スバル、新型「XV」の先行予約を開始

2017.03.08 自動車ニュース
「スバルXV」
「スバルXV」拡大

富士重工業は2017年3月8日、今春発表予定の新型「スバルXV」の先行予約を同年3月9日に開始すると発表した。

 
スバル、新型「XV」の先行予約を開始の画像拡大
 
スバル、新型「XV」の先行予約を開始の画像拡大
 
スバル、新型「XV」の先行予約を開始の画像拡大
 
スバル、新型「XV」の先行予約を開始の画像拡大
 
スバル、新型「XV」の先行予約を開始の画像拡大
 
スバル、新型「XV」の先行予約を開始の画像拡大

2リッターに加え1.6リッターも設定

新型XVは「Fun Adventure」をコンセプトに、個性的なデザインとSUVの走破性を備えたクロスオーバーSUV。第2世代となる新型では、歩行者保護エアバッグと先進運転支援システムEyeSight(ver.3)を全車に装備する。

また、新しい「スバルグローバルプラットフォーム」を採用し、高い操舵応答性と操縦安定性の両立を目指した。さらにシンメトリカルAWDの走破性を高める電子制御システム「X-MODE」を採用し、200mmの最低地上高を確保。悪路走破性を強化した。

パワーユニットについては、2リッター直噴エンジンのほか、新たに1.6リッターエンジンも採用する(いずれも自然吸気)。

デザインは、スバル共通のデザインフィロソフィーである「DYNAMIC×SOLID」に沿ったもの。キャビンまわりをシャープで躍動感のある造形とする一方で、ロワー部分でSUVらしい力強さや機能性を表現し、それらのコントラストをスバル自身“スポカジスタイル”と称している。

XVのトレードマークになっているアルミホイールは新デザインへ。また新外装色として、鮮やかなソリッドカラーである「クールグレーカーキ」と「サンシャインオレンジ」を採用した。

インテリアはブラックとグレーを基調とし、各所にアクセントとしてオレンジステッチを加えている。シートトリムは4種類設定され、表皮やステッチにこだわることでスポーティーさと遊び心を表現したという。

安全面では歩行者保護エアバッグと先進運転支援システムEyeSight(ver.3)を全車で標準装備としたほか、新プラットフォームの採用によって危険回避性能を高めるとともに、衝撃エネルギー吸収量を現行車比で1.4倍とするなど、衝突安全性能を大幅に改善させている。

新型XVの主要諸元(ただし参考値)は以下のとおり。

<1.6i EyeSight/1.6i-L EyeSight>
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4465×1800×1595mm(ルーフレールを除いた全高:1550mm)/ホイールベース:2670mm/最低地上高:200mm/駆動方式:4WD(シンメトリカルAWD)/エンジン:1.6リッター水平対向4 DOHC 16バルブ/最高出力:115ps(85kW)/6200rpm/最大トルク:15.1kgm(148Nm)/3600rpm/燃費(社内測定値):16.2km/リッター/トランスミッション:CVT(リニアトロニック)/タイヤ:(前)225/60R17(後)225/60R17

<2.0i-L EyeSight/2.0i-S EyeSight>
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4465×1800×1595mm(ルーフレールを除いた全高:1550mm)/ホイールベース:2670mm/最低地上高:200mm/駆動方式:4WD(シンメトリカルAWD)/エンジン:2リッター水平対向4 DOHC 16バルブ/最高出力:154ps(113kW)/6000rpm/最大トルク:20.0kgm(196Nm)/4000rpm/燃費(社内測定値):16.4km/リッター(2.0i-L EyeSight)、16.0km/リッター(2.0i-S EyeSight)/トランスミッション:CVT(リニアトロニック)/タイヤ:(前)225/60R17(後)225/60R17(2.0i-L EyeSight)、(前)225/55R18(後)225/55R18(2.0i-S EyeSight)

(webCG)

関連キーワード:
XV, スバル, SUV, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・アウトバック ウィルダネス 2021.3.31 画像・写真 スバルが新型クロスオーバーSUV「アウトバック ウィルダネス」を発表。「アウトバック」をベースに最低地上高を拡大したほか、専用サスペンションやオールテレインタイヤを装備。走破性と機能性をさらに強化したというニューモデルの姿を写真で紹介する。
  • スバルが新型クロスオーバーSUV「アウトバック ウィルダネス」を発表 2021.3.31 自動車ニュース スバルは2021年3月30日(現地時間)、北米専用の新型車「アウトバック ウィルダネス」を米国で発表した。「アウトバック」をベースに、その本質的価値を保ちつつ悪路走破性と機能性を強化した新たな派生モデルとなっている。
  • キャデラックXT4プラチナム(4WD/9AT)【試乗記】 2021.4.3 試乗記 キャデラックのSUV製品群のエントリーモデルに位置する「XT4」が、いよいよ日本に導入された。その実力は、市場の先達でもある日欧のライバルに比肩するものなのか? キャデラックならではの個性は残されているのか? ゼネラルモーターズの期待を背負うニューモデルを試す。
  • 国内デビューがみえてきた! 新型「スバル・アウトバック」はここに注目 2021.4.19 デイリーコラム スバルの新型クロスオーバーSUV「アウトバック ウィルダネス」が米国でデビュー。その一方で、かの地で先行発売された新型「アウトバック」の国内販売がみえてきた。これら2モデルの注目すべきポイントとは?
  • プジョー5008GT BlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2021.4.16 試乗記 プジョーの好調を支える3列シートSUV「5008」がマイナーチェンジを受けた。激変ぶりがひと目で分かるのはフロントからの眺めだが、中身は一体どんな進化を遂げているのだろうか。2リッターディーゼルモデルの仕上がりをリポートする。
ホームへ戻る