クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第520回:大矢アキオのフランクフルトショー2017(前編)
自動車が『文春』にコネクトされる日がやってくる!?

2017.09.22 マッキナ あらモーダ!

本当に“ぶっちぎった”日産

毎度のことながら、フランクフルトショーに赴くときの心境は複雑だ。

イタリアではまだ海に遊びに行ける季節なのに、アルプスを越えただけで気温が一気に10度近く下がる。おかげで夏休みモードが吹っ飛び、仕事モードへのギアチェンジを迫られる。

しかし世界の自動車ショーの中でも、フランクフルトはトレンドを占う格好のショーだけに、期待が高まるのも毎回同じだ。特に近年は毎日のように「自動運転車が登場したら1日でも早く欲しい」と思っているがゆえに、ドイツ主要ブランドのコンセプトカーから目が離せない。

第67回となる今回のテーマは「Future Now」だ。日本語にすれば「未来なう」といったところである。

ドイツ自動車工業会のマティアス・ヴィースマン会長によると、今回はワールドプレミアが228(前回は219)、欧州プレミアが64、そしてドイツ国内プレミアが32という。

ただし今回はFCA、プジョー、三菱、そしてインフィニティを含む日産などが参加しなかった。「いよッ、これが本当の『ぶっちぎれ 技術の日産』か」と、くだらないことを思いついたのはともかく、2014年12月にモーターショー出展削減を発表したボルボにならう動きは、今も続いている。

それはともかく、奇抜な手法をみせてくれたのは三菱だ。メインゲートのすぐ脇のレストランの軒先に車両を展示したのだ。晴海時代の東京モーターショーを知る筆者としては、会場のすぐそばで、会期中独自に展示会を催していた日産プリンスの販売店を思い出した(日産そのものは会場内にも出展していたが)。今回の三菱はメーカーがある程度関与しているのか、それとも現地販社の独断かは不明だが、こうした“ゲリラ戦法”は今後、模倣組が出てくるかもしれない。

フランクフルトモーターショー2017の会場から。フォルクスワーゲンは「T-Roc」を新型市販モデルの主役としてアピールした。コンパクトなBセグメントのクロスオーバーというコンセプトは、今から成功をイメージさせる。
フランクフルトモーターショー2017の会場から。フォルクスワーゲンは「T-Roc」を新型市販モデルの主役としてアピールした。コンパクトなBセグメントのクロスオーバーというコンセプトは、今から成功をイメージさせる。拡大
BMWのプレスブリーフィングから。EVライン「i」シリーズにおいて近い将来中核となる「iビジョンダイナミクス」(写真中央)が公開された。
BMWのプレスブリーフィングから。EVライン「i」シリーズにおいて近い将来中核となる「iビジョンダイナミクス」(写真中央)が公開された。拡大

フランクフルトショー会場のエントランス脇、レストランの前に設営された三菱自動車のテント。


	フランクフルトショー会場のエントランス脇、レストランの前に設営された三菱自動車のテント。
	拡大

クルマを減らす自動車メーカー!?

すでにさまざまなメディアで報道されているとおり、今回のフランクフルトでは、EVや自動運転を前面に出した最新コンセプトカーが主役となった。

それに付随するトレンドのひとつは、対向車や歩行者にメッセージを表示する車外ディスプレイである。2017年1月に開催されたラスベガスのエレクトロニクスショー「CES 2017」に続くものといってよい。

ホンダの「アーバンEVコンセプト」に至っては、顔文字まで表示していた。サプライヤーの一部にも、これに追従する技術展示が見られた。

しかし、こうしたものが灯火類として、さまざまな仕向け地における厳しいホモロゲーションをパスできるのか? ダイムラーの「スマート・ビジョンEQフォーツー」のデザイナーに聞いてみた。すると「1本の時間軸の片方にコンセプト、片方にリアルを置くなら、現段階では限りなくコンセプト」といった答えが返ってきた。

各国でこうした車外ディスプレイが認可されても、日本だけは保安基準の壁にぶち当たり、その部分には謎の黒いプラスチック板が……などと想像し、悪寒がしてしまうのはボクだけか。
 
そのダイムラーのディーター・ツェッチェ会長は、スマート・ビジョンEQフォーツーについて、こんな展望も示した。「ベルリンのような都市で、弊社が展開しているカーシェアリング『CAR2GO』に、インテリジェントにコントロールされた自動運転車を導入した場合、1100台の車両を500台にまで減らせる。もしくは、現在の台数を維持しながら、倍の人数を運ぶことができる」とコメントしたのだ。

クルマを減らすことを後押しする自動車メーカーとは。

4年前だったと記憶するが、同じフランクフルトでツェッチェ会長は「私たちの使命は、お客さまを目的地へ安全に送り届けることです」とスピーチした。あまりにも普通、かつ最も基本的な責務を明らかにしたのは印象的だったが、今回の発言はそれに次ぐインパクトを持っていた。

