最高出力436psの「ロータス・エヴォーラGT430」登場

2017.07.21 自動車ニュース
「ロータス・エヴォーラGT430」
「ロータス・エヴォーラGT430」拡大

英ロータスカーズは2017年7月20日、高性能スポーツカー「ロータス・エヴォーラGT430」を発表した。

カーボン製のボディーパネルが多用される「エヴォーラGT430」。乾燥重量は1258kgとなっている。
カーボン製のボディーパネルが多用される「エヴォーラGT430」。乾燥重量は1258kgとなっている。拡大
 
最高出力436psの「ロータス・エヴォーラGT430」登場の画像拡大
 
最高出力436psの「ロータス・エヴォーラGT430」登場の画像拡大
タイヤのサイズはフロントが245/35R19で、リアが295/30R20。「ミシュラン・パイロットスポーツ カップ2」が装着される。
タイヤのサイズはフロントが245/35R19で、リアが295/30R20。「ミシュラン・パイロットスポーツ カップ2」が装着される。拡大
 
最高出力436psの「ロータス・エヴォーラGT430」登場の画像拡大

より軽く、よりパワフルに

今回のエヴォーラGT430は、「一般公道を走行できるロータスの中で、史上最もパワフル」とうたわれるモデル。スーパーチャージャーで過給される3.5リッターV6エンジンは、2016年2月にデビューした「エヴォーラ スポーツ410」を20ps上回る最高出力436ps/7000rpmを発生する。最大トルクは440Nm/4500rpm。トランスミッションはスポーティーなギア比が与えられた6段MTのみで、パフォーマンスについては、0-100km/hの加速タイムが3.8秒、最高速度は305km/hと公表される。

エクステリアは、カーボン製の前後バンパー、ルーフパネル、大型リアスポイラーなどが特徴。軽量なチタン製エキゾーストシステムやリチウムイオンバッテリーの採用と相まって、車体の乾燥重量は1258kgに抑えられている。

インテリアは、アルカンターラとパーフォレーテッドレザーで仕立てられており、無償でアルカンターラまたはレザーのみとすることも可能だ。

走りに関わるアイテムとしては、APレーシング製のブレーキキャリパーや、フロント370mm、リア350mmのブレーキディスク、ロータスがチューンしたオーリンズ製ダンパー、アイバッハのウルトラライトスプリング、3段階(ドライブ/スポーツ/レース)で調節できるESPなどを装備。タイヤ空気圧のモニタリングシステムやクルーズコントロール機能も備わる。

またオプションとして、カーエアコンや4スピーカーのオーディオシステム、カップホルダーなどが用意される。

エヴォーラGT430の販売台数は、世界限定60台。ロータスは「コレクターズアイテムになるのは必至」としている。

(webCG)

関連キーワード:
エヴォーラ, ロータス, 自動車ニュース

ロータス エヴォーラ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第3回:ロータス・ヨーロッパ スペシャル 2017.3.29 スーパーカークロニクル スーパーカーとは何だろうか。排気量と価格で判断したら、「ロータス・ヨーロッパ」をそう呼ぶのはためらわれる。しかしヨーロッパはまちがいなくスーパーだった。この軽やかさ! レースとの絆は、同時代のフェラーリよりも濃いかもしれない。
  • ロータス・エキシージ スポーツ410(MR/6MT)【試乗記】 2019.7.5 試乗記 過給機付きの3.5リッターV6エンジンを搭載した「ロータス・エキシージ」の最新モデル「スポーツ410」。7年にわたり連綿と施されてきた改良は、このクルマにどのような進化をもたらしたのか? 卓越した走行安定性と洗練されたエンジンの妙味を堪能した。
  • ロータス・エキシージ スポーツ350(MR/6MT)【試乗記】 2016.10.19 試乗記 大幅な軽量化により、動力性能をさらに突き詰めた「ロータス・エキシージ スポーツ350」。より速く、より荒々しくなったその走りを堪能し、名だたるスーパーカーでさえ持ち合わせていない、このクルマだけの“特権”に触れた。
  • アウディA1スポーツバック40 TFSIエディション1(FF/6AT)【海外試乗記】 2019.11.9 試乗記 新しくなった「アウディA1スポーツバック」の走りを試すべく本国ドイツへ出向いたところ、そこで待ち受けていたのは“日本未導入”の「40 TFSI」。やや複雑な心持ちで試乗に臨んだのだが、実際には、このグレードこそ新型A1のキャラクターを最もよく表したモデルだった。
  • マツダCX-30<ガソリンエンジン>/CX-30<ディーゼルエンジン>【試乗記】 2019.11.8 試乗記 マツダのブランニューモデル「CX-30」に試乗。(ほぼ)同じセグメントに同門の「CX-3」がいる中、新たなネーミングルールを用いてマツダが投入した小型クロスオーバーSUVはどんな特徴を備えているのだろうか。ガソリン車とディーゼル車の出来栄えを報告する。
ホームへ戻る