クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第401回:“ランボ復活”の再現なるか?
アウディ スポーツのヴィンケルマンCEOが戦略を語る

2017.04.08 エディターから一言
アウディ スポーツのステファン・ヴィンケルマンCEO。
アウディ スポーツのステファン・ヴィンケルマンCEO。拡大

アウディのハイパフォーマンスブランドとして今絶賛売り出し中のアウディ スポーツ。そのCEOを務めるステファン・ヴィンケルマン氏が来日した。彼が昨年(2016年)までランボルギーニのCEOとして手腕を振るい、大きな成果を残したことは記憶に新しいが、今回はアウディ スポーツの代表として初来日。メディア向けにグループインタビューが実施された。ヴィンケルマン氏が語るアウディ スポーツの戦略についてお伝えしよう。

ヴィンケルマン氏は、2017年3月28日に催された、アウディ ジャパンによる新型車のお披露目、およびモータースポーツ活動計画の発表会に合わせて来日した。
ヴィンケルマン氏は、2017年3月28日に催された、アウディ ジャパンによる新型車のお披露目、およびモータースポーツ活動計画の発表会に合わせて来日した。拡大
もともと、アウディのモータースポーツ活動や高性能車の開発などを統括していたのはクワトロ社だったが、このほどアウディ スポーツ社に社名を変更した。
もともと、アウディのモータースポーツ活動や高性能車の開発などを統括していたのはクワトロ社だったが、このほどアウディ スポーツ社に社名を変更した。拡大
<プロフィール>
1964年ドイツ・ベルリン出身。ローマで政治学を学んだ後、ミュンヘン大学を卒業。メルセデス・ベンツやフィアットを経て、2005年にアウトモビリ ランボルギーニ社のCEOに就任。11年にわたり辣腕(らつわん)を振るった。2016年3月15日より現職。
<プロフィール>
	1964年ドイツ・ベルリン出身。ローマで政治学を学んだ後、ミュンヘン大学を卒業。メルセデス・ベンツやフィアットを経て、2005年にアウトモビリ ランボルギーニ社のCEOに就任。11年にわたり辣腕(らつわん)を振るった。2016年3月15日より現職。拡大

ランボルギーニ復活に続いて課せられた“大仕事”

――11年以上もの長きにわたり在籍したランボルギーニを離れ、昨年アウディ スポーツのCEOとなったわけですが、当時はどのような心境でしたか?

ステファン・ヴィンケルマン氏(以下、ヴィンケルマン):友人でもある同僚たちと心から愛するランボルギーニを離れることは、とても寂しいことでした。長い時間を共にした、信頼できるチームとお別れしなくてはならなかったのですから。ただ、人生には時にそういった変化は必要だし、新しいチャレンジをするのも悪くないことだと考えるようにしました。実際にアウディ スポーツに移ってみると、非常に素晴らしいメンバーがそろい、その誰もが情熱を持って仕事をしていることがすぐにわかりました。本当にいいクルマを作っていることがすぐに理解できました。

――就任後、クワトロ社は名称をアウディ スポーツ社と改めました。新たなスタートを切った新会社アウディ スポーツと、そのCEOに課せられた使命をどのように考えていますか?

ヴィンケルマン:今回の社名変更は絶対に必要なことでした。というのも、クワトロはあくまでオプション、つまり選択されるものであり、必ずしもすべてのモデルのUSP(Unique Selling Proposition)だったとはいえないからです。それに対してアウディ スポーツは、アウディのスポーティーなものすべてを含んだ象徴的な存在とし、ロゴもインパクトのある赤としました。これによりアウディ スポーツが扱う商品とブランドがしっかりとマッチするようになりました。

今、われわれに課せられていることは、できるだけ早くアウディ スポーツの認知度を高めること。クワトロ時代は、商品を宣伝するだけでブランドのプロモーションはあまりやっていませんでした。本来ブランドとは、ラインナップすべての価値を示す存在です。ですから、その認知度を高め、ブランドを盛り上げることは非常に大切です。もちろん新モデルや商品の開発は行っていきますが、まずはアウディ スポーツ自体を盛り上げることが大切だと考えています。

アウディ の中古車

グローバル市場で伸長するためのSUVシフト

――アウディ スポーツの新戦略として、「特別感」「SUVへのシフト」「ハイパフォーマンススポーツ」の3点を掲げていますが、これはどのような意味なのでしょうか?

