日産GT-Rプレミアムエディション(後編)

2017.07.06 谷口信輝の新車試乗 SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回も引き続き「日産GT-R」に試乗する。歴代のGT-Rにただならぬ思いを抱いている谷口。R35型GT-Rの最終進化版ともささやかれる2017年モデルをどう評価するのだろうか?

ランボルギーニにだって負けてない

「GT-Rのエンジンはやっぱりすごくいいですよね」
日産GT-Rの試乗を終えた谷口信輝は、この日本製スーパーカーを褒めたたえる言葉を次々と口にした。

「VR38って、かなりポテンシャルを秘めたエンジンで、ちょっといじるとすぐに1000psくらいまで出ちゃうんですよ。量産仕様も、僕が持っていた2007年モデルは480psだったけれど、いまは標準モデルでも570psでしょ? しかも低回転域からものすごいトルクを生み出すから、びゅーっと加速していける」

「ギアボックスも全然スムーズになったし、タイヤの接地感も素晴らしい。本当に、誰がいつ乗っても速く走れるクルマですよね。だから、僕は国内最強のスポーツカーというか、スーパーカーだと思っています。この連載では、いままでたくさんのスーパーカーに乗ってきたじゃないですか。その一台一台にしっかりとした個性があってどれも捨てがたいし、ランボルギーニ(ウラカン)もアウディ(R8)も本当に速かった。でも、GT-Rのパフォーマンスはそういう本物のスーパーカーに全然負けていない。海外の人の目で見たら、完全にスーパーカーでしょう。格好が、ちょっとスーパーカーらしくないけれど……」

といいつつ、谷口もGT-Rのスタイリングは気に入っているそうだ。
「ヘッドライトのところに入っている稲妻マーク、僕は結構好きなんですよ。まあ、格好だけでいったら『GT-Rニスモ』のほうが好きですけどね。“セメント塗りたて”のところをベタベタ手で触っちゃったみたいに見えるリアウイングもいいですしね」

 
日産GT-Rプレミアムエディション(後編)の画像拡大
 
日産GT-Rプレミアムエディション(後編)の画像拡大
 
日産GT-Rプレミアムエディション(後編)の画像拡大
日産GT-Rプレミアムエディション
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4710×1895×1370mm/ホイールベース:2780mm/車重:1770kg/駆動方式:4WD/エンジン:3.8リッターV6 DOHC 24バルブ ツインターボ/トランスミッション:6段AT/最高出力:570ps(419kW)/6800rpm/最大トルク:637Nm(65.0kgm)/3300-5800rpm/タイヤ:(前)255/40R20 (後)285/35R20/価格:1170万5040円
日産GT-Rプレミアムエディション
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4710×1895×1370mm/ホイールベース:2780mm/車重:1770kg/駆動方式:4WD/エンジン:3.8リッターV6 DOHC 24バルブ ツインターボ/トランスミッション:6段AT/最高出力:570ps(419kW)/6800rpm/最大トルク:637Nm(65.0kgm)/3300-5800rpm/タイヤ:(前)255/40R20 (後)285/35R20/価格:1170万5040円拡大
 
日産GT-Rプレミアムエディション(後編)の画像拡大

関連キーワード:
GT-R, 日産

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産GT-R 50th Anniversary(4WD/6AT)【試乗記】 2019.8.29 試乗記 日本を代表するハイパフォーマンスカー「日産GT-R」が2020年モデルに進化。2007年のデビュー以来、間断なく続けられてきた改良は、このクルマにどのような価値をもたらしたのか? “GT-R”の誕生50周年を祝う記念モデルの試乗を通して確かめた。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • EVでもターボ、ターボ車でもターボなし!? ポルシェにとって“ターボ”の名が特別な理由 2020.3.20 デイリーコラム ポルシェの現行モデルはほとんどがターボ車だが、車名に「ターボ」が記されるのは「911ターボ」などごく一部にすぎない。その一方で電気自動車「タイカン」には「ターボ」の名が与えられている。ポルシェがターボの名を特別視するのはなぜなのだろうか。
  • トヨタが「GRスープラ」の2021年モデルを発表 最高出力が従来モデルから14%アップ 2020.2.14 自動車ニュース トヨタが「GRスープラ」の2021年モデルを発表。エキゾーストマニホールドの構造変更や新ピストンの採用などにより、最高出力を382hpに、最大トルクを368lb.ft.に向上させた。これにより、0-60mph加速が3.9秒という加速性能を実現している。
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【海外試乗記】 2019.7.14 試乗記 日本を代表するハイパフォーマンスカー「日産GT-R」の中でも、さらに走りを先鋭化させたモデルが「GT-R NISMO」だ。その2020年型にドイツ・ラウジッツで試乗。劇的な進化を遂げたという最新モデルの出来栄えを、ストリートとトラックの双方で確かめた。
ホームへ戻る