フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(後編)

2017.07.20 谷口信輝の新車試乗 SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回も引き続き「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI」に試乗する。その出来が「完璧に近い」と“ホットハッチの定番”に太鼓判を押した谷口。では、そんなゴルフGTIは一体どんなドライバーにオススメなのだろうか?

不満が見つからない

「このクルマ、乗っても超お買い得じゃないですか」
撮影が終わってもなかなか試乗をやめなかった谷口は、ゴルフGTIの運転席から降り立つと、開口一番にそう語った。

「完璧に近いといっていいんじゃないんですか。少なくとも僕には、文句をつけたくなるところがどこにもないんですけど……」
いつも辛口な谷口がここまで激賞するとは珍しい。

「230psのエンジンにもなんにも不満はありません。パワーは十分だし、どんくさいところはどこにもない。エンジンも、ギアボックスのDSGも、そしてコーナリングフィールも素晴らしくいい」

ただし、限界付近のコーナリングについては細かい指摘があった。
「ある程度のペースになると電子デバイスが働き始めて、いろんなところのブレーキをちょいちょいつまみ始める。しかも、介入し始めるタイミングがちょっと早めだし、ピッ、ピッとブレーキを利かせている様子もなんとなく感じる。あの辺を、もうちょっとわからないようにしてくれたら、さらに素晴らしいんですけどね」

もっとも、全体から見れば、これはごくささいな問題でしかなかったようだ。
「クルマに試乗するとき、僕が最初に注目するのは発進の仕方で、ギア比や電子制御スロットルの設定などでドライバーが感じるタイムラグにどう対処しているかが、まずは気になる。そこから加速感、操舵感みたいなものが順に気になっていく。でもね、いま、その目の前のコーナーを走ったときも、ブレーキを全然踏まずにいける安心感がありました。僕がよく言う『コーナリングの数字がそろっている』という点でも不満はない。まだ、それほどハードにブレーキを使ったわけじゃないけれど、ブレーキペダルのフィーリングにも不満はありません。もちろん、あちこちにちょっとずつ走りの性能を磨く余地は残されているかもしれませんが、本当にこのままでも不満がない。いいクルマだと思います」

 
フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(後編)の画像拡大
 
フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(後編)の画像拡大
 
フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(後編)の画像拡大
フォルクスワーゲン・ゴルフGTI
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4275×1800×1470mm/ホイールベース:2635mm/車重:1380kg/駆動方式:FF/エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:6段AT/最高出力:230ps(169kW)/4700-6200rpm/最大トルク:350Nm(35.7kgm)/1500-4600rpm/タイヤ:(前)225/40R18 (後)225/40R18/価格:399万9000円
フォルクスワーゲン・ゴルフGTI
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4275×1800×1470mm/ホイールベース:2635mm/車重:1380kg/駆動方式:FF/エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:6段AT/最高出力:230ps(169kW)/4700-6200rpm/最大トルク:350Nm(35.7kgm)/1500-4600rpm/タイヤ:(前)225/40R18 (後)225/40R18/価格:399万9000円拡大
 
フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(後編)の画像拡大

関連キーワード:
ゴルフ, フォルクスワーゲン

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR(FF/7AT)【試乗記】 2020.2.15 試乗記 ワールド・ツーリング・カー・カップ(WTCR)参戦マシンのロードゴーイングバージョンとして、台数限定600台が販売される「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR」。伝統のホットモデル「GTI」シリーズで最強となる290PSのパワーを山岳路で味わうべく、富士山麓に連れ出した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTDIハイライン マイスター(FF/7AT)【試乗記】 2019.10.17 試乗記 質実剛健なブランドとして知られるフォルクスワーゲン。その看板車種の「ゴルフ」に追加されたディーゼルモデルは、良き選択肢となりうるか? 走りの印象のほか、装備の見どころや燃費についても報告する。
  • マツダ3ファストバックX Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2020.7.7 試乗記 新世代エンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」を搭載した「マツダ3ファストバック」に試乗。他に例を見ない挑戦的なスタイリングと、独自の内燃機関技術によって高い評価を得ている今日のマツダに“欠けているもの”とは?
  • 第183回:ドイツ車はアタリが付く 2020.7.7 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第183回は「ドイツ車はアタリが付く」。「アウディA6」のエントリーモデル「40 TDIクワトロ」に試乗。“感動的”と称賛した「55 TFSIクワトロ」との比較を交えながら、ドイツ車ならではの味わいを再確認する。
  • メルセデス・ベンツB200d(FF/8AT)【試乗記】 2020.5.19 試乗記 メルセデスのルーミーなコンパクトモデル「Bクラス」に、クリーンディーゼル搭載モデルが登場。とことん家庭的なクルマかと思いきや、そのスポーティーな走りとデザインは、筆者の予想を大きく上回っていた。
ホームへ戻る