第519回:新型「リーフ」ついに誕生!
寝ずに待ってた欧州のファンが第一印象を語る

2017.09.15 マッキナ あらモーダ!

みんなこの日を待っていた

新型「日産リーフ」が2017年9月6日に発表された。

これまでボクは、欧州各地の初代リーフオーナーに会うたび、「新型はいつ登場するの?」「航続距離は?」などと聞かれた。「私は『ニューモデルマガジンX』ではないッ」と言いたくなるのをこらえたものだ。

そのくせ、発表前日になるとおせっかいな性格がむくむくと頭をもたげ、「明日は日本で新型リーフの発表がありますよ」と彼らに連絡を入れてしまった。

するとどうだ。彼らからは軒並み同じ返事が返ってきた。

「うん、もちろん知ってるよ」

イタリアやフランスのリーフオーナーは、ウェブ上のフォーラムなどを通じて日々情報を共有しているのだ。

そのうち数人は「今夜は途中で起きて、日本からのライブストリーミング動画を見るよ」という。彼らにとっては、アップルの新型「iPhone」発表会に相当するイベントなのであった。

彼らに印象を聞く前に、まずは欧州の自動車情報サイトをチェックしてみた。

フランスの『ロト・ジュルナール』はトップ扱いで、それは2日後の2017年9月8日まで続いた。

同じフランスの『オトピリュス』は2段目、イタリアの『オムニアウト』は3段目、『クアトロルオーテ』は8段目あたりでの扱いだった。フランクフルトモーターショー直前で新型車のニュースがあふれていることや、まだリーフの実車が上陸していないことなどを考えれば、まずまずの“取り上げ度”といえよう。

2017年9月6日に発表された、新型「日産リーフ」。傍らに立つのは、日産自動車の西川廣人(さいかわ ひろと)社長兼CEO。
2017年9月6日に発表された、新型「日産リーフ」。傍らに立つのは、日産自動車の西川廣人(さいかわ ひろと)社長兼CEO。拡大
新型「リーフ」のインテリア。初代モデルよりもスマートに各部の操作ができるよう配慮したという。
新型「リーフ」のインテリア。初代モデルよりもスマートに各部の操作ができるよう配慮したという。拡大
こちらは初代「リーフ」。イタリア中部におけるワンシーン。
こちらは初代「リーフ」。イタリア中部におけるワンシーン。拡大
初代「リーフ」のイタリア仕様車のメーターパネル。
初代「リーフ」のイタリア仕様車のメーターパネル。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産リーフe+ G(FF)【試乗記】 2019.5.7 試乗記 電気自動車「日産リーフ」のラインナップに新たに加わった、大容量バッテリー搭載の上級モデル「e+」。「JC08モードで570km」という一充電走行距離が注目されているが、その進化は動力性能や“走りの質”など、多岐にわたるものだった。
  • 日産リーフe+(FF)【試乗記】 2019.3.7 試乗記 「日産リーフ」の高性能モデル「リーフe+」に試乗。バッテリーとモーターを大幅に強化し、航続距離は4割アップの458km! さらなる自由を手に入れた追加モデルの実力は? テスラ車との比較を交えてリポートする。
  • 特別仕様車「日産リーフX Vセレクション」発売 「プロパイロット」などの人気オプションを標準装備 2019.7.25 自動車ニュース 日産自動車は2019年7月25日、電気自動車「リーフ」に特別仕様車「X Vセレクション」を設定し、販売を開始した。40kWhの駆動用バッテリーを搭載した「X」グレードをベースに、運転支援技術「プロパイロット」などを標準装備した。
  • 日産リーフNISMO(FF)【試乗記】 2018.10.25 試乗記 日産の電気自動車「リーフ」に、スポーティーな走りが身上の「NISMO」バージョンが登場。世にも珍しい電動ホットハッチはどのような走りを見せるのか? “エコ”と“楽しさ”を同時にうたう一台の出来栄えを確かめた。
  • 新型「日産リーフ」ワールドプレミアイベントの会場から 2017.9.6 画像・写真 日産のEV「リーフ」がフルモデルチェンジ。2代目となる新型は、一新されたデザインや400kmにまで延びたという航続距離、さらに先進運転支援システム「プロパイロット」の搭載など、全方位的な進化を遂げた。千葉・幕張メッセで行われたワールドプレミアイベントの様子を写真で紹介する。
ホームへ戻る