日産GT-Rプレミアムエディション(前編)

2017.06.29 谷口信輝の新車試乗 SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回は日本を代表するスポーツカー「日産GT-R」に試乗する。“イヤーモデル制”が採られ、年ごとに着々と進化してきたR35型GT-R。デビューから10年を経て、その完成度はどこまで高まったのか。かつてR35を所有していた谷口が、オーナー目線で語る!

GT-Rは「すぐ速い」

今回、谷口信輝に試乗してもらったのは日産が、というよりも日本が世界に誇るスポーツカーの日産GT-Rである。

GT-Rはあらゆる意味で日本車の枠組みを大きく超えたクルマだ。まず、エンジンパワーが圧倒的に大きい。デビューした2007年当時、500psに迫る最高出力を実現した日本車はGT-Rだけ。ボディー、シャシー、駆動系もこのパワーをフルに生かし切ることを前提に設計され、300km/hの巡航が可能とされた史上初の日本車でもあった。

もうひとつGT-Rで特徴的なのが、デビューから10年のときを経てもフルモデルチェンジすることなく、毎年のように緻密な改良を重ねていまなお世界トップクラスのパフォーマンスを得ていることにある。そしてそんなGT-Rの歩みを、谷口はずっと注目し続けてきたという。

「現行型のR35、僕も持っていたんですよ。2007年モデルを中古で買ったんです。当時、最高出力は480psでしたが、まあ速かった。僕はGT-Rを表現するときにただ『速い』じゃなくて『すぐ速い』という言葉を使っているんです。アクセルを踏み始めたらすぐに『ブワーッ!』って加速していく。信号が青になったら、もう瞬間的に加速している。本当に、自分が思っている以上のスピードがあっという間に出ているから、自分に自分でブレーキをかけられる人じゃないと危ないと思いますよ」

 
日産GT-Rプレミアムエディション(前編)の画像拡大
 
日産GT-Rプレミアムエディション(前編)の画像拡大
 
日産GT-Rプレミアムエディション(前編)の画像拡大
日産GT-Rプレミアムエディション
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4710×1895×1370mm/ホイールベース:2780mm/車重:1770kg/駆動方式:4WD/エンジン:3.8リッターV6 DOHC 24バルブ ツインターボ/トランスミッション:6段AT/最高出力:570ps(419kW)/6800rpm/最大トルク:637Nm(65.0kgm)/3300-5800rpm/タイヤ:(前)255/40R20 (後)285/35R20/価格:1170万5040円
日産GT-Rプレミアムエディション
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4710×1895×1370mm/ホイールベース:2780mm/車重:1770kg/駆動方式:4WD/エンジン:3.8リッターV6 DOHC 24バルブ ツインターボ/トランスミッション:6段AT/最高出力:570ps(419kW)/6800rpm/最大トルク:637Nm(65.0kgm)/3300-5800rpm/タイヤ:(前)255/40R20 (後)285/35R20/価格:1170万5040円拡大
 
日産GT-Rプレミアムエディション(前編)の画像拡大

関連キーワード:
GT-R, 日産

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「日産GT-R」と「フェアレディZ」に生誕50周年記念車 2019.4.17 自動車ニュース 日産自動車は2019年4月17日、「GT-R」および「GT-R NISMO」の2020年モデルを発表するとともに、GT-Rと「フェアレディZ」に生誕50周年を記念した特別仕様車「50th Anniversary」をそれぞれ設定し、報道陣にお披露目した。
  • インフィニティQ60 2016.1.12 画像・写真 日産がデトロイトショーで「インフィニティQ60」を発表した。同車は「G37クーペ」(日本名:スカイラインクーペ)の後継モデルで、2リッター直4ターボに加えて新開発の3リッターV6ターボを搭載している。インフィニティの新型クーペの姿を、写真で紹介する。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • メルセデス・ベンツEQC400 4MATIC(4WD)【海外試乗記】 2019.6.4 試乗記 今後日本国内にも導入される、メルセデスのピュアEV「EQC」。ひと足早く海外でステアリングを握ってみると、EVとしての先進性よりむしろ、“極上のメルセデス”ともいうべき乗り味に驚かされることになった。
  • BMW M850i xDriveクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.5.29 試乗記 踏めば速いことは間違いないが、この「BMW M850i xDriveクーペ」にそうした乗り方はふさわしくない。真に味わうべきはスピードではなく、あふれ出るパワーと最新のテクノロジーがもたらす、ゆるりとした贅沢(ぜいたく)なひとときではないだろうか。
ホームへ戻る