第488回:手に入れるだけでひと苦労
イタリアで今どきの調理用家電を試す

2017.02.10 マッキナ あらモーダ!

「炊飯器を買う」のは一大事!?

2016年後半、イタリアのわが家では立て続けに家電製品が寿命を迎えた。

最初は電気炊飯器だった。十数年前に成田空港の免税店でイタリアに帰る際買ったサンヨー製。海外向け仕様である。店で対応してくれたのは、当時まだ珍しかった中国人の店員さんだった。値段は正確には覚えていないが、今以上にビンボーだったわが家が買えたのだから、2万円前後だったのだろう。わが家にとっては、在住数年目のイタリア生活で初めて買った炊飯器だった。それまでは鍋でごはんを炊いていたのだから、大進歩だった。

その“歴史的”電気釜、2016年の初めごろからマイコン(死語)部分が誤作動を起こすようになった。「Genkikun」という意味不明なサブネームがフロント操作部にプリントされていたが、次第に元気がなくなっていった。そして10月、ついに作動しなくなった。

いざ新品を買おうと行動にでると困った。今日日本で販売されている海外仕様の炊飯器は、高機能の多人数家族向けが主流となっていたのである。値段も高い。「10合炊きで6万円」なんていうモデルまで、ざらにある。そんなデカいものを提げて帰るのは危険だ。たとえ「免税品店で買った」と言っても、イタリアの空港税関でどんなイチャモンをつけられるかわからないのだ。かといって、手動の鉛筆削りまで日本からイタリアへの輸送中に盗まれたことがある身としては、別送にするのも怖い。

この電気釜の高級化の背景には、中国からの観光客による“お土産需要”があるのは確かだ。彼らは、日本ならではのハイテク電気釜を使って大家族で食べるのである。ちなみに中国の免税店でもたびたび確認したが、日本ブランド家電の円換算価格は、日本国内で買うのと大して変わらないかそれ以上である。

わが家は女房と2人暮らし。加えてどちらも“低燃費体質”なので、1食1合で十分だ。プレミアム電気釜を買うことは、近所のスーパーの買い物用にメルセデス・マイバッハを買うようなものだ。

「じゃあ素直にイタリア国内で買えばいいじゃないか?」というあなたは甘い。こちらのアジア系食料品店にある炊飯器といえば、思わず「昭和かよ!」と声をあげたくなるような旧式の炊飯器だ。それがビニールをかぶって、棚の上のほうに置かれていたりする。それでいて、平気で円換算にして1万円前後の値段が付いていることも珍しくない。日本人が多いパリやデュッセルドルフに行けば、もう少しマシなものが手に入るが「1店舗1モデル」といった感じで、比較検討ができず、まったく購買意欲がおきない。

ようやく2016年11月に東京に行ったとき、女房が見つけた海外仕様は、象印製の3合炊きであった。免税店で買えば安いのだろうが、ちょうどいい品があるかどうかわからないので、通常のネット通販で探した。女房の実家に届いた箱を開けてみると、スイッチ類は中国語と英語。ほかに、日本語と韓国語をプリントしたステッカーが別添されていた。「上に貼れ」というわけだ。

女房はすぐにその日本語ステッカーを貼ろうとしたが、「シールは劣化しやすいし、中国語の勉強にもなるから貼るな」と筆者が制止したため、新品の炊飯器を買ったよろこびもつかの間、夫婦の間に緊張感のある空気がたちこめた。

十数年以上にわたり活躍してくれたサンヨーの海外仕様炊飯器。理解するのに努力を要するデザインではあったが、イタリアのわが家にとって初の電気釜であった。
十数年以上にわたり活躍してくれたサンヨーの海外仕様炊飯器。理解するのに努力を要するデザインではあったが、イタリアのわが家にとって初の電気釜であった。拡大
欧州の一般家電店で売られている炊飯器は、大なり小なりこんな感じ。2015年、ジュネーブにて。
欧州の一般家電店で売られている炊飯器は、大なり小なりこんな感じ。2015年、ジュネーブにて。拡大
こちらはイタリアでのカット。箸や茶わんで無理やりアジア風情を盛り上げている(?)化粧箱の写真に注目。
こちらはイタリアでのカット。箸や茶わんで無理やりアジア風情を盛り上げている(?)化粧箱の写真に注目。拡大
2016年12月、東京で買ってきた「象印製海外仕様炊飯器」(写真右)。漢字の表記は、中国語簡体字である。
2016年12月、東京で買ってきた「象印製海外仕様炊飯器」(写真右)。漢字の表記は、中国語簡体字である。拡大
これが文中で触れた、「象印製海外仕様炊飯器」に付属する日本語/韓国語コンバート用ステッカー。
これが文中で触れた、「象印製海外仕様炊飯器」に付属する日本語/韓国語コンバート用ステッカー。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事