【トミカプレミアムNo.21】ホンダNSXタイプR

2017.08.09 トミカ大写真展

高出力のV6エンジンをミドシップレイアウトで搭載する高性能スポーツカーとして、1990年に登場した「ホンダNSX」。アルミモノコックボディーがもたらす高い運動性能と、過去に例のないドライバー中心の車両設計は、世界中のスーパーカーに影響をもたらした。

*解説は実車のもの

【トミカ スペック】
スケール:1/60
パッケージサイズ:全長×全幅×全高=78×41×39mm
可動箇所:サスペンション
タカラトミーモール価格:864円

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダNSX(2019年モデル) 2018.10.25 画像・写真 デビューから2年がたち、ダイナミクス性能のさらなる熟成を目指してマイナーチェンジが施された「ホンダNSX」。「クルバレッド」と新色「サーマルオレンジ・パール」をまとう最新型の姿を写真で紹介する。
  • ホンダNSX(その1) 2016.8.25 画像・写真 ホンダの新型「NSX」を発表。専用設計の3.5リッターV6ツインターボエンジンと3基のモーターからなるハイブリッドシステム「スポーツハイブリッドSH-AWD」を搭載し、11年ぶりに復活した高性能スポーツモデルの姿を写真で紹介する。
  • マクラーレンGT(MR/7AT)【海外試乗記】 2019.9.25 試乗記 圧倒的な動力性能を持つスーパーカーでありながら、快適性や利便性も徹底追求したという「マクラーレンGT」。南仏コート・ダジュールでそのステアリングを握った筆者は、新機軸というべき走りに驚かされたのだった。
  • マクラーレン720Sスパイダー(MR/7AT)【海外試乗記】 2019.3.1 試乗記 マクラーレンの新たなオープントップモデル「720Sスパイダー」に試乗。先行デビューしたクーペ「720S」とは違ったドライビングプレジャーや、両車に共通する走りの特徴について、アメリカ・アリゾナ州から報告する。
  • メルセデス・ベンツEQC400 4MATIC(4WD)【試乗記】 2019.10.10 試乗記 メルセデス・ベンツ初の量産型電気自動車「EQC」が、日本の道を走りだす――興味津々でステアリングを握った筆者は、従来の常識では予想できなかった、その動力性能や静粛性に時代の変化を感じたのだった。
ホームへ戻る