第484回:世界のモーターショーもたじたじ!?
見どころいっぱいの“家電ショー”「CES 2017」

2017.01.13 マッキナ あらモーダ!

まるで“ラスベガスモーターショー”

世界最大級のエレクトロニクス&家電ショー「CES 2017」が、2017年1月5日から8日まで米国ラスベガスで開催された。50周年にあたる今年は、昨年の「CES 2016」比で1割も多い57の国と地域から出展者が集った。

前回は「Apple Watch」に対抗するスマートウオッチが話題の中心だったが、今回は人工知能(AI)とビッグデータの活用、そしてIoT家電がキーワードとなった。身近なガジェットとしては、Bluetooth対応のワイヤレスイヤホン/ヘッドホンが主なトレンドであった。

それに加えて今回顕著だったのが、ずばり、自動車メーカーの出展である。9つもの大手自動車メーカーが参加。特に北ホールは、彼らの舞台となった。そのため欧米メディアの中には、“ラスベガスモーターショー”という言葉を用いて報道するところまで現れた。

具体的には、昨年も見られたフォルクスワーゲン、アウディ、メルセデス・ベンツ、BMW、フォード、FCA、トヨタに加え、今回は日産とホンダが初出展を果たした。

メルセデス・ベンツは、2016年9月にハノーヴァー商用車ショーで公開したEV「ヴィジョン バン」を米国初公開した。コネクティビティーを活用した、配送ルートの効率化を提案。車両をドローンの基地にするのは、後述するリンスピードが昨年発表したコンセプトカーと同様のアイデアといえる。

CES 2017における、「BMWホロアクティブ タッチ」の展示会場。
CES 2017における、「BMWホロアクティブ タッチ」の展示会場。拡大
「ホンダNeuV」。ドライバーの表情や声の調子を読み取り、選択肢を提案するというコンセプトカー。
「ホンダNeuV」。ドライバーの表情や声の調子を読み取り、選択肢を提案するというコンセプトカー。拡大
こちらは、リンスピードの「オアシス」。ネーミングを強調するように、ダッシュボード前方には、緑の箱庭が。
こちらは、リンスピードの「オアシス」。ネーミングを強調するように、ダッシュボード前方には、緑の箱庭が。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。1996年からシエナ在住。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして語学テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。19年にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも怪気炎をあげている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。YouTube『大矢アキオのイタリアチャンネル』ではイタリアならではの面白ご当地産品を紹介中。

あなたにおすすめの記事
新着記事