「レクサスHS」に安全装備を強化した特別仕様車

2016.12.15 自動車ニュース
「レクサスHS250h“Harmonious Style Edition”」
「レクサスHS250h“Harmonious Style Edition”」拡大

トヨタ自動車は2016年12月15日、レクサスブランドのハイブリッドセダン「HS」に特別仕様車「Harmonious Style Edition」を設定し、2017年1月16日に発売すると発表した。価格は450万円。

「HS250h“Harmonious Style Edition”」のインテリア。シートカラーは「ブラック&ブルー(ブルーステッチ)」。


	「HS250h“Harmonious Style Edition”」のインテリア。シートカラーは「ブラック&ブルー(ブルーステッチ)」。
	拡大
「HS250h“Harmonious Style Edition”」のインテリア。シートカラーは「アイボリー&ベージュ(アイボリーステッチ)」。
「HS250h“Harmonious Style Edition”」のインテリア。シートカラーは「アイボリー&ベージュ(アイボリーステッチ)」。拡大

今回の特別仕様車は、「HS 250h」をベースに、専用内外装が与えられたほか、安全装備の充実が図られている。

エクステリアは、シルバーメタリック塗装のフロントグリルとメッキリアガーニッシュを採用。インテリアでは、専用ファブリック/L texシートを採用し、内装色は「ブラック&ブルー(ブルーステッチ)」と「アイボリー&ベージュ(アイボリーステッチ)」の2色が用意される。ボディーカラーはそれぞれの内装色に合わせて各4色用意され、前者はソニッククオーツ、ソニックチタニウム、グラファイトブラックガラスフレーク、ディープブルーマイカから、後者はソニッククオーツ、ソニックチタニウム、グラファイトブラックガラスフレーク、レッドマイカクリスタルシャインから選択できる。

さらに衝突回避支援、または被害軽減を図るプリクラッシュセーフティー(ミリ波レーダー方式)、先行車との車間距離を適切に保ちながら追従走行ができるレーダークルーズコントロール(ブレーキ制御付き)を標準装備する。

(webCG)

関連キーワード:
HS, レクサス, 自動車ニュース

レクサス HS の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスLS500h“エグゼクティブ”(FR/CVT)【試乗記】 2021.3.17 試乗記 年次改良を積み重ね、トヨタグループのフラッグシップサルーンとして完成度を高め続けている「レクサスLS」。最新モデルでは「静粛性と乗り心地の大幅な向上を追求」したというが、果たしてその仕上がりはどんなものか。ハイブリッドの最上級グレードに試乗した。
  • レクサスLS500h“Fスポーツ”(FR/CVT)【試乗記】 2021.1.28 試乗記 度重なる改良を受け、常に進化を続けるレクサスのフラッグシップサルーン「LS」。最新のスポーティーグレードに試乗した筆者は、その技術力に驚く一方、乗り味には疑問を抱いたのだった。
  • レクサスLS500h“バージョンL”(4WD/CVT)【試乗記】 2018.3.21 試乗記 11年ぶりのフルモデルチェンジで、従来モデルとは一線を画すキャラクターを手に入れた「レクサスLS」。すっかりドライバーズセダンとなった新型の走りは、往年のLSを知るクルマ好きの目にはどのように映るのか?
  • レクサスLS500“エグゼクティブ”(4WD/10AT)【試乗記】 2018.2.19 試乗記 レクサスのフラッグシップセダン「LS」に試乗。今回のテスト車は、助手席側後席を最上級VIP席とする“エグゼクティブ”仕様。ドイツの御三家とはひと味違う、日本流の“おもてなし”について考えた。
  • フェラーリ812GTS(FR/7AT)【試乗記】 2021.6.11 試乗記 フェラーリのフラッグシップオープンスポーツ「812GTS」に試乗。最高出力800PSを誇る伝統のV12エンジンと、ワンタッチで開閉可能なリトラクタブルハードトップが織りなすオープンエアモータリングを、新緑のワインディングロードで味わった。
ホームへ戻る