第62回:謎の快音マフラーふたたび(その1)

2017.10.10 カーマニア人間国宝への道

サウンド重視のフェラーリ用マフラー

秋になった。

秋が来れば思い出す。はるかなフェラーリ、どうなった~♪

実は本当に“はるかなフェラーリ”になっていた。夏の間は、快音マフラー工房・キダスペシャルにマフラー製作を依頼し、赤い玉号こと愛機「328GTS」をずっと預けていたのである。

キダスペシャル。それは喜多 豊さんというマフラー職人がおっぱじめたマフラーブランド……というよりマフラー屋さんだ。今回はあえて“快音マフラー工房”などというこじゃれた言葉を使ってみたが、実際は、どくだみ荘的町工場とでも申しましょうか? 勘と経験に頼った完全手作りの、ものすごく原始的なマフラー工場であります。

私とキダスペシャルとの関わりは長い。私にとって最初のフェラーリである「348tb」用のマフラーを作ってもらったのが、94年春。そこから数えると23年になる。

23年前。当時、マフラーを交換するのは、よりパワーを出すためだった。マフラーだけでそんなにパワーが上がるはずもないのだが、とにかく世はまだまだパワー重視。どんだけ速くなるかがすべてであり、マフラー屋さんは、ウソでもなんでも「〇〇馬力アップ!」をうたい文句にしていた。

ところがキダスペシャルは、ズバリ、サウンド重視だった。マフラーでパワーが大増大なんてあるわけないが、音色は変えられる。楽器のように。

久々の登場、筆者の愛車「フェラーリ328GTS」。(写真=池之平昌信)
久々の登場、筆者の愛車「フェラーリ328GTS」。(写真=池之平昌信)拡大
キダスペシャルの生みの親、喜多 豊さん。
キダスペシャルの生みの親、喜多 豊さん。拡大
筆者にとって初めてのフェラーリとなった「348tb」。
筆者にとって初めてのフェラーリとなった「348tb」。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリF8トリブート(MR/7AT)【海外試乗記】 2019.10.28 試乗記 40年以上の歴史を積み重ねてきたフェラーリのV8モデルにオマージュをささげる新型車「F8トリブート」。その走りは、驚くほどの速さと乗りやすさを両立させた“チャレンジの集大成”というべきものだった。
  • フェラーリ812スーパーファスト(FR/7AT)【試乗記】 2018.10.31 試乗記 フェラーリのフラッグシップモデル「812スーパーファスト」は、その車名からも分かるように最高出力800psとなる伝統のV12エンジンをフロントミドに搭載している。限界特性を知るにはサーキットで走らせるしかないが、主に今回は日常使いについてリポートする。
  • フェラーリ488ピスタ(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.7.2 試乗記 「フェラーリ488GTB」をベースに、その走行性能を徹底的に高めたスペシャルモデル「488ピスタ」。マラネロのエンジニアたちは、この新型スーパースポーツでどんな走りを実現したのか。最終量産型に聖地フィオラノで試乗した。
  • フェラーリ・ポルトフィーノ(FR/7AT)【試乗記】 2018.12.10 試乗記 車名の「ポルトフィーノ」とは、地中海を臨むイタリアの高級リゾート地にちなんだもの。前身である「カリフォルニア」から10年、車名も新たに進化したリトラクタブルハードトップを持つフェラーリのその名に敬意を払い、海沿いのルートに連れ出してみた。
  • マイルドハイブリッドで高効率を追求 新型「フォルクスワーゲン・ゴルフ」がデビュー 2019.10.25 自動車ニュース 独フォルクスワーゲンは2019年10月24日(現地時間)、ドイツ・ウォルフスブルクにおいて、8代目となる新型「ゴルフ」を発表した。新型ではマイルドハイブリッド機構搭載モデルを設定するなどして、より高効率を追求している。
ホームへ戻る