シボレー・コルベットZ06クーペ(前編)

2016.12.15 谷口信輝の新車試乗 SUPER GTや86/BRZ Raceなど、数々のモータースポーツシーンで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回は「シボレー・コルベットZ06クーペ」に試乗する。「昔から好きでした」と語り、自らコルベットファンをもって任じる谷口。強烈な存在感を放つイエローのアメリカンクーペを前にして何を思う?

「いいクルマ、きたーっ!」

コルベットZ06の試乗を終えた谷口信輝に「クルマの印象はどうでしたか?」と尋ねてみたが、ニヤニヤするだけでなにも答えが返ってこない。しばらくすると、谷口は笑顔のまま「じゃあ、まずはこのクルマのいいところから取り上げてみましょうか!」と唐突に宣言した。なんだかいつもと様子が違うが、取りあえず彼の言葉に耳を傾けてみることにしよう。

「かっこいいですよね、このクルマ」と谷口。「今日、ここにやってきて、『うわー、乗ってみたい!』って一番思ったのがコルベット。『いいクルマ、きたーっ!』って感じで、ちょっと盛り上がっちゃいました」

どうやら谷口はアメリカ車が決して嫌いなわけではないらしい。
「ええ、コルベットは昔から好きでしたよ。だって、かっこいいじゃないですか。特に、昔の『スティングレイ』とかいいですよね。僕は好きです」

私も子供のころはスティングレイに憧れたものだが、「C7」と呼ばれる最新のコルベットはボディー全体が筋肉質に引き締まっていて、とてもスタイリッシュ。伝統的なローングノーズ・ショートデッキのプロポーションも現代流に再解釈されていて、谷口が言うとおりなかなかかっこいい。
「いや、本当に。車高はもうちょっと落としたくなりますが、これはかなり格好よくなる素質があると思いますよ」

 
シボレー・コルベットZ06クーペ(前編)の画像拡大
 
シボレー・コルベットZ06クーペ(前編)の画像拡大
 
シボレー・コルベットZ06クーペ(前編)の画像拡大
シボレー・コルベットZ06クーペ
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4515×1970×1230mm/ホイールベース:2710mm/車重:1610kg/駆動方式:FR/エンジン:6.2リッターV8 OHV 16バルブ スーパーチャージャー付き/トランスミッション:8段AT/最高出力:659ps(485kW)/6400rpm/最大トルク:89.8kgm(881Nm)/3600rpm/タイヤ:(前)285/30ZR19 (後)335/25ZR20/車両価格:1485万円
シボレー・コルベットZ06クーペ
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4515×1970×1230mm/ホイールベース:2710mm/車重:1610kg/駆動方式:FR/エンジン:6.2リッターV8 OHV 16バルブ スーパーチャージャー付き/トランスミッション:8段AT/最高出力:659ps(485kW)/6400rpm/最大トルク:89.8kgm(881Nm)/3600rpm/タイヤ:(前)285/30ZR19 (後)335/25ZR20/車両価格:1485万円拡大
 
シボレー・コルベットZ06クーペ(前編)の画像拡大

関連キーワード:
コルベット, シボレー

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シボレー・コルベット スティングレイ 2019.7.19 画像・写真 GMが8代目となる新型「シボレー・コルベット スティングレイ」を発表。495hpを発生する6.2リッターV8エンジンをミドシップ搭載しており、0-60mph(約96km/h)加速は3秒を切るという。史上初めてMRとなったコルベットを、写真で紹介する。
  • 東京オートサロン2020(ゼネラルモーターズ) 2020.1.10 画像・写真 8代目となる新型「シボレー・コルベット」が、いよいよ日本初公開! 東京オートサロン2020のゼネラルモーターズのブースより、新しくなったアメリカンスーパースポーツの詳細な姿を、弟分「カマロ」の改良モデルともども写真で紹介する。
  • シボレー・コルベット スティングレイ クーペ(MR/8AT)【海外試乗記】 2020.3.16 試乗記 アメリカを代表するスーパースポーツ「コルベット」がフルモデルチェンジ。「C8」こと8代目コルベットは、まさかのミドシップとなって登場した。長年培ってきたFRの駆動レイアウトを捨てることで得たもの、そして失ったものとは? 米ラスベガスから報告する。
  • シボレー・コルベット スティングレイ(MR/8AT)【海外試乗記】 2020.5.20 試乗記 1953年デビューの初代から受け継がれてきたFRレイアウトをミドシップに一新し、生まれ変わった「シボレー・コルベット」。「C8」と呼ばれる8代目のパフォーマンスやハンドリング、そしてライバルとの違いを、米ラスベガスからリポートする。
  • GMが新型「シボレー・コルベット」の予約受け付けを開始 価格は1180万円から1400万円【東京オートサロン2020】 2020.1.10 自動車ニュース ゼネラルモーターズ・ジャパンが東京オートサロンで新型「シボレー・コルベット」をアジア初公開。同時に予約受け付けを開始した。日本仕様には「Z51パフォーマンスパッケージ」が標準装備されるほか、「2LT」と「3LT」の2つのトリムが用意される。
ホームへ戻る