クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第518回:いまや欧米でも“街の顔”
20周年を迎えた「プリウス」に思う

2017.09.08 マッキナ あらモーダ!

ヒット映画のヒロインの愛車

2017年に日本で注目を集めた米国映画の代表例といえば『ラ・ラ・ランド』だろう。

ロサンゼルスでジャズミュージシャンを志す男セブ(ライアン・ゴズリング)と女優を目指すミア(エマ・ストーン)の、甘くも切ない恋を描いた物語である。久々にミュージカル映画の王道を行く作品だ。個人的には、1967年のフランス映画『ロシュフォールの恋人たち』以来の名作だと思う。

セブの“足”は、古くさいOHVサウンドを響かせるビュイックのオープンモデルである。

ボク自身も、東京時代は音大生の分際でいっぱしのアーティストを気取り、社会人となってからはビュイックを乗りまわしていた。しかしそのかたわらで、常にガールフレンドたちのほうが、生きていくのがうまかった。セブの姿に自分を重ね合わせてしまい、どこか悲しくなってくる。

一方でヒロインのミアが乗るのは、トヨタの2代目「プリウス」である。レッカー移動されてしまったり、失意のうちに故郷に帰る足になったりと、重要なシーンにたびたび登場する。

ラブストーリーで名脇役を務めた日本車としては、1984年の『恋におちて』で不倫妻役を演じたメリル・ストリープが乗っていた、3代目“ワンダー”「シビック」以来の快挙ではないか。

そのプリウスが2017年に誕生20周年を迎えたのは、多くの読者が知るところである。そこで今回は、アメリカとヨーロッパにおけるプリウスの話をしよう。

ロサンゼルスのステープル・センター前にて。3代目「プリウス」と「プリウスV」(日本名「プリウスα」)のタクシー。
ロサンゼルスのステープル・センター前にて。3代目「プリウス」と「プリウスV」(日本名「プリウスα」)のタクシー。拡大
ラスベガスのモーテルにたたずんでいた3代目「トヨタ・プリウス」。
ラスベガスのモーテルにたたずんでいた3代目「トヨタ・プリウス」。拡大
スイス・ルツェルン郊外シュタンスに住むマリオ・マティス氏の「プリウス」。
スイス・ルツェルン郊外シュタンスに住むマリオ・マティス氏の「プリウス」。拡大
マティス氏は航空機メーカー勤務。「プリウス」の納車直後はうれしさのあまり、イタリアのナポリまで2000kmのドライブを楽しんだという。
マティス氏は航空機メーカー勤務。「プリウス」の納車直後はうれしさのあまり、イタリアのナポリまで2000kmのドライブを楽しんだという。拡大
トヨタ プリウス の中古車

セレブのシンボルから街のシンボルへ

現実のロサンゼルスで頻繁に見かけるものといえば、個人用のプリウスと、UBERのステッカーを貼ったプリウスだ。その経済性からライドシェアビジネスにおける、採算性の高いモデルとして認識されている証拠である。

同時に、交差点に立っていて時折出くわすのはボロボロになった2代目プリウスだ。 

中には、オーディオのボリュームを最大に上げ、ラップミュージックに合わせて体をゆさゆさしているドライバーもいる。かつて古くて巨大な、フルサイズの中古車でやっていたスタイルを、そのままプリウスにも持ち込んでいるのが面白い。

思えば、かつてレオナルド・ディカプリオ、キャメロン・ディアスをはじめとするハリウッドのセレブリティーたちが2代目プリウスにいち早く乗ってエコフレンドリーであることをアピールした。

