マセラティ・レヴァンテ(前編)

2016.12.29 谷口信輝の新車試乗 SUPER GTや86/BRZ Raceなど、数々のモータースポーツシーンで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回のテーマは「マセラティ・レヴァンテ」。マセラティ初のSUVを谷口はどう評価するのだろうか? 350psの3リッターV6ツインターボエンジンを搭載するスタンダードな仕様に試乗した。

「カイエン」や「X6」とはだいぶ違う

今回、谷口信輝に試乗してもらったのはマセラティ初のSUVとして注目されているレヴァンテ。同社のミドルクラス・サルーンである「ギブリ」をベースにして全高を持ち上げ、車内スペースとロードクリアランスを拡大してSUVとしての使い勝手を実現したモデルだが、乗り味やデザイン面ではギブリに代表される最新のマセラティテイストが味わえると評判のクロスオーバーである。

今回、テストしたのは3グレードあるなかで一番スタンダードな“レヴァンテ”だが、3リッターV6ツインターボエンジンは350psと500Nm(51.0kgm)を発生。電子制御多板クラッチ式の4WDシステムと組み合わせ、0-100km/h加速6.3秒、最高速度243km/hのパフォーマンスを実現している。価格は1080万円だ。

いつものワインディングロードで試乗した印象はどうだったのか? 早速、谷口に語ってもらおう。
「クルマの位置づけとしては、『ポルシェ・カイエン』や『BMW X6』とかとはだいぶ違うところにいますね。ちょっと腰高な感じで、足まわりが少しフワンフワンしている。コーナーでハンドルを切ればもちろんちゃんと曲がりますが、ボディーの動きはそれなりにあって、スポーティー方向に振っているという感じはあまりしませんね」

「乗り心地は全然悪くないですよ」と谷口は続ける。
「きっと街中とかで乗ったら快適だと思います。ただし、ワインディングロードを走っていると、クルマの上側と下側の間にクッションが1枚入っているみたいな感じ。だから、ライバルはカイエンやX6じゃなくて、もっとオフロード性の強い『ランドローバー・レンジローバー』に近いって感じかな。あとは、ほら、あのクルマ。えーと、なんだっけなあ。えーと、“オードトワレ”みたいなSUV……」

オードトワレのような名前のクルマは思いつかなかったので、SUVのモデル名を次々と挙げていくと、谷口は「それそれ、そう、『フォルクスワーゲン・トゥアレグ』ね、オードトワレと似ているでしょう?」
うーん、まあ、似ていると言われれば似ているかもしれない。

 
マセラティ・レヴァンテ(前編)の画像拡大
 
マセラティ・レヴァンテ(前編)の画像拡大
 
マセラティ・レヴァンテ(前編)の画像拡大
マセラティ・レヴァンテ
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=5000×1985×1680mm/ホイールベース:3005mm/車重:2140kg/駆動方式:4WD/エンジン:3リッターV6 DOHC 24バルブ ツインターボ/トランスミッション:8段AT/最高出力:350ps(257kW)/5750rpm/最大トルク:51.0kgm(500Nm)/4500rpm/タイヤ:(前)255/60ZR18 (後)255/60ZR18/価格:1080万円
マセラティ・レヴァンテ
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=5000×1985×1680mm/ホイールベース:3005mm/車重:2140kg/駆動方式:4WD/エンジン:3リッターV6 DOHC 24バルブ ツインターボ/トランスミッション:8段AT/最高出力:350ps(257kW)/5750rpm/最大トルク:51.0kgm(500Nm)/4500rpm/タイヤ:(前)255/60ZR18 (後)255/60ZR18/価格:1080万円拡大
 
マセラティ・レヴァンテ(前編)の画像拡大

関連キーワード:
レヴァンテ, マセラティ, SUV,

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マセラティ・レヴァンテ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.11.9 試乗記 続々とニューモデルが現れるプレミアムSUV市場に、マセラティが送り込んだのが「レヴァンテ」である。イタリアの老舗が満を持してリリースした同車には、ドイツ勢に比肩する走りの実力と、このブランドだけに許された官能性が備わっていた。
  • アウディA8(4WD/8AT)/A7スポーツバック(4WD/7AT)【試乗記】 2018.9.24 試乗記 くしくも(?)2台そろい踏みでの日本上陸となったアウディの「A8」と「A7スポーツバック」。日本上陸が同時なら、公道試乗会も同時開催。「技術による先進」を掲げるブランドの、“ツートップ”の出来栄えやいかに!?
  • 第572回:ブランド初のSUV「カリナン」を最後に電撃移籍!
    ロールス・ロイスのデザイントップが中国の紅旗に
    2018.9.21 マッキナ あらモーダ! ブランド初のSUV「カリナン」をお披露目するや姿を消していたロールス・ロイスのデザインダイレクターが、中国の高級車ブランド紅旗の重役として電撃的に復帰した。こうしたカーデザイナーの移籍について大矢アキオが思いをめぐらせた。
  • レクサスUX200プロトタイプ/UX250hプロトタイプ【海外試乗記】 2018.9.17 試乗記 世界的な激戦区となっているCセグメント級SUVのカテゴリーに「レクサスUX」が登場。新開発のパワーユニットが話題だが、ガソリンモデルも魅力的な仕上がりに。細やかな心配りが随所に見られるニューモデルは、レクサスらしい穏やかな気配をまとっていた。
  • スズキ・ジムニーシエラ(4WD/4AT)【試乗記】 2018.10.4 試乗記 2018年7月の登場以来、各方面で好評を博す新型「スズキ・ジムニー/ジムニーシエラ」。しかしいざ買うとなると、何を基準に、どんな仕様を選べばいいのか? すっかり新型が気に入ったというサトータケシが、ジムニーシエラの試乗を通して持論を開陳した。
ホームへ戻る