ガソリンエンジン搭載の「マツダCX-3」発売

2017.06.28 自動車ニュース
「マツダCX-3 20S Lパッケージ」
「マツダCX-3 20S Lパッケージ」拡大

マツダは2017年6月28日、クロスオーバーモデル「CX-3」の一部仕様を変更するとともにガソリンエンジン搭載車を追加設定すると発表した。ディーゼル車は6月29日に販売開始。ガソリン車は6月29日から予約を受け付け、7月27日に発売する。

「CX-3 20S Lパッケージ」
「CX-3 20S Lパッケージ」拡大
「CX-3 XD Lパッケージ」
「CX-3 XD Lパッケージ」拡大
「CX-3 XD Lパッケージ」(写真のボディーカラーはすべてソウルレッドクリスタルメタリック)
「CX-3 XD Lパッケージ」(写真のボディーカラーはすべてソウルレッドクリスタルメタリック)拡大

2015年2月にディーゼル専用車としてデビューしたCX-3。そのラインナップにガソリンエンジン車が追加された。

搭載されるパワーユニットは、「SKYACTIV-G 2.0」と名付けられた2リッター直4エンジン。最高出力148ps/6000rpm、最大トルク192Nm/2800rpmを発生する。トランスミッションは6段ATのみで、FF車と4WD車が用意される。

JC08モードの燃費値は、FF車が17.0km/リッターで、4WD車が16.6km/リッター。このガソリンエンジン車は、2018年10月以降に表示が義務化される燃費モード「WLTCモード」の認可も取得しており、FF車がリッターあたり17.0km(市街地:12.2km、郊外:16.8km、高速:18.0km)、4WD車が同16.6km(市街地:11.6km、郊外:15.8km、高速:17.4km)となっている。

またこれを機に、先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」がCX-3全車に標準装備され、さらに、新型「CX-5」で初めて採用されたボディーカラー「ソウルレッドクリスタルメタリック」が選べるようになった。

価格は、ガソリン車が「20S」(FF車)の210万6000円から「20Sノーブル・ブラウン」(4WD車)の279万6400円まで。ディーゼル車は、「XD」(FF車)の240万8400円から「XDノーブル・ブラウン」(4WD車)の306万6400円まで。ソウルレッドクリスタルメタリックのモデルは6万4800円高となる。

(webCG)

関連キーワード:
CX-3, マツダ, 自動車ニュース

マツダ CX-3 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダCX-5 XDプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2018.6.13 試乗記 フルモデルチェンジからわずか1年でパワープラントを大幅改良! 新エンジンを搭載した「マツダCX-5」のディーゼルモデルに試乗。従来モデルよりさらにパワー&トルクを増した新型の魅力と、やや気になったポイントをリポートする。
  • マツダCX-5 2016.12.15 画像・写真 マツダは2016年12月15日、新型「CX-5」を発表した。キーワードは「すべてのお客さまを笑顔にするSUV」。デザインは「洗練された力強さ」の表現を目指し、「魂動デザイン」のコンセプトをより高い領域へ引き上げた。その姿を画像で紹介する。
  • マツダCX-3 XDエクスクルーシブ モッズ/XD Lパッケージ/20Sプロアクティブ Sパッケージ/20S 2018.5.17 画像・写真 マツダがコンパクトSUV「CX-3」に、新開発の1.8リッターディーゼルエンジンを採用するなどの大幅改良を実施。乗り心地を改善するための足まわりの変更や、運転支援機能を中心とした装備の強化も図っている。内外装にも手が加えられたCX-3の姿を、写真で紹介する。
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記 2リッターのガソリンエンジンを搭載する「マツダCX-5」のベースグレード、「20S」に試乗した。ディーゼルモデルが圧倒的な人気を集めるCX-5のラインナップにおいて、パワーもトルクも控えめに映る20Sの“存在意義”とは? その魅力を探った。
  • マツダCX-30(4WD/6AT)/CX-5(4WD/6AT)/CX-8(4WD/6AT)【試乗記】 2020.1.18 試乗記 マツダのSUV=都会派のおしゃれSUV。当のマツダがこうしたイメージ戦略を敷いてきた以上、この認識は狙い通りなのだが、これが浸透しすぎてしまい、実はちょっと困っているらしい。クローズドコースでマツダSUVの隠れた(?)オフロード性能を試してみた。
ホームへ戻る