マツダE&T、「ボンゴフレンディ」似の「CX-5」キャンパーを展示

2017.02.03 自動車ニュース
マツダE&Tが公開した「CX-5ポップ・アップ・ルーフ・コンセプト」。
マツダE&Tが公開した「CX-5ポップ・アップ・ルーフ・コンセプト」。拡大

マツダのエンジニアリング子会社であるマツダE&Tは、幕張メッセ(千葉市美浜区)で2017年2月5日まで開催されているジャパンキャンピングカーショー2017で、車両の屋根上に宿泊スペースを持つ「CX-5ポップ・アップ・ルーフ・コンセプト」を展示している。

ポップアップルーフは手動で上げ下げする。
ポップアップルーフは手動で上げ下げする。拡大
“1階”部分の車両後部には大人2人が横になれるくらいの空間がある。
“1階”部分の車両後部には大人2人が横になれるくらいの空間がある。拡大
車内からテント部分へはこの“天窓”を通じて行き来する。
車内からテント部分へはこの“天窓”を通じて行き来する。拡大

先代CX-5ベースの完成車販売を想定

キャッチフレーズは「走って、曲がって、泊まれるSUV」。先代「マツダCX-5」の屋根上にポップアップルーフ(上方に広がるテントの一種)が取り付けられており、出先で気軽に車中泊できるのが売り。かつてマツダが販売していたミニバン「ボンゴフレンディ」のオートフリートップをほうふつとさせる。

ルーフを上げれば、テント部分には大人1人と子供1人が一緒に泊まれるくらいの空間(長さ1800mm)ができあがる。これに加えて、“1階”の車両後部には大人2人が泊まれる程度のスペースが作れ、マツダE&Tはファミリーでの車中泊も可能とアピールしている。

車名にコンセプトと付くように、同車はまだ試作段階。市場の反応次第で市販を検討するという。先代CX-5をベースにした完成車のみの販売を想定し、価格も未定だが、「ミニバンベースのキャンピングカーと軽自動車キャンパーの中間的な価格帯に投入したい」としている。

(webCG)

関連キーワード:
CX-5, マツダ, SUV, 自動車ニュース

マツダ CX-5 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダCX-3 XDエクスクルーシブ モッズ/XD Lパッケージ/20Sプロアクティブ Sパッケージ/20S 2018.5.17 画像・写真 マツダがコンパクトSUV「CX-3」に、新開発の1.8リッターディーゼルエンジンを採用するなどの大幅改良を実施。乗り心地を改善するための足まわりの変更や、運転支援機能を中心とした装備の強化も図っている。内外装にも手が加えられたCX-3の姿を、写真で紹介する。
  • マツダCX-3 XD Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2018.9.11 試乗記 デビュー以来最大の仕様変更が実施された、マツダのコンパクトSUV「CX-3」。ボディーや足まわりをリファインし、より排気量の大きなディーゼルエンジンを搭載したことで、その走りはどう変わったのか? 上級モデルに試乗して確かめた。
  • マツダCX-3 XD Lパッケージ(FF/6MT)【試乗記】 2018.8.27 試乗記 デビュー以来最大規模の改良を受けたマツダのコンパクトSUV「CX-3」。新開発の1.8リッターディーゼルエンジンと新しい足まわりの織り成す走りは、従来モデルからどのように進化を遂げたのか? ちょっとマニアックなMT仕様で、その実力を確かめた。
  • マツダCX-3 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.30 試乗記 これまでディーゼル専用だった「マツダCX-3」にガソリンエンジン搭載車が登場した。それに加えて、「WLTC」燃費モードの認可をいち早く取得するなど、最近のマツダは話題に事欠かない。「20Sプロアクティブ」グレードに試乗した。
  • 目指すは世界最高のパフォーマンス
    「シボレー・コルベット」がミドシップを選んだ理由
    2019.5.6 デイリーコラム まさかのミドシップ化に加え、DOHCエンジンやハイブリッド機構の採用などもウワサされている8代目「シボレー・コルベット」。“コルベット史上最大”とも評される、こうした“革新”の狙いとは? GMの思惑をさまざまな視点から探った。
ホームへ戻る