国内販売500万台を達成 特別な色の「スズキ・アルト」登場

2016.12.13 自動車ニュース
特別設定色「フレンチミントパールメタリック」が用いられた「スズキ・アルトS」。
特別設定色「フレンチミントパールメタリック」が用いられた「スズキ・アルトS」。拡大

スズキは2016年12月13日、軽乗用車「アルト」に特別色3色を設定し、同年12月20日に発売すると発表した。

「コフレピンクパールメタリック」の「アルトS」。
「コフレピンクパールメタリック」の「アルトS」。拡大
「フォーンベージュメタリック」の「アルトS」。
「フォーンベージュメタリック」の「アルトS」。拡大

今回の特別色の設定は、同年12月12日にアルトの国内累計販売台数が500万台を達成したことを記念したもの。初代アルトは1979年5月にデビューしており、以降37年以上にわたり、スズキの軽ラインナップのエントリーモデルとして活躍してきた。単一車種での国内累計販売台数500万台達成は、スズキとしてはこれが初めてとなる。

今回設定される色は「フレンチミントパールメタリック」「コフレピンクパールメタリック」「フォーンベージュメタリック」の3色。ラインナップの中間に位置する「L」と「S」の2グレードで選択可能となる。

価格は以下の通り。
L:89万4240円(FF)/100万0080円(4WD)
S:100万2240円(FF)/110万2680円(4WD)

(webCG)
 

関連キーワード:
アルト, スズキ, 自動車ニュース