クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第512回:ダサかっこいいフィアットで「新婚さんいらっしゃい!」

2017.07.28 マッキナ あらモーダ!

送迎車といえば

日本の結婚式では、ホテルや結婚式場によって、立派な送迎車を売りにしているところがある。今年の春、東京を訪れたときも、後席にカップルを乗せたロールス・ロイスの2ドアコンバーチブル「コーニッシュ」が走ってきたので、よく見れば近くの結婚式場から出てきたのであった。

自動車雑誌『CAR GRAPHIC』初代編集長の小林彰太郎氏がもし存命なら、この光景を見て「本来バカンス用のボディータイプを、運転手付きで式典に用いるとは笑止千万」などと憤慨していたかもしれない。
ボク自身は、もし新婚でも用途うんぬん以前に、東京で浮世離れしたロールス・ロイスというだけで気恥ずかしくなってしまうだろう。

しかしながら本国でも見る機会がめったになくなったコーニッシュ(I~IVシリーズ)である。短く見積もっても車齢21年の英国車が、東洋の島国で現役なのだ。ましてやハレの日に立ち往生は絶対に許されないわけである。ボク個人としては品質がよくなかった時代の英国車を日々整備しているメカニックの苦労に、敬意を表さずにはいられない。

「フィアット124」とジョルジョさんとフランチェスカさんの新郎新婦。なお、124は1967年欧州カー・オブ・ザ・イヤーに選ばれている。
「フィアット124」とジョルジョさんとフランチェスカさんの新郎新婦。なお、124は1967年欧州カー・オブ・ザ・イヤーに選ばれている。拡大
「フィアット124」は、かつてジョルジョさんの祖父のものだった。モデル末期の1972年に登場した1.6リッターツインカム仕様の「スペシャルT1600」である。
「フィアット124」は、かつてジョルジョさんの祖父のものだった。モデル末期の1972年に登場した1.6リッターツインカム仕様の「スペシャルT1600」である。拡大

「フィアット124」発見

今回は結婚式のクルマのお話である。

先日、ローマの北東約80kmにある町リエティを訪れた。この町は地理的に長靴型半島のほぼ中心とされることから「イタリアの、へそ」と呼ばれている。

日曜日の午前、町随一のホテル前に紺の「フィアット124」がたたずんでいた。124といっても、今話題の新型「124スパイダー」や、その元祖となるスパイダーではない。元祖のベースとなった「124ベルリーナ」である。
1966年に誕生したフロントエンジン・リアドライブのファミリーセダンで、イタリアでは1974年までカタログに載り続けた。後輪にコイルスプリングを採用するなど、一部には若干進んだスペックがおごられていた。だが全体的には、そのスタイリングとあいまって、ひと昔前の自動車教習所におけるカットモデルのごとくコンベンショナルな構造であった。

いっぽうで、その質実剛健な設計のおかげで、トルコ、エジプト、スペイン、インド、さらには韓国(アジア自動車)などでライセンス生産が行われ、新興国のモータリゼーションを支えた。特に旧ソビエト連邦/ロシア版の「ラーダ2101」は、ネーミングを変えながら、なんと2012年まで生き延びたことで知られる。

車内はフィアット製乗用車の伝統を踏襲してルーミー。奇をてらったデザインではないものの、いかにも座り心地良さそうなシートに注目。
車内はフィアット製乗用車の伝統を踏襲してルーミー。奇をてらったデザインではないものの、いかにも座り心地良さそうなシートに注目。拡大
リアシートには結婚式のブーケが。
リアシートには結婚式のブーケが。拡大

祖父のクルマをハレの日に

「なんとダサかっこいいデザイン」と思いながら鑑賞していると、間もなく男女がホテルから出てきてクルマに近づいた。
 
男性は花を持ち、女性はウエディングドレスを抱えている。声をかけてみれば、前日にホテルで披露宴をしたばかりの新婚夫婦だった。
新郎のジョルジョさん(33歳)は、普段はイタリア北東部のトリエステのスポーツジムで働いているが、新婦フランチェスカさんとの結婚式と披露宴のため、故郷リエティに戻ってきたのだという。フィアット124は、結婚式用のクルマだったのだ。

イタリアでは結婚式当日、新婦が家から式を行う教会もしくは市役所への移動や、披露宴会場へと向かうクルマに、ちょっとした気合を入れることが少なくない。多くはレンタカーやハイヤーをチャーターしたり、ちょっといいクルマを持っている友達に頼んで借りたりする。だが、時折みられるのが「家に眠っている、古いクルマを引っ張り出す」カップルだ。ジョルジョさんの場合もそれだった。124はもともと彼の祖父が購入したもので、その後彼の父親が引き継いだものという。

リアシートの後方には新婦の赤い靴。
リアシートの後方には新婦の赤い靴。拡大
ジョルジョさんによれば、少し前に南部プーリアまで往復1800kmの旅をこなしたとのこと。
ジョルジョさんによれば、少し前に南部プーリアまで往復1800kmの旅をこなしたとのこと。拡大

フェラーリでなくていい

こうした古い家族車が生きているのは、ガレージもしくは「カンティーナ」といわれる広い物置に古いクルマを押し込んでおくイタリアならではである。時には、クルマの横に生ハムの塊がつるしてあったりする。

ボクが熱心に写真を撮っていると「ボクのおじいさんも、天国で喜んでると思うよ」とジョルジョさんはつぶやいた。

クルマに乗り込んだ彼らに「この124でこれから新婚旅行に行くのかい? 」と声をかけると、「そんなことしたら、おやじにぶったたかれるよ!」とジョルジョさんは豪快に笑った。その口ぶりからは、彼の父親の124に対する溺愛ぶりが想像できた。

その後彼らは、父親のガレージへ車両返却に向かった。ただし、いつかはジョルジョさんが124を引き継ぐだろう。そして、未来には彼らの子供が結婚式に使う日がやってくるに違いない。

フェラーリやマセラティでなくてもいい。オーソドックスな家族車でも、時がたてばハレの舞台を立派に飾れる。なんともほほ笑ましいではないか。

(文と写真=大矢アキオ<Akio Lorenzo OYA>/編集=渡辺 忍)

エンジンフードには、昨日の式のためにドレスアップしたリボンがひと晩たっても残されていた。
エンジンフードには、昨日の式のためにドレスアップしたリボンがひと晩たっても残されていた。拡大
二人は父親のガレージへ車両返却に向かった。ちなみに、後日彼らから筆者のもとにはハネムーン先のスペイン領カナリア諸島にいる旨のメッセージが届いた。
二人は父親のガレージへ車両返却に向かった。ちなみに、後日彼らから筆者のもとにはハネムーン先のスペイン領カナリア諸島にいる旨のメッセージが届いた。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとしてシエナ在住。NHKのイタリア語およびフランス語テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。NHK『ラジオ深夜便』では、22年間にわたってリポーターを務めている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。

webCG MoviesYouTube公式
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

フィアット の中古車
関連キーワード
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。