国内販売500万台を達成 特別な色の「スズキ・アルト」登場

2016.12.13 自動車ニュース
特別設定色「フレンチミントパールメタリック」が用いられた「スズキ・アルトS」。
特別設定色「フレンチミントパールメタリック」が用いられた「スズキ・アルトS」。拡大

スズキは2016年12月13日、軽乗用車「アルト」に特別色3色を設定し、同年12月20日に発売すると発表した。

「コフレピンクパールメタリック」の「アルトS」。
「コフレピンクパールメタリック」の「アルトS」。拡大
「フォーンベージュメタリック」の「アルトS」。
「フォーンベージュメタリック」の「アルトS」。拡大

今回の特別色の設定は、同年12月12日にアルトの国内累計販売台数が500万台を達成したことを記念したもの。初代アルトは1979年5月にデビューしており、以降37年以上にわたり、スズキの軽ラインナップのエントリーモデルとして活躍してきた。単一車種での国内累計販売台数500万台達成は、スズキとしてはこれが初めてとなる。

今回設定される色は「フレンチミントパールメタリック」「コフレピンクパールメタリック」「フォーンベージュメタリック」の3色。ラインナップの中間に位置する「L」と「S」の2グレードで選択可能となる。

価格は以下の通り。
L:89万4240円(FF)/100万0080円(4WD)
S:100万2240円(FF)/110万2680円(4WD)

(webCG)
 

関連キーワード:
アルト, スズキ, 自動車ニュース

スズキ アルト の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.4.7 試乗記 楽しいだけのクルマにあらず? 軽い車重にレスポンシブなエンジン、クロスレシオのMT、よく曲がるシャシーと、走りを楽しむために必要なもののすべてがそろった「スズキ・アルト ワークス」。久々に復活した、軽規格のスポーツモデルの魅力に触れた。
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.1.21 試乗記 スズキのベーシックな軽ハッチバック「アルト」に、スポーティーな走りが自慢の「ワークス」が15年ぶりに復活。エンジン、トランスミッション、サスペンションと、いたるところに施された“ワークス専用”のチューニングが織り成す走りを試す。
  • 次世代のレクサスを示唆するEVコンセプトモデル「LF-Zエレクトリファイド」発表 2021.3.31 自動車ニュース トヨタ自動車は2021年3月30日、レクサスブランドのEVコンセプトモデル「LF-Z Electrified(エレクトリファイド)」を世界初公開。2025年までにEVやPHV、HVなど10種類以上の電動車を含む、新型および改良型約20モデルを投入すると発表した。
  • 「ホンダS660」最後のスペシャルモデル 「S660モデューロX バージョンZ」発売 2021.3.12 自動車ニュース 本田技研工業は2021年3月12日、軽スポーツカー「ホンダS660」の生産終了(2022年3月)を告知するとともに、コンプリートカー「S660モデューロX バージョンZ」を発売した。6段MT車のみの設定となっている。
  • トヨタGRヤリスRZ“ハイパフォーマンス”(4WD/6MT)【試乗記】 2021.2.27 試乗記 出自や立ち位置は微妙になりつつある「トヨタGRヤリス」だが、そのスポーツモデルとしての性能が第一級であることは間違いない。前代未聞の高出力3気筒ターボエンジンや異色の4WDシステムの仕上がりを一般道で試してみた。
ホームへ戻る