第518回:いまや欧米でも“街の顔”
20周年を迎えた「プリウス」に思う

2017.09.08 マッキナ あらモーダ!

ヒット映画のヒロインの愛車

2017年に日本で注目を集めた米国映画の代表例といえば『ラ・ラ・ランド』だろう。

ロサンゼルスでジャズミュージシャンを志す男セブ(ライアン・ゴズリング)と女優を目指すミア(エマ・ストーン)の、甘くも切ない恋を描いた物語である。久々にミュージカル映画の王道を行く作品だ。個人的には、1967年のフランス映画『ロシュフォールの恋人たち』以来の名作だと思う。

セブの“足”は、古くさいOHVサウンドを響かせるビュイックのオープンモデルである。

ボク自身も、東京時代は音大生の分際でいっぱしのアーティストを気取り、社会人となってからはビュイックを乗りまわしていた。しかしそのかたわらで、常にガールフレンドたちのほうが、生きていくのがうまかった。セブの姿に自分を重ね合わせてしまい、どこか悲しくなってくる。

一方でヒロインのミアが乗るのは、トヨタの2代目「プリウス」である。レッカー移動されてしまったり、失意のうちに故郷に帰る足になったりと、重要なシーンにたびたび登場する。

ラブストーリーで名脇役を務めた日本車としては、1984年の『恋におちて』で不倫妻役を演じたメリル・ストリープが乗っていた、3代目“ワンダー”「シビック」以来の快挙ではないか。

そのプリウスが2017年に誕生20周年を迎えたのは、多くの読者が知るところである。そこで今回は、アメリカとヨーロッパにおけるプリウスの話をしよう。

ロサンゼルスのステープル・センター前にて。3代目「プリウス」と「プリウスV」(日本名「プリウスα」)のタクシー。
ロサンゼルスのステープル・センター前にて。3代目「プリウス」と「プリウスV」(日本名「プリウスα」)のタクシー。拡大
ラスベガスのモーテルにたたずんでいた3代目「トヨタ・プリウス」。
ラスベガスのモーテルにたたずんでいた3代目「トヨタ・プリウス」。拡大
スイス・ルツェルン郊外シュタンスに住むマリオ・マティス氏の「プリウス」。
スイス・ルツェルン郊外シュタンスに住むマリオ・マティス氏の「プリウス」。拡大
マティス氏は航空機メーカー勤務。「プリウス」の納車直後はうれしさのあまり、イタリアのナポリまで2000kmのドライブを楽しんだという。
マティス氏は航空機メーカー勤務。「プリウス」の納車直後はうれしさのあまり、イタリアのナポリまで2000kmのドライブを楽しんだという。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る