あれから10年以上。今日、プリウスが西海岸の人々の生活にすっかり溶け込んでいるのは、まぎれもない事実である。

ロサンゼルス空港で。何気なくシャッターを切るだけで、何台もの「プリウス」が写り込む。
ロサンゼルス空港で。何気なくシャッターを切るだけで、何台もの「プリウス」が写り込む。拡大
2017年4月の上海自動車ショーで、トヨタブースに設けられた歴史コーナーにて。
2017年4月の上海自動車ショーで、トヨタブースに設けられた歴史コーナーにて。拡大
ラスベガスのエレクトロニクス見本市「CES2016」で。トヨタやNTTなどの共同研究による「時間が経過するとともに学習するクルマ」のデモには、3代目「プリウス」のミニチュアが使われた。
ラスベガスのエレクトロニクス見本市「CES2016」で。トヨタやNTTなどの共同研究による「時間が経過するとともに学習するクルマ」のデモには、3代目「プリウス」のミニチュアが使われた。拡大

欧州での始まりは「環境意識の高い人」

次にアメリカよりもちょっと遅れて普及し始めたヨーロッパに目を向けてみる。プリウスはまず、大都市のタクシーとして普及し始めた。2代目プリウスが登場したのと時を同じくする。

イタリアでは自治体の大規模な環境対策制度との相乗効果があった。この国のタクシー業界で大半を占める個人タクシーのドライバーが、ハイブリッド車を購入する際に、補助金が支給されたのである。

やがて、欧州でもメカニズムに興味を持っていたり、環境意識の高い人が徐々にプリウスに乗り始めた。

筆者の知るヨーロッパ各地のプリウスオーナーも、醸造学者、教員、航空機メーカーの職員……といった職業の人たちだ。

加えて、プリウス支持者の中には、以前から熱心なトヨタファンという人も見受けられる。ボクの知人の保険代理店社長(今年57歳)などは、まさにその代表例である。若き日に「ランドクルーザー」に魅せられて以来、トヨタ車を常にガレージに1台おさめてきた。すでに新型プリウスをオーダーしていて、現在納車待ちだ。

本人によると、特に「アダプティブクルーズコントロールを含むToyota Safety Senseを使うのを今から楽しみにしている」という。

ヨーロッパでトヨタのハイブリッドは、まずタクシー需要から評価を高めていった。これはボクが住むイタリア・シエナでのショット。この街のタクシーは個人営業だが、このとき並んでいたのは、すべてトヨタ製ハイブリッド車であった。2016年12月。
ヨーロッパでトヨタのハイブリッドは、まずタクシー需要から評価を高めていった。これはボクが住むイタリア・シエナでのショット。この街のタクシーは個人営業だが、このとき並んでいたのは、すべてトヨタ製ハイブリッド車であった。2016年12月。拡大
シエナの旧市街で。坂道から姿を現した3代目「プリウス」。
シエナの旧市街で。坂道から姿を現した3代目「プリウス」。拡大
長年日本車を愛好する、保険代理店オーナーのカルロ・クレスティ氏。現在は「オーリスハイブリッド」に乗りながら、新型「プリウス」の納車を待っている。
長年日本車を愛好する、保険代理店オーナーのカルロ・クレスティ氏。現在は「オーリスハイブリッド」に乗りながら、新型「プリウス」の納車を待っている。拡大

イタリア人セールスマンは振り返る

ボクが住むシエナのトヨタ販売店「ユーロモーター」のジャンカルロ・パンドルフィ氏は、「まずハイブリッドの概念をお客さまに理解してもらうのに時間がかかりましたね」と振り返る。

たしかに、日本では2代目プリウスの頃には、ハイブリッドが内燃機関と電気モーターを組み合わせたものであることが、すでに大半の人に認知されていた。

一方イタリアでは、それなりにメカニズムに関心がある人でも、ハイブリッドといえば、この地に第2次大戦後から存在するガソリンエンジン+ガス(LPGもしくは天然ガス)仕様車だと思う人が少なからず存在した。

営業担当のロベルト・カッペッリ氏は、別の苦労話を紹介した。「ハイブリッド以前に、オートマチックトランスミッション(AT)の快適さを実感してもらうことから始めました」。

