トヨタが「ヴォクシー/ノア」をマイナーチェンジ

2017.07.03 自動車ニュース
「トヨタ・ヴォクシーZS」(左)と「ヴォクシーV」(右)。ともにハイブリッド車。ZSのボディーカラーは新規開発色の「イナズマスパーキングブラックガラスフレーク」。
「トヨタ・ヴォクシーZS」(左)と「ヴォクシーV」(右)。ともにハイブリッド車。ZSのボディーカラーは新規開発色の「イナズマスパーキングブラックガラスフレーク」。拡大

トヨタ自動車は2017年7月3日、5ナンバークラスの箱型ミニバン「ヴォクシー」「ノア」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。

新規設定色「ラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャインガラスフレーク」が用いられた「ノアG」(ハイブリッド車)。
新規設定色「ラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャインガラスフレーク」が用いられた「ノアG」(ハイブリッド車)。拡大
「ヴォクシーZS」および「ノアSi」の16インチアルミホイール。
「ヴォクシーZS」および「ノアSi」の16インチアルミホイール。拡大
「フロマージュ&ブラウン」の内装色が用いられた「ノアG」のインテリア。
「フロマージュ&ブラウン」の内装色が用いられた「ノアG」のインテリア。拡大
「ヴォクシーZS」の内装色には「ブラッドオレンジ&ブラック」が設定されている。
「ヴォクシーZS」の内装色には「ブラッドオレンジ&ブラック」が設定されている。拡大
新デザインのオプティトロンメーター。
新デザインのオプティトロンメーター。拡大
「ノアSi」(ハイブリッド車)
「ノアSi」(ハイブリッド車)拡大

デザイン変更でモデルごとの違いを際立たせる

今回のマイナーチェンジでは、モデルごとの違いを強調するべくエクステリアデザインを変更。ヴォクシーではスポーティーさを、ノアは精悍(せいかん)さを追求した意匠としている。

具体的には、フロントまわりについてはヴォクシーでは2段式のヘッドランプをよりシャープな意匠とする一方で、ノアには押し出し感の強いデザインのフロントグリルを新採用。リアコンビネーションランプとバックドアガーニッシュも、よりワイド感を表現する意匠に変更した。

また、専用の外装パーツを装着したヴォクシーの「ZS」およびノアの「Si」については、新たに切削光輝加工にダークグレーメタリック塗装を施した16インチアルミホイールを採用。ボディーカラーは両モデルともに7色で、ヴォクシーには新規開発色の「イナズマスパーキングブラックガラスフレーク」を、ノアには新規設定色の「ラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャインガラスフレーク」を採用した。

一方インテリアでは、内装色をルーフライナーまでブラックで統一するとともに、各所にピアノブラック塗装の装飾を採用。オプティトロンメーターは丸型リングの採用に加え、リング幅を細くすることでシャープな印象としたという。さらに専用内装色として、ヴォクシーZSには「ブラッドオレンジ&ブラック」を、「ノアG」には「フロマージュ&ブラウン」を設定している。

このほかにも、スライドドアにシールを追加して遮音性を向上させたほか、空力パーツの追加やボディー剛性の向上、ショックアブソーバーの改良などを通して、操縦安定性や快適性の改善も図っている。

この他の改良点は以下の通り。

  • Bi-Beam LEDヘッドランプ(オートレべリング機能付き)と面発光のLEDクリアランスランプを全車標準装備。
  • 助手席シートバックにカップホルダー(2個)付き格納式テーブルを、インストゥルメントパネルのセンターロア部に充電用USB端子(2個)を全車標準装備。
  • ハイブリッド全車およびガソリン車の一部に、フタ付きセンターコンソールボックスを標準装備。ボックス背面には充電用USB端子(2個)が備わる。
  • クルーズコントロールや、紫外線(UV)を約99%カットし、赤外線(IR)を効率よく遮断するウインドシールドガラスを全車標準装備。
  • パワースライドドアを閉める途中でフロントドアハンドルのセンサーに触れると施錠予約ができる機能(スマートロック操作)を採用。

価格はヴォクシー、ノアともに246万6720円から326万9160円。

(webCG)

関連キーワード:
ノア, ヴォクシー, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ ノア の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・シエンタ ファンベースG(FF/CVT)【試乗記】 2019.1.10 試乗記 トヨタの人気ミニバン「シエンタ」に、3列目シートを取り払った5人乗り仕様「ファンベース」が追加された。乗車可能人数を削減してまで手にした広いラゲッジスペースは、家族にどのような世界を見せてくれるのだろうか。
  • ホンダ・フリード ハイブリッドEX/トヨタ・シエンタ ハイブリッドG 6人乗り【試乗記】 2017.2.6 試乗記 小さな車体で、みんなで乗れて、いろいろな物が積み込める――欲張りなニーズに応える人気のコンパクトミニバン、「トヨタ・シエンタ」と「ホンダ・フリード」を乗り比べ、それぞれの個性を浮き彫りにした。
  • トヨタ・ヴェルファイアZG(FF/8AT)【試乗記】 2018.3.9 試乗記 トヨタのフラッグシップミニバンとして、根強い人気を誇る「アルファード/ヴェルファイア」。極東の自動車大国・ニッポンで、コワモテの四角い高級車がここまで支持を集める理由とは何か? その文化的背景と、高級ミニバンの歩むべき道について考えてみた。
  • ホンダ・フリード/フリード+(後編) 2016.9.16 画像・写真 ホンダから新型「フリード」と「フリード+」が登場。従来モデルから機能性や利便性が大幅に向上しており、特にフリード+は荷室の大幅な低床化を実現。フラットに格納できる2列目シートや脱着式フロアボードによる、多彩なアレンジも魅力となっている。
  • ボルボV60 T6 Twin Engine AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2019.7.1 試乗記 ワゴンとしての魅力を磨いた現行型「ボルボV60」。そのプラグインハイブリッドモデルが、いよいよ日本の道を走り始めた。ボルボの世界戦略を担う電動パワートレインと伝統的なエステートスタイルとの組み合わせを、中間グレードの「T6インスクリプション」で試す。
ホームへ戻る