ヴィンケルマン:今、スポーツカーのセグメントは、2つに分かれています。ひとつはエクストリームなスーパースポーツカー、つまり時々しか乗らないが、すごくスポーティーでハンドリングも良い、いわゆる趣味のクルマです。もうひとつがアウディ スポーツも属するハイパフォーマンスカーです。これはパフォーマンスが優れ、デザインもカッコ良いだけでなく、日常的に使用することもできる。そんなバランスの良いクルマを指します。ハイパフォーマンススポーツであることこそ、アウディ スポーツ成功のカギといえるでしょう。

とはいえ、アウディ スポーツが台数を伸ばすために、アウディの全車種にRSモデルを設定するわけではありません。それよりも特別感を演出するためには、どのセグメントにRSモデルを投入すべきかしっかり選択をしなくてはなりません。重要なことは、需要の大きいセグメントだけではなく、全世界に満遍なくニーズのあるセグメントにも参入することであり、その選択がSUVへのシフトなのです。今、欧州ではアウディ スポーツはすごく人気があり、販売も好調ですが、欧州以外ではまだまだです。したがって、今までとはアプローチの方法を変えたいと考えています。

――アウディ スポーツがライバル視するブランドはどこでしょうか。またライバルに対するアウディ スポーツの強みとは?

ヴィンケルマン:ご存じの通り、ドイツのプレミアムブランドは、アウディ以外に2つ存在しており、それらが競合相手となります。しかし、われわれが比較するのは、私たち自身であり、よそ見はしません。なぜなら、私たちにはこういう方向に進みたいという明確な戦略があるからです。

そして競合に対する強みですが、それはお客さま次第ともいえます。ただ、私が実際に乗った経験や、作る立場からいえるのは、アウディ スポーツが最もパフォーマンス、デザイン、そして使い勝手まで完璧なバランスが取れているということです。そこが最大の強みといえるでしょう。

ニューモデル発表会の壇上にて、「特別感」「SUVへのシフト」「ハイパフォーマンススポーツ」というアウディ スポーツの3つの柱について説明するヴィンケルマン氏。
ニューモデル発表会の壇上にて、「特別感」「SUVへのシフト」「ハイパフォーマンススポーツ」というアウディ スポーツの3つの柱について説明するヴィンケルマン氏。拡大
ミドシップのスーパースポーツモデル「R8」を擁する一方で、アウディ スポーツはデイリーユースも苦にならないモデルを多数取りそろえている。写真は「RS 7ハイパフォーマンス」。(写真=荒川正幸)
ミドシップのスーパースポーツモデル「R8」を擁する一方で、アウディ スポーツはデイリーユースも苦にならないモデルを多数取りそろえている。写真は「RS 7ハイパフォーマンス」。(写真=荒川正幸)拡大
2017年3月現在、アウディ スポーツにとって唯一のSUVである「RS Q3パフォーマンス」。アウディ スポーツでは、今後積極的にSUVのラインナップを拡充していくという。(写真=田村 弥)
2017年3月現在、アウディ スポーツにとって唯一のSUVである「RS Q3パフォーマンス」。アウディ スポーツでは、今後積極的にSUVのラインナップを拡充していくという。(写真=田村 弥)拡大
ヴィンケルマン氏いわく、アウディ スポーツのアドバンテージは「バランスが取れていること」とのこと。
ヴィンケルマン氏いわく、アウディ スポーツのアドバンテージは「バランスが取れていること」とのこと。拡大

日本のユーザーはエクストリームなクルマがお好き

――日本市場や日本の顧客をどのように見ていらっしゃいますか?

ヴィンケルマン:日本はアウディ スポーツにとって、世界で7番目の市場となっています。ただ重要なのは、市場そのものではなく一人ひとりのお客さまです。もちろん新たなディーラーを出店するかなど、ビジネス的な判断においてはマーケットのサイズは重要ですが、それよりも私たちにとって大切なのは、個々のお客さまなのです。

また、私どものお客さまは、アメリカであろうと日本であろうと(クルマに関して)同じような志と情熱を持っており、そういった意味でもマーケットによる違いはありません。したがって、私たちは仕向け地に合わせて仕様を変えるのではなく、本国で作っているオリジナルのものを提供しています。それがまさにお客さまの望むものだからです。

日本市場については、前職であるランボルギーニでの経験から、お客さまはスポーティーな志向が強く、スポーティーなブランドをとても好み、特にトップブランドは熱狂的な人気があるという印象があります。実際、ランボルギーニは日本で好調ですよね。もちろん、ランボルギーニとアウディ スポーツは異なるブランドですが、最大の違いは、日常使いができることでしょう。つまり、乗っていて快適で安全水準も高い。それに加えて、アウディ スポーツはご家族と共に乗っていただくこともできます。今年から来年にかけて新型モデルを多数投入していきますので、認知度を高め、台数も増やしていけるだろうと期待しています。もちろん、今後登場する新型モデルは日本のお客さまにも必ず気に入ってもらえると信じていますよ。

――昨今話題の自動運転ですが、アウディも積極的に取り組まれていますね。アウディ スポーツでは、独自の取り組みを進めているのでしょうか?

