ガソリンエンジン搭載の「マツダCX-3」発売

2017.06.28 自動車ニュース
「マツダCX-3 20S Lパッケージ」
「マツダCX-3 20S Lパッケージ」拡大

マツダは2017年6月28日、クロスオーバーモデル「CX-3」の一部仕様を変更するとともにガソリンエンジン搭載車を追加設定すると発表した。ディーゼル車は6月29日に販売開始。ガソリン車は6月29日から予約を受け付け、7月27日に発売する。

「CX-3 20S Lパッケージ」
「CX-3 20S Lパッケージ」拡大
「CX-3 XD Lパッケージ」
「CX-3 XD Lパッケージ」拡大
「CX-3 XD Lパッケージ」(写真のボディーカラーはすべてソウルレッドクリスタルメタリック)
「CX-3 XD Lパッケージ」(写真のボディーカラーはすべてソウルレッドクリスタルメタリック)拡大

2015年2月にディーゼル専用車としてデビューしたCX-3。そのラインナップにガソリンエンジン車が追加された。

搭載されるパワーユニットは、「SKYACTIV-G 2.0」と名付けられた2リッター直4エンジン。最高出力148ps/6000rpm、最大トルク192Nm/2800rpmを発生する。トランスミッションは6段ATのみで、FF車と4WD車が用意される。

JC08モードの燃費値は、FF車が17.0km/リッターで、4WD車が16.6km/リッター。このガソリンエンジン車は、2018年10月以降に表示が義務化される燃費モード「WLTCモード」の認可も取得しており、FF車がリッターあたり17.0km(市街地:12.2km、郊外:16.8km、高速:18.0km)、4WD車が同16.6km(市街地:11.6km、郊外:15.8km、高速:17.4km)となっている。

またこれを機に、先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」がCX-3全車に標準装備され、さらに、新型「CX-5」で初めて採用されたボディーカラー「ソウルレッドクリスタルメタリック」が選べるようになった。

価格は、ガソリン車が「20S」(FF車)の210万6000円から「20Sノーブル・ブラウン」(4WD車)の279万6400円まで。ディーゼル車は、「XD」(FF車)の240万8400円から「XDノーブル・ブラウン」(4WD車)の306万6400円まで。ソウルレッドクリスタルメタリックのモデルは6万4800円高となる。

(webCG)

関連キーワード:
CX-3, マツダ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダCX-3 XDエクスクルーシブ モッズ/XD Lパッケージ/20Sプロアクティブ Sパッケージ/20S 2018.5.17 画像・写真 マツダがコンパクトSUV「CX-3」に、新開発の1.8リッターディーゼルエンジンを採用するなどの大幅改良を実施。乗り心地を改善するための足まわりの変更や、運転支援機能を中心とした装備の強化も図っている。内外装にも手が加えられたCX-3の姿を、写真で紹介する。
  • マツダCX-3 XD Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2018.9.11 試乗記 デビュー以来最大の仕様変更が実施された、マツダのコンパクトSUV「CX-3」。ボディーや足まわりをリファインし、より排気量の大きなディーゼルエンジンを搭載したことで、その走りはどう変わったのか? 上級モデルに試乗して確かめた。
  • マツダCX-3 XD Lパッケージ(FF/6MT)【試乗記】 2018.8.27 試乗記 デビュー以来最大規模の改良を受けたマツダのコンパクトSUV「CX-3」。新開発の1.8リッターディーゼルエンジンと新しい足まわりの織り成す走りは、従来モデルからどのように進化を遂げたのか? ちょっとマニアックなMT仕様で、その実力を確かめた。
  • マツダCX-3 XD Lパッケージ(FF/6AT)/CX-3 20S Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2018.6.15 試乗記 マツダが、コンパクトSUV「CX-3」に大幅なマイナーチェンジを実施。内外装の質感向上やエンジンの改良など、全方位的に手を加えられた改良モデルの実力を、ガソリン、ディーゼル両モデルの試乗を通してチェックした。
  • 「マツダCX-3」大幅改良、上質な内外装の特別仕様車も 2018.5.17 自動車ニュース マツダが小型クロスオーバーSUV「CX-3」を大幅改良。乗り心地や静粛性を向上させたほか、新たに1.8リッターディーゼルエンジンを採用した。同時に、ナッパレザーのシートなど、上質な内外装が特徴の特別仕様車「エクスクルーシブ モッズ」も設定している。
ホームへ戻る