第427回:オーストラリア大陸を北から南へ3000km!
世界最高峰のソーラーカーレースに挑む大学生に密着取材

2017.07.22 エディターから一言
 
第427回:オーストラリア大陸を北から南へ3000km!世界最高峰のソーラーカーレースに挑む大学生に密着取材の画像拡大

世界最高峰のソーラーカーレースに参戦する大学生チームのテスト走行の様子を、webCG編集部員がリポート。気温35度の炎天下にも負けないほどの、若者たちの熱い気持ちに触れた。

ワールドソーラーチャレンジは、ダーウィンからアデレードまで、オーストラリア大陸を3000kmにわたって縦断する。
ワールドソーラーチャレンジは、ダーウィンからアデレードまで、オーストラリア大陸を3000kmにわたって縦断する。拡大
徹夜のセッティングを終えた、名古屋工業大チームのピット。
徹夜のセッティングを終えた、名古屋工業大チームのピット。拡大
こちらはニューマシン「Wing」を囲む工学院大チームの面々。キャビンの小ささがお分かりいただけるだろうか。
こちらはニューマシン「Wing」を囲む工学院大チームの面々。キャビンの小ささがお分かりいただけるだろうか。拡大

オーストラリア大陸を3000kmにわたって縦断

2017年7月15日、われわれ取材陣は栃木県那須塩原市にあるブリヂストン 栃木プルービンググラウンドを訪れた。ワールドソーラーチャレンジに参加する2チームのテスト走行を取材するためである。

ワールドソーラーチャレンジとは、南オーストラリア州政府観光局が主催し、ブリヂストン(BS)が冠スポンサーとなっている、世界最高峰のソーラーカーレースである。大学生を中心とした若手エンジニアによって競われる。1999年までは3年に1度、現在は2年に1度開催されており、今年で30周年を迎える。2017年大会は10月8日~15日にかけて行われ、26カ国から50チームがエントリーしている。

過酷なコース設定でも知られており、オーストラリアの北の端に近いダーウィンをスタートすると、南へ向かって大陸を縦断。ゴールのアデレードまで、ざっと3000kmの行程を一般のクルマに交じって走りぬける。インターネットを駆使して航空写真で確認すると、内陸部へと進むにつれて、コース周辺には原っぱと道路しか存在しなくなる。サービスエリアと書かれているところを拡大してみると、崩れ落ちそうな小屋がポツンと建っているだけだった。一体、何のサービスを受けられるのだろうか? それはともかく、レース中の宿泊は基本的に野営である。

参戦クラスは3つに分かれており、1人乗りで純粋なスピード勝負の「チャレンジャークラス」、2~8人乗車でスピードよりもエネルギー効率や実用性を問われる「クルーザークラス」、そして順位を競わず、参加することを楽しむ「アドベンチャークラス」がある。アドベンチャークラスには、過去の大会の参戦車両など、現在のレギュレーションには適合しないクルマが主に参加している。

あなたにおすすめの記事
新着記事