第1回:流し撮り名人、「CTS」を射抜く!
池之平昌信カメラマンが語る新しい「キャデラックCTS」

2017.06.05 NewキャデラックCTSセダン日常劇場<PR>
池之平昌信カメラマンと新しい「キャデラックCTS」。
池之平昌信カメラマンと新しい「キャデラックCTS」。拡大

キャデラックCTS」の日常劇場が帰ってきた! マイナーチェンジを受けてより魅力的に進化したCTSの実力を、今回のシリーズでは4回にわたってリポートする。第1回はモータースポーツを追いかける“流し撮り職人”、池之平昌信カメラマンが新しいCTSの走りを射抜く!

池之平カメラマンの手にかかれば、ご覧のとおり、「CTS」の走りが途端に躍動的に。
池之平カメラマンの手にかかれば、ご覧のとおり、「CTS」の走りが途端に躍動的に。拡大
流し撮りは「射撃や射的に似ている」と池之平氏は語る。作品をモノにするためには、とにかく練習あるのみ!
流し撮りは「射撃や射的に似ている」と池之平氏は語る。作品をモノにするためには、とにかく練習あるのみ!拡大
新しい「CTS」は2017年5月18日に発表された(発売は5月20日)。外装ではフロントグリルのデザインが変更され、横方向のバーが従来の3本から4本になった。
新しい「CTS」は2017年5月18日に発表された(発売は5月20日)。外装ではフロントグリルのデザインが変更され、横方向のバーが従来の3本から4本になった。拡大
<プロフィール>
池之平昌信(いけのひら まさのぶ)
東京工芸短大写真技術科卒。在学中より国内のスポーツやレースを追いかけ、1987年にF1GPの撮影を開始。世界20カ国以上、約50カ所のサーキットなどへ赴き、300以上のレースやラリーなどのモータースポーツイベントを取材・撮影。国内外のレース専門誌、自動車雑誌、一般誌、新聞、カメラ雑誌などへの寄稿多数。1966年鹿児島生まれ。
<プロフィール>
	池之平昌信(いけのひら まさのぶ)
	東京工芸短大写真技術科卒。在学中より国内のスポーツやレースを追いかけ、1987年にF1GPの撮影を開始。世界20カ国以上、約50カ所のサーキットなどへ赴き、300以上のレースやラリーなどのモータースポーツイベントを取材・撮影。国内外のレース専門誌、自動車雑誌、一般誌、新聞、カメラ雑誌などへの寄稿多数。1966年鹿児島生まれ。拡大

気合を入れて練習あるのみ

流し撮りをご存じだろうか。疾走する被写体をレンズで追いかけ、背景を流して撮影するテクニックのことだ。その狙いは、言うまでもなく被写体が持つスピード感や躍動感を表現することにある。池之平カメラマンの手にかかれば、フォーミュラ1からラリーカーやバイク、そして回転ずしのコンベヤー上を行くすしネタ(!)までもが、たちまちのうちに躍動感を帯びる。もちろん、キャデラックCTSだって途端に踊りだす。郊外の一般道を法定速度でごく普通に走っていたって、ご覧のとおり、ワインディングロードを駆けぬけるスポーツセダンのようだ。

流し撮りの極意とはなんだろうか。池之平カメラマンは「射撃や射的に似ていますね」と答えた。となると、動体視力の良しあしが作品の完成度に大きく影響してきそうだ。
「確かに運動神経の良しあしで、うまいか下手かの差は出ます。でも、練習すればいいんです。流し撮りの成功率を上げたければ、とにかく気合を入れて練習あるのみ(笑)」

聞けば、スチールカメラの撮影がまだフィルムだった時代、池之平カメラマンが費やしたフィルム代と現像代は、総額で「CTSプレミアム」の車両価格(今回の一部改良で790万円から745万円に変更された)の4倍以上にのぼったそうだ。この金額にはもちろん仕事で使ったフィルムや現像も含まれているが、名人の域に達するためには、それ相応の修業を積まなくてはならない、ということだ。流し撮りは一写にして成らず。
「それを考えたら、デジカメ時代の今は、フィルム代も現像代も言ってみればタダ。流し撮りの鍛錬を積むにはいい時代です」

→New CTSセダンの詳しい情報はこちら

あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る