フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(前編)

2017.07.13 谷口信輝の新車試乗 SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回はマイナーチェンジを受けて230psまで強化された新しい「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI」に試乗する。最新のデジタルインターフェイスを得て、一段と洗練された“ホットハッチの定番”を、谷口はどう評価するのだろうか?

目を見張る装備の充実ぶり

フォルクスワーゲン・ゴルフといえばCセグメント・ハッチバックの定番。1974年のデビュー以来、世界中で3300万台以上が生産され、75年に発売された日本でも累計85万台以上が販売された「わが国でもっとも親しまれている輸入車」である。

もっとも、ただのおとなしいファミリーカーにとどまらないところがゴルフのユニークな点で、誕生当時から常にそのイキのいい走りが高く評価されてきた。これを受けてスポーツ性能をさらに研ぎ澄ませたゴルフGTIを投入したところ、これもまた世界的なヒット作となり、「ホットハッチの定番」として人気を博したことはご存じのとおりである。

ただし、広く愛されるべき存在であるがゆえに奇抜な部分は皆無に等しく、どちらかといえばやや地味に映ることも否定できない。この日、いの一番にゴルフに試乗することになったのも、谷口が口にした「あとで乗って印象が薄いとかわいそうだから、先に乗っておきますか……」という消極的な言葉がきっかけ(編集部注:試乗取材は複数のクルマを集めて行っており、この日はゴルフGTIよりずっと高価なモデルがそろっていた)。裏を返せば、谷口は大した期待も抱かずにステアリングを握ったのだが、写真撮影が終わってスタッフから「終了です!」と声をかけられてもなお、谷口が自らの意思でゴルフを走らせ続けたことは、この連載企画では異例の展開だったといえる。

今回、取り上げたのは、先ごろマイナーチェンジを果たしたばかりのゴルフGTI。もっとも、公式発表を信じる限り、走りに関する進化はほとんどなく、エンジンの最高出力が10ps上がって230psとなった程度(最大トルクは350Nmのまま)。いっぽう、装備の充実ぶりは目を見張るばかりで、フルLEDヘッドライト、同じくフルLEDのテールランプ、大型カラーディスプレイを用いたフルデジタルメータークラスター、クラス初のジェスチャーコントロールを搭載した最新のインフォテインメントシステムのほか、運転支援システムでは歩行者検知機能付き自動ブレーキ、自動再発進機能付きの渋滞時追従支援システム、さらに輸入車Cセグメントでは日本初となるレーンキープアシストまで搭載。このカテゴリーで最も豊富な装備を誇る一台となった。

 
フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(前編)の画像拡大
 
フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(前編)の画像拡大
 
フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(前編)の画像拡大
フォルクスワーゲン・ゴルフGTI
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4275×1800×1470mm/ホイールベース:2635mm/車重:1380kg/駆動方式:FF/エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:6段AT/最高出力:230ps(169kW)/4700-6200rpm/最大トルク:350Nm(35.7kgm)/1500-4600rpm/タイヤ:(前)225/40R18 (後)225/40R18/価格:399万9000円
フォルクスワーゲン・ゴルフGTI
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4275×1800×1470mm/ホイールベース:2635mm/車重:1380kg/駆動方式:FF/エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:6段AT/最高出力:230ps(169kW)/4700-6200rpm/最大トルク:350Nm(35.7kgm)/1500-4600rpm/タイヤ:(前)225/40R18 (後)225/40R18/価格:399万9000円拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフ1.5 eTSI(FF/7AT)/ゴルフ2.0 TDI(FF/7AT)【海外試乗記】 2020.5.6 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」が8代目に生まれ変わった。車車間通信や対話型インフォテインメントシステムを採用するなど、今回のモデルチェンジをひと言で表すならば“デジタライゼーション”だ。ハッチバック車のベンチマークの、最新モデルの仕上がりやいかに!?
  • 新型ルノー・ルーテシアの実力を体感
    2020.12.25 欧州でルーテシアが選ばれる理由<AD> 強力なライバルがひしめく激戦の欧州Bセグメント市場で、販売台数6年連続No.1の地位に輝く「ルノー・ルーテシア」。プラットフォームやパワーユニット、そして内外装までを一新したフルモデルチェンジによって、フレンチコンパクトハッチはいかなる進化を遂げたのか。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフR(4WD/6AT)【試乗記】 2014.2.20 試乗記 “最強のゴルフ”とうたわれる新型「フォルクスワーゲン・ゴルフR」。先代よりパワーアップし、環境性能も向上した「R」の魅力を堪能した。
  • ボルボV60 B5 R-DESIGN(FF/8AT)【試乗記】 2021.1.6 試乗記 ボルボのステーションワゴン「V60」の最新モデルに試乗。連れ出したのは新たに設定された48Vハイブリッドパワートレインと、スポーティーなセッティングのサスペンションを備えた「B5 R-DESIGN」。果たしてその仕上がりは?
  • フォルクスワーゲンTクロスTSI 1stプラス(FF/7AT)【試乗記】 2020.2.18 試乗記 今一番ホットなコンパクトSUVカテゴリーに、フォルクスワーゲンが満を持して投入した「Tクロス」。ファッショナブルなルックスや多彩な内外装色設定、機能的な荷室やキャビンなど数多くの特徴を掲げる最新モデルの仕上がりを、長距離試乗で確かめた。
ホームへ戻る