【トミカプレミアムNo.21】ホンダNSXタイプR

2017.08.09 トミカ大写真展

高出力のV6エンジンをミドシップレイアウトで搭載する高性能スポーツカーとして、1990年に登場した「ホンダNSX」。アルミモノコックボディーがもたらす高い運動性能と、過去に例のないドライバー中心の車両設計は、世界中のスーパーカーに影響をもたらした。

*解説は実車のもの

【トミカ スペック】
スケール:1/60
パッケージサイズ:全長×全幅×全高=78×41×39mm
可動箇所:サスペンション
タカラトミーモール価格:864円

ホンダ NSX の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダNSXタイプS 2021.8.30 画像・写真 「ホンダNSX」に最終モデルの「タイプS」が登場。従来のNSXより高められた動力性能が特徴で、販売台数はグローバルで350台、日本では30台となっている。2代目NSXのファイナルバージョンにして、貴重なエボリューションモデルの姿を写真で紹介する。
  • ホンダが「NSXタイプS」を発表 30台限定のエボリューションモデル 2021.8.30 自動車ニュース ホンダが現行型「NSX」の最終モデル「NSXタイプS」を発表。パワーユニットやシャシーの改良、空力特性の改善などを通して、動力性能の向上が図られており、鈴鹿サーキットでは従来のNSXより2秒速いラップタイムを実現しているという。
  • ホンダNSXタイプS(2004年モデル) 2021.8.30 画像・写真 いよいよ正式発表された2代目「ホンダNSX」の最終モデル「タイプS」。実車が日本初公開された会場には、初代NSXタイプS(後期型)も展示されていた。今や貴重な初代のライトウェイトバージョンを、2代目タイプSの商品説明会の様子とともに紹介する。
  • シボレー・コルベット コンバーチブル(MR/8AT)【試乗記】 2021.9.18 試乗記 ミドシップ化によって高い運動性能を獲得した新型「シボレー・コルベット」。その実力は、電動ハードトップを備えた「コンバーチブル」でも変わらない。とくに峠道では、オープンエアの心地よさに加え、C8の底知れないポテンシャルも感じることとなった。
  • 第215回:遥かなる『宇宙戦艦ヤマト』 2021.9.13 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。2代目「ホンダNSX」の生産が2022年12月に終了する。鳴り物入りで登場し、これまでの通算販売台数は2558台。ハイテクを満載した大和魂あふれるミドシップモデルは、なぜ短命に終わったのか。
ホームへ戻る