マクラーレン570GT(後編)

2017.09.28 谷口信輝の新車試乗 SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回も引き続き「マクラーレン570GT」に試乗する。世にスーパースポーツカーは多いが、マクラーレンは、そしてこの570GTは、いったいどんなポジションにいるクルマなのだろうか? 谷口信輝が独自のスーパーカー論を展開する!

バイクのように軽く走っていくイメージ

570Sに続いて570GTからも「オートバイのようなフィーリング」を感じると主張する谷口信輝。前編に続いて、この点をもう少し深掘りしてみることにしよう。

「エンジン回転数を上げたときにぐわーって盛り上がるよりも、なんかターボのブーストとかでかるーく走っている感じがするんですよ。エンジンもかるーく回っていて、なんかターボ感で走っているようなイメージなんです」

ああ、なるほど。想像するに、谷口は排気量が400ccとか650ccくらいの、いわゆる国産マルチシリンダーバイクをイメージしているのではないか。つまり、エンジンが分厚いトルクを生み出しているというよりは、回転数と軽い車重を生かして軽快に加速していくあの感触と似たものを、マクラーレンに見つけ出しているのだろう。

「570GTって、エンジン音も決して大きくないですよね。ターボのせいで静かなのかもしれないけれど、でも、それはほかのマクラーレンも同じはず。だから、排気系を工夫して静粛性を高めているんでしょうね、きっと」

実はマクラーレンはガラスルーフにSSF(サウンド&ソーラー・フィルム)を貼ったり、内部にポリウレタン製スポンジを組み込んで静粛性を高めた「ピレリPゼロ」タイヤを装着したりして、キャビンをできる限り静かに保とうとしている。そんな努力の一端が、谷口にも伝わったようだ。

 
マクラーレン570GT(後編)の画像拡大
 
マクラーレン570GT(後編)の画像拡大
 
マクラーレン570GT(後編)の画像拡大
マクラーレン570GT
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4530×2095×1201mm/ホイールベース:2670mm/車重:1350kg(乾燥重量)/駆動方式:MR/エンジン:3.8リッターV8 DOHC 32バルブ ツインターボ/トランスミッション:7段AT/最高出力:570ps/7550rpm/最大トルク:600Nm/5000-6000rpm/タイヤ:(前)225/35ZR19 (後)285/35ZR20/車両本体価格:2752万7000円
マクラーレン570GT
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4530×2095×1201mm/ホイールベース:2670mm/車重:1350kg(乾燥重量)/駆動方式:MR/エンジン:3.8リッターV8 DOHC 32バルブ ツインターボ/トランスミッション:7段AT/最高出力:570ps/7550rpm/最大トルク:600Nm/5000-6000rpm/タイヤ:(前)225/35ZR19 (後)285/35ZR20/車両本体価格:2752万7000円拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ・ローマ(FR/8AT)【試乗記】 2020.11.18 試乗記 近年のフェラーリとは大きくイメージの異なる、エレガントで女性的なデザインをまとう新型4シーター「ローマ」。果たして、どんな走りが味わえるのか? 紅葉まっさかりの日本の道で、美しき跳ね馬にむちを入れた。
  • マクラーレン765LT 2020.11.5 画像・写真 マクラーレンが「765LT」を日本で公開。「720S」をベースとした高性能バージョンで、4リッターV8ターボエンジンは最高出力765PS、最大トルク800N・mを発生。0-100km/h加速は2.8秒という動力性能を誇る。新たなスーパースポーツモデルの姿を、写真で紹介する。
  • マクラーレン720Sラグジュアリー(MR/7AT)【試乗記】 2018.1.23 試乗記 最新のカーボンファイバーシャシーや最高出力720psのターボエンジンが与えられた、マクラーレンの中核モデル「720S」に試乗。歴代のマクラーレンを含む、さまざまなスーパースポーツに接してきた清水草一が、その実力を報告する。
  • マクラーレン540Cクーペ(MR/7AT)【試乗記】 2016.9.5 試乗記 マクラーレンの最新モデルにして、そのラインナップにおけるエントリーモデルの役割を担う「540C」。フェラーリともランボルギーニとも、ポルシェとも一味ちがう、英国のスポーツカーならではのドライブフィールに触れた。
  • フェラーリF8トリブート(MR/7AT)【試乗記】 2020.10.14 試乗記 「フェラーリF8トリブート」に試乗。一般公道で試す限り、この最新ミドシップベルリネッタの仕上がりに隙はまったく見られない。純粋な内燃機関車としては最後のV8モデルといううわさがあるが、その真偽は別に、フェラーリはこれでひとつの頂点に達したといえるだろう。
ホームへ戻る