランスミッション:6AT/エンジン最高出力:231ps(170kW)/5800rpm/エンジン最大トルク:32.6kgm(320Nm)/3700rpm/モーター最高出力:131ps(96kW)/3800rpm/モーター最大トルク:25.5kgm(250Nm)/0-3700rpm/タイヤ:(前)215/45R20 (後)245/40R20/燃費:19.4km/リッター(JC08モード)/車両価格=1991万円拡大
 
BMW i8(後編)の画像拡大

関連キーワード:
i8, BMW

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW i8ロードスター(4WD/6AT)【試乗記】 2018.11.17 試乗記 2017年11月のロサンゼルスモーターショーで発表された「i8ロードスター」は、プラグインハイブリッドスポーツ「i8」の派生モデルにして、BMWが「ピュアオープンeモビリティー」と呼ぶフラッグシップモデル。i8はオープン化によって、どんな走りをみせてくれるのか。
  • BMW i8(4WD/6AT)【試乗記】 2015.4.9 試乗記 BMWが次世代のスポーツカーとして世に送る、プラグインハイブリッド車「i8」。実際、どんなドライブフィーリングが得られるのか? 高速道路からワインディングロードまで、さまざまな道で試してみた。
  • BMW i8ロードスター(4WD/6AT)【海外試乗記】 2018.5.21 試乗記 次世代のモビリティーを提案するプラグインハイブリッド車であり、BMWのスポーツカーのなかでも最も高額なモデルである「BMW i8」。マイナーチェンジとともに追加されたオープントップの「ロードスター」に、風光明媚なスペイン・マヨルカ島で試乗した。
  • 「ロサンゼルスショー2017」の会場から(BMW/MINI) 2017.12.5 画像・写真 プラグインハイブリッドのスーパースポーツモデル「BMW i8」に、オープントップのロードスターが登場。ロサンゼルスオートショーの会場から、BMWとMINIのブースの様子を、展示車両とともに紹介する。
  • 第1回:認定中古車のレンジローバー イヴォークを試す 2019.4.26 ランドローバーに認定中古車という選択肢<PR> 英国が誇るSUVの老舗、ランドローバーのモデルを手に入れるのなら、認定中古車という選択肢は大いにアリ。ラグジュアリーコンパクトSUVの先駆けである「ランドローバー・レンジローバー イヴォーク」の試乗を通し、リポーターがそう結論づけた理由とは?
ホームへ戻る