自動車製品の技術や品質の向上だけでなく、都市全体の未来図を描いているあたり、ダイムラーの面目躍如といえる。

ホンダの「アーバンEVコンセプト」。力強い前後フェンダーアーチをはじめ、デザインは初代「シビック」から着想を得たのは明らかである。
ホンダの「アーバンEVコンセプト」。力強い前後フェンダーアーチをはじめ、デザインは初代「シビック」から着想を得たのは明らかである。拡大
「ホンダ・アーバンEVコンセプト」のフロントに設けられたディスプレイ。顔文字が表示されている。ただし外国人にはどこまで伝わるか、興味深いところ。
「ホンダ・アーバンEVコンセプト」のフロントに設けられたディスプレイ。顔文字が表示されている。ただし外国人にはどこまで伝わるか、興味深いところ。拡大
スマートのカーシェアリング用完全自動運転EV「ビジョンEQフォーツー」。フロントのディスプレイは、これから利用するユーザーの顔写真を映し出して迎える。
スマートのカーシェアリング用完全自動運転EV「ビジョンEQフォーツー」。フロントのディスプレイは、これから利用するユーザーの顔写真を映し出して迎える。拡大
「スマート・ビジョンEQフォーツー」。インテリジェントで効率的な配車によって、シェアリング車両の数を抑えることも示唆されている。
「スマート・ビジョンEQフォーツー」。インテリジェントで効率的な配車によって、シェアリング車両の数を抑えることも示唆されている。拡大

コネクティビティーの闇を知る

電動化、自動運転、シェアリングと並んで各社が強調したのは、コネクティビティーである。AIの活用や、ナビゲーションとの連携を目玉にしたシステムが、さまざまなメーカーやサプライヤーから提案された。

ドライバーの行動パターンを察知し、いわばオーナーに先回りしてルートを設定する「アウディA8」のナビゲーションシステムなどはその一例である。今後は自動運転技術と歩調をあわせ、さらに進化してゆくカテゴリーだ。

しかしながら、ハッキングへの心配がつきまとう。2015年に米国で「ジープの乗っ取り実験」が成功し、対策としてソフトウエアのリコールが実施されたのは記憶に新しい。

スイスとイスラエルに拠点をもつ自動車向けサイバーセキュリティー企業「OSRエンタープライズ」の技術者モシェ・ニッサン氏に話を聞いてみた。ニッサン(Nissan)といっても日産ではない。姓である。

ニッサン氏によれば、「ハッキングにより、車載レーダーへの介入やアクセレレーションなどの遠隔操作が可能」とのこと。

さらに恐ろしいことに「例えば同じブランドのクルマを同じ時刻に一斉にストップさせることも、技術的には十分可能なのです」という。それらは今日、ハッカーでなくとも、しかるべき知識があれば十分できると説明する。

ハッキング予防のサイバー手段としては、外部からの侵入遮断のほかに、侵入者の予想・分析が必須で、防御システムの「開発」「作動」「アップデート」それぞれを徹底する必要があると説く。

全体的な構想としては、「ハードがソフトを守り、ソフトがハードを守る循環を絶え間なく続けるシステム作りが求められます」とわかりやすく説明する。

顔料やOLEDのスペシャリストとして知られるメルク社のブースで。プラスチックパネルの背面からLEDやOLEDを透過させ、グラフィックを表現する提案。
顔料やOLEDのスペシャリストとして知られるメルク社のブースで。プラスチックパネルの背面からLEDやOLEDを透過させ、グラフィックを表現する提案。拡大
OSRエンタープライズのブースで。頂上の透明ドーム部分に入っているのが、同社が提案する車両用AIとセキュリティー双方をつかさどる「オートモーティブAIブレイン」。
OSRエンタープライズのブースで。頂上の透明ドーム部分に入っているのが、同社が提案する車両用AIとセキュリティー双方をつかさどる「オートモーティブAIブレイン」。拡大

「キャトル」や「500」がありがたくなる

同時にニッサン氏は、「自動車はデータ、つまりプライバシーを所持しながら走っていることも忘れてはなりません」という。

コネクティビティーが進化すると、当然、どこで誰と会っていたかまでクルマにデータとして蓄積されていくようになる。

トヨタがCES 2017で公開した「Concept-愛i(コンセプト・アイ)」は、コンセプト映像の中で、若い男女が車内でレストランを選んでいると、AIが「ちょうどその場所、考えてたところだ」などと口をはさむ。クルマがこんな会話をできる時代ともなれば、データが膨大に蓄積されていくのは目に見えている。

未来のクルマは「走るプライバシー」か。真剣に説明するエンジニアを前に、『週刊文春』が自動車のデータにアクセスしたら、えらいことに……などと、再度くだらないことを考えてしまった。といってデータをリセットしたら、もっと厄介なことになりそうなのは、日々PCを使っていることから容易に想像できる。

冒頭のように、早く面倒な運転から解放されたいと願うボクである。だが、そうした未来の話を聞いてしまうと、フランスやイタリアの田舎で今も見かける「ルノー・キャトル」や往年の「フィアット500」の、コネクティビティー・ゼロ&スタンド・アローンぶりが妙にありがたく思えてきたのも事実であった。

(文と写真=大矢アキオ<Akio Lorenzo OYA>/編集=関 顕也)

オランダのNXP社も、コネクティビティーとあわせて、カーセキュリティーに関する展示を行った。
オランダのNXP社も、コネクティビティーとあわせて、カーセキュリティーに関する展示を行った。拡大
メルセデス・ベンツのブース。例年通り、1909年にまで歴史をさかのぼる最も古い「フェストハッレ」パビリオンの3フロアすべてを占有し、ディスプレイを繰り広げた。
メルセデス・ベンツのブース。例年通り、1909年にまで歴史をさかのぼる最も古い「フェストハッレ」パビリオンの3フロアすべてを占有し、ディスプレイを繰り広げた。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとしてシエナ在住。NHKのイタリア語およびフランス語テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。NHK『ラジオ深夜便』では、22年間にわたってリポーターを務めている。『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり』(コスミック出版)など著書・訳書多数。最新刊は『シトロエン2CV、DSを手掛けた自動車デザイナー ベルトーニのデザイン活動の軌跡』(三樹書房)。

車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

関連キーワード

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。