国内販売500万台を達成 特別な色の「スズキ・アルト」登場

2016.12.13 自動車ニュース
特別設定色「フレンチミントパールメタリック」が用いられた「スズキ・アルトS」。
特別設定色「フレンチミントパールメタリック」が用いられた「スズキ・アルトS」。拡大

スズキは2016年12月13日、軽乗用車「アルト」に特別色3色を設定し、同年12月20日に発売すると発表した。

「コフレピンクパールメタリック」の「アルトS」。
「コフレピンクパールメタリック」の「アルトS」。拡大
「フォーンベージュメタリック」の「アルトS」。
「フォーンベージュメタリック」の「アルトS」。拡大

今回の特別色の設定は、同年12月12日にアルトの国内累計販売台数が500万台を達成したことを記念したもの。初代アルトは1979年5月にデビューしており、以降37年以上にわたり、スズキの軽ラインナップのエントリーモデルとして活躍してきた。単一車種での国内累計販売台数500万台達成は、スズキとしてはこれが初めてとなる。

今回設定される色は「フレンチミントパールメタリック」「コフレピンクパールメタリック」「フォーンベージュメタリック」の3色。ラインナップの中間に位置する「L」と「S」の2グレードで選択可能となる。

価格は以下の通り。
L:89万4240円(FF)/100万0080円(4WD)
S:100万2240円(FF)/110万2680円(4WD)

(webCG)
 

関連キーワード:
アルト, スズキ, 自動車ニュース

スズキ アルト の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダCX-30 X Lパッケージ(4WD/6MT)/CX-30 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2020.9.11 試乗記 マツダのコンパクトクロスオーバー「CX-30」を、横浜から信州・松本まで2日間700kmにわたって試乗。新世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」とディーゼルエンジン搭載車を乗り比べて分かったことは?
  • スズキ・アルトラパン モード 2018.12.6 画像・写真 「スズキ・アルトラパン」にシックで落ち着いたイメージが魅力の「モード」が登場。メッキの専用フロントグリルやヘリンボーン柄のインパネオーナメント、ネイビーのファブリックシート表皮などで上質に仕立てられた特別仕様車のディテールを、写真で紹介する。
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.4.7 試乗記 楽しいだけのクルマにあらず? 軽い車重にレスポンシブなエンジン、クロスレシオのMT、よく曲がるシャシーと、走りを楽しむために必要なもののすべてがそろった「スズキ・アルト ワークス」。久々に復活した、軽規格のスポーツモデルの魅力に触れた。
  • スズキ・アルト(前編) 2014.12.22 画像・写真 見どころがてんこ盛り。8代目となる新型「スズキ・アルト」の姿を写真で紹介。
  • スズキ・アルトラパンX(FF/CVT)【レビュー】 2015.7.3 試乗記 新世代プラットフォームの導入を機に、燃費だけでなく走りの質でも注目を集めるようになったスズキの軽自動車シリーズ。そのトレンドは女性をターゲットユーザーとした「アルトラパン」にも当てはまるのか? その走りの実力を試した。
ホームへ戻る