トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”(後編)

2017.06.08 谷口信輝の新車試乗 SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回も引き続き「トヨタ・プリウスPHV」に試乗する。エコ性能もさることながら、足まわりの動きが気持ちよくて抜群にいいと絶賛の谷口。ずばり、“特別なプリウス”はオススメか?

足の動きが抜群にいい

いつものワインディングロードでプリウスPHVの試乗を終えた谷口信輝。果たして、その印象はどのようなものだったのか?
「ナビとかエアコンとかは、センターコンソールのところについている大きなディスプレイで操作するんですよね。あれはちょっと、どうかなと思いました」

普通の「プリウス」になくてプリウスPHVのみに装備される11.6インチ大型ディスプレイは、その大画面を生かして複数の情報を一度に表示できるといったメリットがあるものの、フラットなタッチスクリーンゆえにブラインドタッチは難しく、操作するには視線を路面から画面上に移す必要がある。しかも、ダッシュボードの奥にスピードメーターなどがある関係で、大型ディスプレイの位置は微妙に低め。おかげで視線移動が小さくなく、このためドライバーにはちょっと扱いづらいと谷口は感じたようだ。なるほど、似たようなコンセプトを採用するボルボの「XC90」のほうがディスプレイの位置は高めで、プリウスPHVに比べると使いやすいといえるかもしれない。

もっとも、これはドライビングとは直接、関係のない話。プリウスPHVで箱根を走って、谷口はなにを感じたのだろうか?
「乗り味的には、タイヤの絶対的なグリップレベルは決して高くないけれど、足の動きは気持ちよくて抜群にいいですね。僕が乗っているプリウスはタイヤとかサスペンションとか少し変えているから直接的には比較できませんが、おそらく普通のプリウスと比べてもプリウスPHVのほうが足はずっといいはずですよ」

プリウスPHVの足まわりの、どんなところを谷口は気に入ったのだろうか?
「まず、乗り心地がすごくいい。しかも、コーナーでも数字がきちんと並んでいて、ものすごく安心していられます」

「数字がきちんと並んでいる」というのは谷口独特の言い回しで、要はハンドリングやサスペンションのリニアリティーが高いことを指している。つまり、ハンドルを5度切れば5度分だけ、10度切れば10度分だけクルマが曲がっていって、しかもコーナリングスピードとクルマの挙動がしっかり比例関係になっている、というのだ。おかげで、ステアリングを握っていてクルマがどんな動きを示すのかを予想しやすい。「これが安心感に結び付いているんですよ」と谷口。
「しかも、全体に穏やかで、自分の運転がうまくなったように感じる。素晴らしい足だと思いますよ」

 
トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”(後編)の画像拡大
 
トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”(後編)の画像拡大
 
トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”(後編)の画像拡大
トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4645×1760×1470mm/ホイールベース:2700mm/車重:1530kg/駆動方式:FF/エンジン:1.8リッター直4 DOHC 16バルブ/モーター:交流同期電動機/トランスミッション:CVT/エンジン最高出力:98ps(72kW)/5200rpm/エンジン最大トルク:142Nm(14.5kgm)/3600rpm/モーター最高出力:72ps(53kW)/モーター最大トルク:163Nm(16.6kgm)/モーター最高出力:31ps(23kW)/モーター最大トルク:40Nm(4.1kgm)/タイヤ:(前)195/65R15 (後)195/65R15/価格:366万6600円
トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4645×1760×1470mm/ホイールベース:2700mm/車重:1530kg/駆動方式:FF/エンジン:1.8リッター直4 DOHC 16バルブ/モーター:交流同期電動機/トランスミッション:CVT/エンジン最高出力:98ps(72kW)/5200rpm/エンジン最大トルク:142Nm(14.5kgm)/3600rpm/モーター最高出力:72ps(53kW)/モーター最大トルク:163Nm(16.6kgm)/モーター最高出力:31ps(23kW)/モーター最大トルク:40Nm(4.1kgm)/タイヤ:(前)195/65R15 (後)195/65R15/価格:366万6600円拡大
 
トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”(後編)の画像拡大

関連キーワード:
プリウスPHV, トヨタ

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・プリウスPHV 2016.6.15 画像・写真 トヨタが、2016年秋の発売を予定している新型「プリウスPHV」を、日本で初公開した。JC08モードのハイブリッド燃費は37.0km/リッター、EV走行距離は60km以上という新しいプラグンハイブリッド車の姿を、写真で紹介する。
  • トヨタが「プリウスPHV」を一部改良 乗車定員が5人に 2019.5.9 自動車ニュース トヨタ自動車は、プラグインハイブリッド車「プリウスPHV」を一部改良し、2019年5月9日に発売した。乗車定員を従来型の4人から5人とし、新たにクルマに蓄えた電気を住宅に供給する仕組み“V2H”を装備している。
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”/日産ノートe-POWER メダリスト(後編)【試乗記】 2017.5.12 試乗記 トヨタと日産が自信を持って送り出す、2台の環境対応車に試乗。プラグインハイブリッド車「プリウスPHV」に続いて、後編では“100%モーター駆動”のコンパクトカー「ノートe-POWER」の素顔に迫った。
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.21 試乗記 “恋する充電プリウス~♪”で知られる「プリウスPHV」がフルモデルチェンジして登場。EVとしての基本性能に磨きをかけつつ、素の「プリウス」よりも男前になった2代目の魅力に迫る。充電コストなど、最適な使用環境についても考えた。
  • トヨタ・プリウスPHV Aプレミアム(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.7 試乗記 家庭で充電できる「トヨタ・プリウス」たる、プラグインハイブリッドカー「プリウスPHV」の新型に試乗。「現在最も省エネルギーにつながるクルマ」とアピールされる、最新エコカーの実像に迫った。
ホームへ戻る