第3回:ファミリーセダンとしての実力は?
スーザン史子さんが語る「CTS」の日常性能

2017.07.03 NewキャデラックCTSセダン日常劇場<PR>
新しい「キャデラックCTS」と。今日は家族5人でわが家の夏の風物詩、梅もぎに出かけます。
新しい「キャデラックCTS」と。今日は家族5人でわが家の夏の風物詩、梅もぎに出かけます。拡大

マイナーチェンジを受けてより魅力的に進化した「キャデラックCTS」。その実力を日常的なシーンを通じてさまざまな角度から4回に分けてリポートする。第3回はモータージャーナリストのスーザン史子さんが登場。新しいCTSの日常性能を女性の目線で語ってもらった。

親戚のお宅に到着! 「カッコイイので来たね~」と伯母さんも喜んでくれました。
親戚のお宅に到着! 「カッコイイので来たね~」と伯母さんも喜んでくれました。拡大
今年も大豊作! ジュースにしようかジャムにしようか……。
今年も大豊作! ジュースにしようかジャムにしようか……。拡大
息子も小さい手でたくさん採りました。
息子も小さい手でたくさん採りました。拡大
デザインコンセプトである「アート&サイエンス」を体現した美しいフォルム。真横から眺めると、まるでベールの裾が広がっているように見え、とってもエレガント。このデザインは女子にもキュンときます。
デザインコンセプトである「アート&サイエンス」を体現した美しいフォルム。真横から眺めると、まるでベールの裾が広がっているように見え、とってもエレガント。このデザインは女子にもキュンときます。拡大
久しぶりのキャデラック車にドキドキ。
久しぶりのキャデラック車にドキドキ。拡大

CTSで梅もぎにGO!

スーザン家の夏の風物詩といえば、梅もぎ。毎年、クルマで約1時間の場所にある親戚の伯母さんの家まで家族5人で出かけます。今回は、なんとキャデラックCTSで! 見たこともない高級車を前に、息子はもう大はしゃぎ。そんななか、「キャデラックっていうからよ、どんだけデケーのかと思ったけど、そうでもねーなー」と目を丸くしたのは江戸っ子で戦前生まれの義父。テールフィンのついた派手でビッグなクルマをイメージしてたようだけど、乗りやすそうなCTSを見て、すっかり安心したようです。

キャデラックと聞いて、そんな昔のイメージに重ね合わせる方もいるかもしれませんが、CTSはアメリカ車といっても、そこまでメチャメチャ大きいわけじゃありませんよ。「トヨタ・クラウン」と比べると、全長で75mm、全幅で40mm、全高で15mm大きい程度。

一方、室内はわりあいタイトで、大人4人に子ども1人でジャストサイズ。これで本当に体格のいいアメリカの人たちが5人座れちゃうのってぐらい、日本人にフィットしてます。ドライブトレインはFRがベースの4WDなので、フロアトンネルが盛り上がっています。これはキャデラックに限った話ではないのですが、後席ではそれを足でまたがなくちゃならないのが、ファミリーカーとして5人乗車するときにはちょっと面倒ではありますね。

実を言えばキャデラックって、これまであまり縁のなかったブランド。でもあらためて見た瞬間に、ビビッときちゃいましたよ。バリッと押し出しの強いフロントグリルや、堂々とした体躯(たいく)。特に、サイドビューには、セダンというものを見直したくなる美しさがあります。フロントとリアのセンターが山型に尖(とが)った、キャデラック伝統のデザインなど、全体的にハッとするような華やかさがある。これがアメリカンラグジュアリーなんですね!

さあ、どんなクルマなのか楽しみです。

→New CTSセダンの詳しい情報はこちら

キャデラック CTSセダン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • キャデラックCT5プラチナム 2021.1.17 画像・写真 ゼネラルモーターズがキャデラックの新型セダン「CT5」を日本に導入。クーペを思わせるファストバックスタイルが特徴で、エンジンには2リッター直噴ターボを採用している。コンセプトカー「エスカーラ」をモチーフにしたというニューモデルの姿を、写真で紹介する。
  • キャデラックの新型セダン「CT5」が日本上陸 コンセプトカー譲りの流麗なファストバックスタイル 2021.1.15 自動車ニュース ゼネラルモーターズ・ジャパンは2021年1月15日、キャデラックブランドの新型ラグジュアリーセダン「CT5」の国内導入を発表した。同年1月16日に販売を開始する。
  • ホンダN-VAN +STYLE FUN Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2021.1.18 試乗記 “withコロナ”時代のライフスタイルとして、小さめのコミューターやアウトドアに注目が集まるいま、ユーティリティーに優れる軽という選択肢はアリか? あらためてホンダの軽商用バン「N-VAN」に乗ってみた。
  • プジョー208/フォルクスワーゲン・ポロ/ルノー・ルーテシア(後編)【試乗記】 2021.1.9 試乗記 上陸間もない新型「ルノー・ルーテシア」と「プジョー208」、そして「フォルクスワーゲン・ポロ」の欧州Bセグメントモデル3台に試乗。後編では各車の出来栄えに加え、比較してわかったブランドごとの個性の違いや魅力をリポートする。
  • 第198回:RSのRS違い 2021.1.18 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。以前「モテないカー」の超新星「GRヤリス」のプロトタイプを紹介したが、今回は発売なった実車で夜の首都高に出撃した。サーキットで味わったすばらしい足は、公道では拷問レベル……ではなかった。なぜなら……。
ホームへ戻る