シボレー・コルベットZ06クーペ(前編)

2016.12.15 谷口信輝の新車試乗 SUPER GTや86/BRZ Raceなど、数々のモータースポーツシーンで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回は「シボレー・コルベットZ06クーペ」に試乗する。「昔から好きでした」と語り、自らコルベットファンをもって任じる谷口。強烈な存在感を放つイエローのアメリカンクーペを前にして何を思う?

「いいクルマ、きたーっ!」

コルベットZ06の試乗を終えた谷口信輝に「クルマの印象はどうでしたか?」と尋ねてみたが、ニヤニヤするだけでなにも答えが返ってこない。しばらくすると、谷口は笑顔のまま「じゃあ、まずはこのクルマのいいところから取り上げてみましょうか!」と唐突に宣言した。なんだかいつもと様子が違うが、取りあえず彼の言葉に耳を傾けてみることにしよう。

「かっこいいですよね、このクルマ」と谷口。「今日、ここにやってきて、『うわー、乗ってみたい!』って一番思ったのがコルベット。『いいクルマ、きたーっ!』って感じで、ちょっと盛り上がっちゃいました」

どうやら谷口はアメリカ車が決して嫌いなわけではないらしい。
「ええ、コルベットは昔から好きでしたよ。だって、かっこいいじゃないですか。特に、昔の『スティングレイ』とかいいですよね。僕は好きです」

私も子供のころはスティングレイに憧れたものだが、「C7」と呼ばれる最新のコルベットはボディー全体が筋肉質に引き締まっていて、とてもスタイリッシュ。伝統的なローングノーズ・ショートデッキのプロポーションも現代流に再解釈されていて、谷口が言うとおりなかなかかっこいい。
「いや、本当に。車高はもうちょっと落としたくなりますが、これはかなり格好よくなる素質があると思いますよ」

 
シボレー・コルベットZ06クーペ(前編)の画像拡大
 
シボレー・コルベットZ06クーペ(前編)の画像拡大
 
シボレー・コルベットZ06クーペ(前編)の画像拡大
シボレー・コルベットZ06クーペ
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4515×1970×1230mm/ホイールベース:2710mm/車重:1610kg/駆動方式:FR/エンジン:6.2リッターV8 OHV 16バルブ スーパーチャージャー付き/トランスミッション:8段AT/最高出力:659ps(485kW)/6400rpm/最大トルク:89.8kgm(881Nm)/3600rpm/タイヤ:(前)285/30ZR19 (後)335/25ZR20/車両価格:1485万円
シボレー・コルベットZ06クーペ
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4515×1970×1230mm/ホイールベース:2710mm/車重:1610kg/駆動方式:FR/エンジン:6.2リッターV8 OHV 16バルブ スーパーチャージャー付き/トランスミッション:8段AT/最高出力:659ps(485kW)/6400rpm/最大トルク:89.8kgm(881Nm)/3600rpm/タイヤ:(前)285/30ZR19 (後)335/25ZR20/車両価格:1485万円拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 新型シボレー・コルベット(後編) 2021.5.31 画像・写真 いよいよ日本でもデリバリーが開始された、8代目となる新型「シボレー・コルベット」。本邦初公開となる「コルベット コンバーチブル」の詳細な姿を、富士スピードウェイで行われた披露会の様子とともに写真で紹介する。
  • 新型シボレー・コルベット(前編) 2021.5.31 画像・写真 ゼネラルモーターズ・ジャパンが、新型「シボレー・コルベット」の日本でのデリバリー開始に合わせ、日本仕様を初公開した。富士スピードウェイで行われたお披露目会の会場から、史上初となる“右ハンドルのコルベット”の姿を写真で紹介する。
  • キャデラックCT5スポーツ(4WD/10AT)【試乗記】 2021.6.2 試乗記 キャデラックの新作セダン「CT5」がいよいよ日本に導入された。世界的にSUVが伸長するなかで、アメリカを代表するプレミアムブランドが世に問うたセダンの姿とは? “いまどきのキャデラック”のキャラクターを体現した、ニューモデルの実力を試す。
  • ロータス・エリーゼ スポーツ220 II(MR/6MT)【試乗記】 2021.5.28 試乗記 小型で軽量、そしてシンプルというロータス伝統の理念を究めた「エリーゼ」が、四半世紀の歴史の幕を閉じる。最後のスタンダード仕様ともいうべき「スポーツ220 II」に試乗し、エリーゼがこれまで歩んできた孤高のストーリーに思いをはせた。
  • 新型トヨタ・ランドクルーザー 2021.6.10 画像・写真 トヨタが新型「ランドクルーザー」を世界初公開した。ランクルの本質である信頼性と耐久性、悪路走破性を進化させつつ継承すること、さらに世界中のどんな道でも運転しやすく、疲れにくい走りを実現することを狙いに開発された新型の姿を写真で紹介する。
ホームへ戻る