マツダE&T、「ボンゴフレンディ」似の「CX-5」キャンパーを展示

2017.02.03 自動車ニュース
マツダE&Tが公開した「CX-5ポップ・アップ・ルーフ・コンセプト」。
マツダE&Tが公開した「CX-5ポップ・アップ・ルーフ・コンセプト」。拡大

マツダのエンジニアリング子会社であるマツダE&Tは、幕張メッセ(千葉市美浜区)で2017年2月5日まで開催されているジャパンキャンピングカーショー2017で、車両の屋根上に宿泊スペースを持つ「CX-5ポップ・アップ・ルーフ・コンセプト」を展示している。

ポップアップルーフは手動で上げ下げする。
ポップアップルーフは手動で上げ下げする。拡大
“1階”部分の車両後部には大人2人が横になれるくらいの空間がある。
“1階”部分の車両後部には大人2人が横になれるくらいの空間がある。拡大
車内からテント部分へはこの“天窓”を通じて行き来する。
車内からテント部分へはこの“天窓”を通じて行き来する。拡大

先代CX-5ベースの完成車販売を想定

キャッチフレーズは「走って、曲がって、泊まれるSUV」。先代「マツダCX-5」の屋根上にポップアップルーフ(上方に広がるテントの一種)が取り付けられており、出先で気軽に車中泊できるのが売り。かつてマツダが販売していたミニバン「ボンゴフレンディ」のオートフリートップをほうふつとさせる。

ルーフを上げれば、テント部分には大人1人と子供1人が一緒に泊まれるくらいの空間(長さ1800mm)ができあがる。これに加えて、“1階”の車両後部には大人2人が泊まれる程度のスペースが作れ、マツダE&Tはファミリーでの車中泊も可能とアピールしている。

車名にコンセプトと付くように、同車はまだ試作段階。市場の反応次第で市販を検討するという。先代CX-5をベースにした完成車のみの販売を想定し、価格も未定だが、「ミニバンベースのキャンピングカーと軽自動車キャンパーの中間的な価格帯に投入したい」としている。

(webCG)

関連キーワード:
CX-5, マツダ, SUV, 自動車ニュース

マツダ CX-5 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダCX-3 XDエクスクルーシブ モッズ/XD Lパッケージ/20Sプロアクティブ Sパッケージ/20S 2018.5.17 画像・写真 マツダがコンパクトSUV「CX-3」に、新開発の1.8リッターディーゼルエンジンを採用するなどの大幅改良を実施。乗り心地を改善するための足まわりの変更や、運転支援機能を中心とした装備の強化も図っている。内外装にも手が加えられたCX-3の姿を、写真で紹介する。
  • マツダCX-5 25T Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2020.3.14 試乗記 近年のマツダは、年次改良どころか、いいものが仕上がれば最良のタイミングでモデルに反映するという方針を打ち出している。今回の2.5リッター直4ターボエンジンが搭載される「CX-5」もそんな一台。最新モデルの進化はいかなるものだったのか。
  • マツダCX-5 2016.12.15 画像・写真 マツダは2016年12月15日、新型「CX-5」を発表した。キーワードは「すべてのお客さまを笑顔にするSUV」。デザインは「洗練された力強さ」の表現を目指し、「魂動デザイン」のコンセプトをより高い領域へ引き上げた。その姿を画像で紹介する。
  • 「マツダCX-3」にお手ごろ価格の1.5リッターガソリンエンジン搭載車が登場 2020.5.18 自動車ニュース マツダがコンパクトSUV「CX-3」に1.5リッターガソリンエンジン搭載車を設定。FF車では200万円を切る車両価格を実現した、新たなエントリーモデルである。シートの座り心地を改善したり、ボディーカラーに新色を設定したりといった改良も実施している。
  • シボレー・コルベット スティングレイ(MR/8AT)【海外試乗記】 2020.5.20 試乗記 1953年デビューの初代から受け継がれてきたFRレイアウトをミドシップに一新し、生まれ変わった「シボレー・コルベット」。「C8」と呼ばれる8代目のパフォーマンスやハンドリング、そしてライバルとの違いを、米ラスベガスからリポートする。
ホームへ戻る