第429回:「ジャガーEペース」が華々しくデビュー
ロンドンで開催されたワールドプレミアイベントに参加して

2017.08.07 エディターから一言
ジャガーの新型コンパクトSUV「Eペース」。
ジャガーの新型コンパクトSUV「Eペース」。拡大

英ジャガー・ランドローバーは去る7月、新型コンパクトSUV「ジャガーEペース」のワールドプレミアイベントをロンドンで開催した。会場には大勢のセレブが駆けつけたほか、女性ボーカリストによるライブが催されるなど華々しいものとなった。その模様をリポートする。

カバーをかぶった状態でも、スポーティーなプロポーションをうかがい知ることができる。
カバーをかぶった状態でも、スポーティーなプロポーションをうかがい知ることができる。拡大
“スポーツカーらしさ”は兄貴分である「Fペース」に勝るとも劣らない。
“スポーツカーらしさ”は兄貴分である「Fペース」に勝るとも劣らない。拡大
「Fペース」や「Fタイプ」との共通性を感じさせるテールランプ。
「Fペース」や「Fタイプ」との共通性を感じさせるテールランプ。拡大
遊び心も十分! ウインドシールドの下端にはジャガーの親子がプリントされている。
遊び心も十分! ウインドシールドの下端にはジャガーの親子がプリントされている。拡大

スポーティーなエクステリア

名称そのものが「Fペース」の弟分であることを示唆する、ブランニューモデルのEペース。かねて噂されていたジャガーの新SUVが、かつては英国モーターショーも開催されたロンドン東部のコンベンションセンター、エクセルロンドンで、去る7月13日に華々しく発表された。

ジャガー自らが“コンパクトパフォーマンスSUV”とキャラクターを紹介するこのモデルは、直近では前年度比で80%以上の増と報告される世界販売台数に貢献をした初のSUVであるFペースに続き、このブランドのさらなる飛躍に寄与することを期待されるもの。ちなみにジャガーでは、2018年の生産開始が発表されている電気自動車「Iペース」を含めたこれら3タイプのSUVを、“ペースファミリー”と称している。

世界から訪れた多くのゲストを前に発表会の舞台上に用意されたEペースは、薄いベールをかぶせられた状態でも“スポーツカーメーカー”の作品にふさわしい流麗さが印象的。同時に、直立した逆台形調楕円(だえん)のグリルや絞り込みの強いキャビン後端、強い傾斜が与えられたリアウィンドウなどが、ジャガーブランドとしてのDNAを強くほうふつとさせるプロポーションの持ち主だ。

実際、いよいよアンベールをされてみれば、そんな事前の印象は見事に的中。SUVらしく逞(たくま)しいロワーボディーの造形に対して、躍動感に富んだアッパーボディー部分の仕上がりは、まさに「4ドアクーペのそれ」と表現しても過言ではないもの。一見してジャガーの家族であることが明白な、そこに織り込まれた“スポーツカーらしさ”は、兄貴分であるFペースに勝るとも劣らない。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジャガーIペース ファーストエディション(4WD)/IペースSE(4WD)【試乗記】 2019.4.4 試乗記 いよいよ日本に導入された、ジャガーの100%電気自動車(EV)「Iペース」。エンジンを搭載しないEVならではのスタイリングをまとうニューモデルは、スポーツカーを出自とするジャガーの名に恥じないクルマに仕上がっていた。
  • ジャガーIペースHSE(4WD)【試乗記】 2019.6.3 試乗記 欧州カー・オブ・ザ・イヤーにも輝いたジャガーのEV「Iペース」は、他のEVや従来のジャガー車とどう違う? 市街地や高速道路を走らせてわかった“エレクトリック・パフォーマンスSUV”の乗り味を報告する。
  • 第40回:ジャガーIペース(前編) 2019.7.10 カーデザイナー明照寺彰の直言 ジャガーからブランド初の100%電気自動車(EV)「Iペース」が登場。SUVのようにも、ハッチバックのようにも見える400psの快速EV。そのデザインに込められた意図とは? EVデザインのトレンドを踏まえつつ、現役の自動車デザイナー明照寺彰が語る。
  • BMW X5 xDrive35d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.7.4 試乗記 BMWのSAV(スポーツアクティビティービークル)「X5」の新型がいよいよ日本に上陸。世の中にプレミアムSUVというジャンルを生み出した、いわばパイオニアというべきモデルの最新バージョンは、今もなおカテゴリーリーダーといえる実力を備えているのだろうか。
  • フィアット500Xクロス(FF/6AT)【試乗記】 2019.6.19 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」が、デビューから5年を経てマイナーチェンジを受けた。エクステリアデザインに手が加わるとともに、新世代の1.3リッター直4ターボエンジンが採用されたイタリアンSUVの出来栄えをチェックする。
ホームへ戻る