第3回:ファミリーセダンとしての実力は?
スーザン史子さんが語る「CTS」の日常性能

2017.07.03 NewキャデラックCTSセダン日常劇場<PR>
新しい「キャデラックCTS」と。今日は家族5人でわが家の夏の風物詩、梅もぎに出かけます。
新しい「キャデラックCTS」と。今日は家族5人でわが家の夏の風物詩、梅もぎに出かけます。拡大

マイナーチェンジを受けてより魅力的に進化した「キャデラックCTS」。その実力を日常的なシーンを通じてさまざまな角度から4回に分けてリポートする。第3回はモータージャーナリストのスーザン史子さんが登場。新しいCTSの日常性能を女性の目線で語ってもらった。

親戚のお宅に到着! 「カッコイイので来たね~」と伯母さんも喜んでくれました。
親戚のお宅に到着! 「カッコイイので来たね~」と伯母さんも喜んでくれました。拡大
今年も大豊作! ジュースにしようかジャムにしようか……。
今年も大豊作! ジュースにしようかジャムにしようか……。拡大
息子も小さい手でたくさん採りました。
息子も小さい手でたくさん採りました。拡大
デザインコンセプトである「アート&サイエンス」を体現した美しいフォルム。真横から眺めると、まるでベールの裾が広がっているように見え、とってもエレガント。このデザインは女子にもキュンときます。
デザインコンセプトである「アート&サイエンス」を体現した美しいフォルム。真横から眺めると、まるでベールの裾が広がっているように見え、とってもエレガント。このデザインは女子にもキュンときます。拡大
久しぶりのキャデラック車にドキドキ。
久しぶりのキャデラック車にドキドキ。拡大

CTSで梅もぎにGO!

スーザン家の夏の風物詩といえば、梅もぎ。毎年、クルマで約1時間の場所にある親戚の伯母さんの家まで家族5人で出かけます。今回は、なんとキャデラックCTSで! 見たこともない高級車を前に、息子はもう大はしゃぎ。そんななか、「キャデラックっていうからよ、どんだけデケーのかと思ったけど、そうでもねーなー」と目を丸くしたのは江戸っ子で戦前生まれの義父。テールフィンのついた派手でビッグなクルマをイメージしてたようだけど、乗りやすそうなCTSを見て、すっかり安心したようです。

キャデラックと聞いて、そんな昔のイメージに重ね合わせる方もいるかもしれませんが、CTSはアメリカ車といっても、そこまでメチャメチャ大きいわけじゃありませんよ。「トヨタ・クラウン」と比べると、全長で75mm、全幅で40mm、全高で15mm大きい程度。

一方、室内はわりあいタイトで、大人4人に子ども1人でジャストサイズ。これで本当に体格のいいアメリカの人たちが5人座れちゃうのってぐらい、日本人にフィットしてます。ドライブトレインはFRがベースの4WDなので、フロアトンネルが盛り上がっています。これはキャデラックに限った話ではないのですが、後席ではそれを足でまたがなくちゃならないのが、ファミリーカーとして5人乗車するときにはちょっと面倒ではありますね。

実を言えばキャデラックって、これまであまり縁のなかったブランド。でもあらためて見た瞬間に、ビビッときちゃいましたよ。バリッと押し出しの強いフロントグリルや、堂々とした体躯(たいく)。特に、サイドビューには、セダンというものを見直したくなる美しさがあります。フロントとリアのセンターが山型に尖(とが)った、キャデラック伝統のデザインなど、全体的にハッとするような華やかさがある。これがアメリカンラグジュアリーなんですね!

さあ、どんなクルマなのか楽しみです。

→New CTSセダンの詳しい情報はこちら

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • キャデラックCT6プラチナム(4WD/10AT)【試乗記】 2019.8.1 試乗記 1960年代から洋楽の歌詞に登場し、かの地の若者の心情を代弁してきたキャデラック。最上級セダン「CT6」のオーディオで懐かしのロックを鳴らし、ドイツ車にも日本車にもまねできない、アメリカンラグジュアリーならではの贅沢(ぜいたく)に浸った。
  • 「YOUR LIFE, AND XT5 @ CADDILAC PLACE」の会場から 2018.4.26 画像・写真 「YOUR LIFE, AND XT5 @ CADDILAC PLACE」の会場から、キャデラックの最新モデル「XT5クロスオーバー」と、日本に5台しかない希少な特別限定車「ATS-Vベクターブルースペシャル」の姿を写真で紹介する。
  • キャデラックATS/CTS/CT6【試乗記】 2017.4.17 試乗記 キャデラックのセダンを乗り継いで、都内と群馬県を往復するツアーに参加。オールラインナップに一気乗りしたことでわかった、今のキャデラックセダンの実力とは? そしていまだ三分咲きの桜を眺め、リポーターは何を思う?
  • 第141回:アロワナが泳ぐ中古車店 2019.9.3 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第141回は「アロワナが泳ぐ中古車店」。“エリート特急”こと愛車の「BMW 320d」の車検で訪れた激安中古車店で、巨大なアロワナに遭遇。なぜ中古車店では大型観賞魚が飼われているのか? そのナゾに迫る!
  • マツダ3セダン20S Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2019.9.4 試乗記 先代にあたる「アクセラ」からすべてを刷新したという「マツダ3」は、マツダの新世代商品群の第1弾、すなわち同社の行く末を占う一台だ。「ファストバック」に比べるとちょっと地味(?)な「セダン」を連れ出し、その出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る