ヴィンケルマン:自動運転化を検討する最後のブランドがアウディ スポーツだと考えています。もちろん、それに準じる技術の投入は良いことだと思います。アウディ スポーツは高い安全性を備え、日常使いができる非常にバランスのとれたモデルです。ですから、渋滞時の追従支援機能などは有益だと考えますが、やはり「走りの楽しみ」は絶対に残していかないといけません。少なくとも当面、自動運転とわれわれの間には非常に距離があるでしょう。

「重要なのはマーケットの大きさではなく、一人ひとりのお客さま」と語るヴィンケルマン氏。
「重要なのはマーケットの大きさではなく、一人ひとりのお客さま」と語るヴィンケルマン氏。拡大
ショールーム「Audiみなとみらい」内のアウディ スポーツ店にて、「RS Q3パフォーマンス」をお披露目するアウディ ジャパンの斎藤 徹社長。(写真=大音安弘)
ショールーム「Audiみなとみらい」内のアウディ スポーツ店にて、「RS Q3パフォーマンス」をお披露目するアウディ ジャパンの斎藤 徹社長。(写真=大音安弘)拡大
ヴィンケルマン氏の“古巣”ランボルギーニの「ウラカンRWDスパイダー」。業績が右肩上がりのランボルギーニは、日本でも高い人気を博している。(写真=田村 弥)
ヴィンケルマン氏の“古巣”ランボルギーニの「ウラカンRWDスパイダー」。業績が右肩上がりのランボルギーニは、日本でも高い人気を博している。(写真=田村 弥)拡大
パワートレインの電動化や自動運転技術など、業界をにぎわす先進技術の導入については慎重な姿勢を示したヴィンケルマン氏。自社製品について、まずなにより「走る楽しさ」を尊重する姿勢がうかがえた。
パワートレインの電動化や自動運転技術など、業界をにぎわす先進技術の導入については慎重な姿勢を示したヴィンケルマン氏。自社製品について、まずなにより「走る楽しさ」を尊重する姿勢がうかがえた。拡大

大切なのはユーザーをがっかりさせないこと

――世界耐久選手権(WEC)にハイブリッドのレーシングカーを投入し、今後は電気自動車(EV)レースのフォーミュラEに参戦するなど、アウディはモータースポーツにおいて、電動パワートレインに特に積極的なメーカーだと考えています。今後、電動パワートレインをアウディ スポーツに搭載する予定はあるのでしょうか?

ヴィンケルマン:もちろん、これからはスポーティネスと持続可能性を、必ず両立していかなくてはなりません。しかし、それがいつになるかは、各国の規制、そして皆さんの考え方がどう変わるかなどに左右されるでしょう。現段階では、いろいろなアイデアやプランがありますが、果たしてハイブリッドが良いのか、それともEVが良いのか、まだ検討を進めているところです。

ただ、どういう形にしても、「これが私たちの定義する新しいスポーティーさだ」ということを、お客さまにしっかりと説明できることが必要だと考えています。この「新しいスポーティーなクルマ」が、買ってくださったお客さまをがっかりさせることがあってはならないと認識しています。

2016年はグローバルで前年比+18%、日本市場単独ではそれを大きく上回る前年比+48%もの成長を見せたアウディ スポーツ。その出だしはまずまず好調といえるだろう。しかし、新生ランボルギーニの育ての親ともいえるヴィンケルマン氏の手腕が問われるのは、まだまだこれからのことである。今回の滞在では、日本のスタッフとのディスカッションに加え、ショールームのアウディ スポーツ店にも足を運んだという。このフットワークの軽さからも、彼のアウディ スポーツに向けた情熱を垣間見ることができる。彼がアウディ スポーツをどのようなブランドに育て上げるのか、ぜひ注目していきたい。

(文=大音安弘/写真=webCG/編集=堀田剛資)
 

ルマン24時間レースで13回の優勝を誇るアウディ。2012年には「アウディR18 e-tronクワトロ」を投入し、ハイブリッド車による初優勝を果たした。
ルマン24時間レースで13回の優勝を誇るアウディ。2012年には「アウディR18 e-tronクワトロ」を投入し、ハイブリッド車による初優勝を果たした。拡大
電動パワートレインによって競われる「フォーミュラE」。アウディのほか、ルノーやジャガー、DS、マヒンドラなどの自動車メーカーおよびブランドが参戦リストに名を連ねている。
電動パワートレインによって競われる「フォーミュラE」。アウディのほか、ルノーやジャガー、DS、マヒンドラなどの自動車メーカーおよびブランドが参戦リストに名を連ねている。拡大
来日の理由について、「私たちが行っていることに対して信念がある以上、それを皆さまに直接お伝えするのが大切だと思っている」と語ったヴィンケルマン氏。来日中は、発表会への出席やアウディ ジャパンでの会議、ショールームの見学など、短期間の滞在ながら精力的に活動していた。
来日の理由について、「私たちが行っていることに対して信念がある以上、それを皆さまに直接お伝えするのが大切だと思っている」と語ったヴィンケルマン氏。来日中は、発表会への出席やアウディ ジャパンでの会議、ショールームの見学など、短期間の滞在ながら精力的に活動していた。拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

アウディ の中古車
関連キーワード
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。