BMW 540i Mスポーツ(前編)

2017.03.23 谷口信輝の新車試乗 SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回のテーマは、軽量化、燃費改善、部分自動運転の実現と、大幅に洗練された新型「BMW 5シリーズ」である。全方位的進化を遂げた“駆けぬける歓び”を、谷口はどう評価するのだろうか? 3リッター直6ターボを搭載する「540i」に試乗する。

操ったつもりが操られてる?

この日、谷口信輝に試乗してもらったのは、まだデビューしたばかりのBMW 5シリーズ。それも340ps(250kW)/45.9kgm(450Nm)を発生する3リッター直6ガソリンターボ・エンジンを搭載した(現時点での)トップパフォーマーである540iを、一段とスポーティーに仕立てたMスポーツ パッケージ仕様。“走り屋”の谷口だったらきっと気に入るに違いない。そんな期待を抱きながら、いつもの箱根のワインディングロードに向かった。

試乗を終えた谷口は無言のままフロントグリルの前に向かうと、BMWの象徴であるキドニーグリルを眺めていた。彼がしばらく黙ったままだったので、私から「グリルのこの部分が電子制御で開くんですよ。まるで、AE86時代の『トレノ』みたいに……」とマメ知識を披露してみる。すると谷口は「え? ここ開くの? 本当? どうやって動くの?」と矢継ぎ早に質問を始めた。このときはたまたまエンジンをかけたままだったこともあって、タイミングよくグリルが開いた。

「おお、本当だ。グリルのなかのフタが小さく分割されていて、そのひとつひとつがクルッと回って冷却気を取り入れるようになるんだ。これで空気抵抗を減らしているんですね。へー。あ、でも、ここは開かないんだ?」
そう、グリルの中央部はミリ波レーダーが搭載されているためにグリルは開かない。そんな細かいところに気づく谷口は、本当にクルマ好きだなあとあらためて感心させられた。

で、肝心なクルマの印象はどうだったのか?
「なんかね、運転していてクルマの支配下に置かれている感じがハンパない(笑)」
ん? それはどういう意味なのだろうか?
「自分がクルマにうまいこと転がされちゃっている感じがするんですよ」
そう聞くと、ドライバーに工夫の余地が残されていないつまらないクルマのように思えるが、実際はどうだったのだろうか?

 
BMW 540i Mスポーツ(前編)の画像拡大
 
BMW 540i Mスポーツ(前編)の画像拡大
 
BMW 540i Mスポーツ(前編)の画像拡大
BMW 540i Mスポーツ
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4945×1870×1480mm/ホイールベース:2975mm/車重:1810kg/駆動方式:FR/エンジン:3リッター直6 DOHC 24バルブ ターボ/トランスミッション:8段AT/最高出力:340ps(250kW)/5500rpm/最大トルク:45.9kgm(450Nm)/1380-5200rpm/タイヤ:(前)245/40R19 (後)275/35R19/価格:986万円
BMW 540i Mスポーツ
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4945×1870×1480mm/ホイールベース:2975mm/車重:1810kg/駆動方式:FR/エンジン:3リッター直6 DOHC 24バルブ ターボ/トランスミッション:8段AT/最高出力:340ps(250kW)/5500rpm/最大トルク:45.9kgm(450Nm)/1380-5200rpm/タイヤ:(前)245/40R19 (後)275/35R19/価格:986万円拡大
 
BMW 540i Mスポーツ(前編)の画像拡大

関連キーワード:
5シリーズ セダン, BMW,

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 320d Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.24 試乗記 BMWの新世代ディーゼルエンジンを搭載した最新型の「320d」に試乗。低速トルクに満ち、スポーティーなフットワークを備えた「320d Mスポーツ」の仕上がり具合は上々。まさに「3シリーズ」の真打ちといえる実力の持ち主だった。
  • BMWが7代目となる次期「3シリーズ」の写真を公開 2018.8.16 自動車ニュース 独BMWは2018年8月16日、現在開発中である次期「BMW 3シリーズ」の写真を公開した。次期型は重心が現行モデルより約10mm低められており、同社史上最もパワフルな直列4気筒ガソリンエンジンを搭載するという。
  • BMW 523dラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.2 試乗記 全方位的進化を遂げた新型「BMW 5シリーズ」。部分自動運転を可能とし、燃費も大幅に改善するなど話題に事欠かないが、実際に運転してひしひしと伝わってきたのは車体の“軽さ”だった。「523dラグジュアリー」に試乗した。
  • アウディA8(4WD/8AT)/A7スポーツバック(4WD/7AT)【試乗記】 2018.9.24 試乗記 くしくも(?)2台そろい踏みでの日本上陸となったアウディの「A8」と「A7スポーツバック」。日本上陸が同時なら、公道試乗会も同時開催。「技術による先進」を掲げるブランドの、“ツートップ”の出来栄えやいかに!?
  • トヨタ・クラウン2.5 G(FR/CVT)【試乗記】 2018.9.25 試乗記 トヨタの王道を行くモデルとして1955年以来という長い歴史を持つ「クラウン」が、15代目にして大きな方向転換を行った。クーペライクなエクステリアデザインからも分かるように、狙いはズバリ“ユーザーの若返り”である。覚悟を持って断行したモデルチェンジは成功したのか?
ホームへ戻る