第519回:新型「リーフ」ついに誕生!
寝ずに待ってた欧州のファンが第一印象を語る

2017.09.15 マッキナ あらモーダ!

みんなこの日を待っていた

新型「日産リーフ」が2017年9月6日に発表された。

これまでボクは、欧州各地の初代リーフオーナーに会うたび、「新型はいつ登場するの?」「航続距離は?」などと聞かれた。「私は『ニューモデルマガジンX』ではないッ」と言いたくなるのをこらえたものだ。

そのくせ、発表前日になるとおせっかいな性格がむくむくと頭をもたげ、「明日は日本で新型リーフの発表がありますよ」と彼らに連絡を入れてしまった。

するとどうだ。彼らからは軒並み同じ返事が返ってきた。

「うん、もちろん知ってるよ」

イタリアやフランスのリーフオーナーは、ウェブ上のフォーラムなどを通じて日々情報を共有しているのだ。

そのうち数人は「今夜は途中で起きて、日本からのライブストリーミング動画を見るよ」という。彼らにとっては、アップルの新型「iPhone」発表会に相当するイベントなのであった。

彼らに印象を聞く前に、まずは欧州の自動車情報サイトをチェックしてみた。

フランスの『ロト・ジュルナール』はトップ扱いで、それは2日後の2017年9月8日まで続いた。

同じフランスの『オトピリュス』は2段目、イタリアの『オムニアウト』は3段目、『クアトロルオーテ』は8段目あたりでの扱いだった。フランクフルトモーターショー直前で新型車のニュースがあふれていることや、まだリーフの実車が上陸していないことなどを考えれば、まずまずの“取り上げ度”といえよう。

2017年9月6日に発表された、新型「日産リーフ」。傍らに立つのは、日産自動車の西川廣人(さいかわ ひろと)社長兼CEO。
2017年9月6日に発表された、新型「日産リーフ」。傍らに立つのは、日産自動車の西川廣人(さいかわ ひろと)社長兼CEO。拡大
新型「リーフ」のインテリア。初代モデルよりもスマートに各部の操作ができるよう配慮したという。
新型「リーフ」のインテリア。初代モデルよりもスマートに各部の操作ができるよう配慮したという。拡大
こちらは初代「リーフ」。イタリア中部におけるワンシーン。
こちらは初代「リーフ」。イタリア中部におけるワンシーン。拡大
初代「リーフ」のイタリア仕様車のメーターパネル。
初代「リーフ」のイタリア仕様車のメーターパネル。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。1996年からシエナ在住。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして語学テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。21年にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも怪気炎をあげている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。YouTube『大矢アキオのイタリアチャンネル』ではイタリアならではの面白ご当地産品を紹介中。

日産 リーフ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「日産リーフ」一部仕様変更 フラットデザインの新たなブランドエンブレムに 2021.4.19 自動車ニュース 日産自動車は2021年4月19日、電気自動車「日産リーフ」の一部仕様を変更するとともに新グレード「アーバンクロム」を追加設定し、同年夏に発売すると発表した。
  • 日産リーフG(FF)【試乗記】 2018.1.4 試乗記 発売以来、好調なセールスが伝えられる新型「日産リーフ」。充電の手間や航続距離など、さまざまな課題もあるEVの中で、多くの支持を集めるのはなぜか。クローズドコースと一般道で試乗し、その価値について考えた。
  • 新型「日産リーフ」ワールドプレミアイベントの会場から 2017.9.6 画像・写真 日産のEV「リーフ」がフルモデルチェンジ。2代目となる新型は、一新されたデザインや400kmにまで延びたという航続距離、さらに先進運転支援システム「プロパイロット」の搭載など、全方位的な進化を遂げた。千葉・幕張メッセで行われたワールドプレミアイベントの様子を写真で紹介する。
  • スペック的にはお買い得なのに? 「日産リーフ」が苦境を迎えている理由 2021.2.24 デイリーコラム 日本を代表する電気自動車である「日産リーフ」の販売台数がここにきて急落している。航続可能距離322kmで332万円からというスペックは、最新のライバル車と比較しても決してヒケをとらないのだが……。苦戦の理由を清水草一が考えた。
  • 日産リーフNISMO(FWD)【試乗記】 2020.7.23 試乗記 ピュアEV「日産リーフ」のマイナーチェンジに合わせ、チューンドコンプリートモデル「リーフNISMO」も進化。ステアリングギアボックスやサスペンションを改良し磨きをかけたという走りを、同社のテストコース「グランドライブ」で確かめた。
ホームへ戻る