「レクサスHS」に安全装備を強化した特別仕様車

2016.12.15 自動車ニュース
「レクサスHS250h“Harmonious Style Edition”」
「レクサスHS250h“Harmonious Style Edition”」拡大

トヨタ自動車は2016年12月15日、レクサスブランドのハイブリッドセダン「HS」に特別仕様車「Harmonious Style Edition」を設定し、2017年1月16日に発売すると発表した。価格は450万円。

「HS250h“Harmonious Style Edition”」のインテリア。シートカラーは「ブラック&ブルー(ブルーステッチ)」。


	「HS250h“Harmonious Style Edition”」のインテリア。シートカラーは「ブラック&ブルー(ブルーステッチ)」。
	拡大
「HS250h“Harmonious Style Edition”」のインテリア。シートカラーは「アイボリー&ベージュ(アイボリーステッチ)」。
「HS250h“Harmonious Style Edition”」のインテリア。シートカラーは「アイボリー&ベージュ(アイボリーステッチ)」。拡大

今回の特別仕様車は、「HS 250h」をベースに、専用内外装が与えられたほか、安全装備の充実が図られている。

エクステリアは、シルバーメタリック塗装のフロントグリルとメッキリアガーニッシュを採用。インテリアでは、専用ファブリック/L texシートを採用し、内装色は「ブラック&ブルー(ブルーステッチ)」と「アイボリー&ベージュ(アイボリーステッチ)」の2色が用意される。ボディーカラーはそれぞれの内装色に合わせて各4色用意され、前者はソニッククオーツ、ソニックチタニウム、グラファイトブラックガラスフレーク、ディープブルーマイカから、後者はソニッククオーツ、ソニックチタニウム、グラファイトブラックガラスフレーク、レッドマイカクリスタルシャインから選択できる。

さらに衝突回避支援、または被害軽減を図るプリクラッシュセーフティー(ミリ波レーダー方式)、先行車との車間距離を適切に保ちながら追従走行ができるレーダークルーズコントロール(ブレーキ制御付き)を標準装備する。

(webCG)

関連キーワード:
HS, レクサス, 自動車ニュース

レクサス HS の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスLS 2017.1.10 画像・写真 レクサスが、デトロイトショーで5代目となる新型「LS」を世界初公開した。新世代プラットフォーム「GA-L」や自動操舵機能つきプリクラッシュセーフティーなど、先進技術が採用されたフラッグシップセダンの姿を写真で紹介する。
  • レクサスLS500“Fスポーツ” 2017.4.12 画像・写真 レクサスのフラッグシップセダン「LS」。その次期型である「LS500」のスポーティーバージョン「LS500“Fスポーツ”」が公開された。ディテールを写真で紹介する。
  • レクサスLS500“エグゼクティブ”(4WD/10AT)【試乗記】 2018.2.19 試乗記 レクサスのフラッグシップセダン「LS」に試乗。今回のテスト車は、助手席側後席を最上級VIP席とする“エグゼクティブ”仕様。ドイツの御三家とはひと味違う、日本流の“おもてなし”について考えた。
  • ロールス・ロイス・ファントム エクステンデッドホイールベース(FR/8AT)【試乗記】 2018.4.30 試乗記 押しも押されもしない英国の名門、ロールス・ロイス。そのラインナップの頂点に君臨するのが、1925年からの伝統を受け継ぐハイエンドモデル「ファントム」である。8代目となる最新型の試乗を通し、このクルマだけが持ち合わせる無二の世界観に触れた。
  • レクサスLS500h“Fスポーツ”(FR/CVT)【試乗記】 2018.3.6 試乗記 エモーショナルな走りをテーマに掲げ、新たなプラットフォームを基に開発された新型「レクサスLS」。ハイブリッドのスポーティーモデルに乗ってみると、トヨタがこのクルマに込めた並々ならぬ意欲が伝わってきた。
ホームへ戻る