いまだATがマイノリティーの国ならではのエピソードだ。しかし、彼らがプリウスを売るために積み重ねた努力が、今日の「C-HR」の人気にまでつながっている。

イタリアにおける最新のキャンペーンは「ハイブリッド車なら駐車料金が無料」である。環境対策車であればさまざまな都市で路上の有料ゾーンが無料になることをアピールしたものだ。

トヨタ モーター イタリアの統計によると、今日この国におけるトヨタ車購入者のうち、なんと60%がハイブリッド車を選んでいる。ヨーロッパ全体では、すでにトヨタはプリウスを含む150万台のハイブリッド車を販売している。もちろん欧州各国のハイブリッド車販売実績において、トヨタはトップである。

イタリア・シエナにあるユーロモーターの、ジャンカルロ・パンドルフィ社長。トヨタの地区販売代理権を獲得したのは、米国旅行でトヨタ車の人気を目の当たりにしたのが理由という。
イタリア・シエナにあるユーロモーターの、ジャンカルロ・パンドルフィ社長。トヨタの地区販売代理権を獲得したのは、米国旅行でトヨタ車の人気を目の当たりにしたのが理由という。拡大
ユーロモーターの営業担当ロベルト・カッペッリ氏。自分の商談スペースには、座右の銘「改善」が掲げられている。
ユーロモーターの営業担当ロベルト・カッペッリ氏。自分の商談スペースには、座右の銘「改善」が掲げられている。拡大
フランス・パリのソルボンヌ大学近くで目撃した新型「プリウス」。2017年2月。
フランス・パリのソルボンヌ大学近くで目撃した新型「プリウス」。2017年2月。拡大

未来の映画のマストアイテム?

カリフォルニア州が2018年に施行する「ゼロ・エミッション・ビークル(ZEV)優遇制度」で、ハイブリッド車はその適応外となる。ヨーロッパ各国でも、ガソリンおよびディーゼルエンジンを搭載した車両の、将来的な販売禁止が次々と打ち出され始めた。

プリウスをはじめとするトヨタのハイブリッド車にとって予断を許さない状況になりつつあるが、このクルマが築いた20年は自動車史にとって記念すべきものであろう。事実ヘンリー・フォード・ミュージアムには、すでに初代プリウスが展示されている。

映画に話題を戻せば、将来プリウスは、21世紀初頭の街角シーンを再現するにあたり、これまでのニューヨークにおけるチェッカー製タクシーと同様、マストアイテムになるだろう。

蛇足ながら『ラ・ラ・ランド』でもうひとつ。この映画は、ロサンゼルスのフリーウェイにおける朝の大渋滞シーンから始まる。

並ぶクルマに目をこらせば、水色の「トヨペット・コロナ マークII」のバンとともに、オレンジ色の3代目「トヨタ・カローラ」、通称30(サンマル)型も発見することができる。

30型カローラといえば、1980年代初頭の日米貿易摩擦の際、アメリカの自動車工場労働者たちが、このクルマをハンマーでたたきのめしたあげく穴に突き落とした、有名なニュース映像を思い出す。

同じブランドのプロダクトが今日、“エコフレンドリー・カーの旗手”となっているのには、クルマ史を追ってきた者のひとりとして感慨深いものがある。

(文と写真=大矢アキオ<Akio Lorenzo OYA>/編集=関 顕也)

スイス・ジュネーブで。
スイス・ジュネーブで。拡大
スペイン・バルセロナのタクシー指定色である黄色と黒に塗られた「プリウス」。2017年6月。
スペイン・バルセロナのタクシー指定色である黄色と黒に塗られた「プリウス」。2017年6月。拡大
米国ディアボーンのヘンリー・フォード・ミュージアムに常設展示されている初代「プリウス」。
米国ディアボーンのヘンリー・フォード・ミュージアムに常設展示されている初代「プリウス」。拡大
この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

トヨタ プリウス の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。