最上の「BMW 7シリーズ」が30台限定で登場

2017.10.10 自動車ニュース
「BMW 750Liインディビジュアルエディション」
「BMW 750Liインディビジュアルエディション」拡大

BMWジャパンは2017年10月10日、「BMW 7シリーズ」に特別仕様車「750Li Individual Edition(インディビジュアルエディション)」を設定し、30台の台数限定で発売した。

 
最上の「BMW 7シリーズ」が30台限定で登場の画像拡大
 
最上の「BMW 7シリーズ」が30台限定で登場の画像拡大
 
最上の「BMW 7シリーズ」が30台限定で登場の画像拡大
 
最上の「BMW 7シリーズ」が30台限定で登場の画像拡大

今回のインディビジュアルエディションは、4.4リッターV8ターボエンジンを搭載する「750Liエクセレンス」をベースに、BMW M社が提供するデザインプログラム、BMWインディビジュアルプログラムの内外装を採用した特別仕様車である。

ボディーカラーは、特殊な顔料を配合した塗料を何層にも塗り重ねることで、見る角度や光の強さによって独特な色彩変化を起こす3色をラインナップ。ダークブラックの色調の中に宝石のアズライト(藍銅鉱)のようなブルーのきらめきを放つ「アズライトブラック」、ルビー色の結晶がブラックメタリックの中に輝くことでダークレッドからダークバイオレットへと変化する「ルビーブラック」、そしてブルーグレーとゴールデンイエローの中間色で立体的な輝きが特徴のベース色に、無数の顔料を配合することでシルバーからゴールドへと変化する「ムーンストーン」から選択できる。

インテリアには、BMWインディビジュアルのフルレザーメリノおよびウッドのトリムを採用している。

装備面では、ダイヤモンドを使用したツイーターなど16個のスピーカーからなる、1400W、10チャンネルの「Bowers&Wilkinsダイヤモンドサラウンドサウンドシステム」や車内空気のイオン化およびフレグランス効果を楽しめる「アンビエイトエアパッケージ」を採用。さらに、「リアコンフォートパッケージプラス」も標準装備しており、サンルーフの室内側に夜空の映像を映し出せる「スカイラウンジパノラマガラスルーフ」、ステアリングホイールやリアアームレストを温める「ヒートコンフォートパッケージ」、さらに「リアマッサージシート」が備わる。

各ボディーカラーとも限定10台のみが用意され、価格は1955万円。

(webCG)

関連キーワード:
7シリーズ, BMW, 自動車ニュース

BMW 7シリーズ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M550i xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2021.4.6 試乗記 最新の「BMW 5シリーズ」のなかから、「M5」に次ぐ高性能モデル「M550i xDrive」に試乗。パワフルかつ上質なパワートレインと、タフで洗練された足まわりを併せ持つ一台は、わずかな弱点はあるものの、見事な出来栄えのクルマに仕上がっていた。
  • BMWアルピナB3リムジン アルラット(4WD/8AT)【試乗記】 2021.3.23 試乗記 圧倒的な速さを誇るアルピナ各車だが、目指すところは「毎日使える実用性」であり、それは最新の「B3」にもきちんと継承されている。先代モデルからの進化点と変化点を、ワインディングロードで探ってみた。
  • レクサスLS500h“エグゼクティブ”(FR/CVT)【試乗記】 2021.3.17 試乗記 年次改良を積み重ね、トヨタグループのフラッグシップサルーンとして完成度を高め続けている「レクサスLS」。最新モデルでは「静粛性と乗り心地の大幅な向上を追求」したというが、果たしてその仕上がりはどんなものか。ハイブリッドの最上級グレードに試乗した。
  • BMW M760Li xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2019.11.4 試乗記 BMWの旗艦サルーン「7シリーズ」の中でも、ブランド唯一の12気筒を搭載する「M760Li xDrive」。“最上級の中の最上級”に位置するこのモデルは、古典的な自動車の歓びと、ADASやコネクテッドといった新分野に対するBMWの挑戦を感じさせる一台に仕上がっていた。
  • ホンダ・レジェンド ハイブリッドEX・Honda SENSING Elite(4WD/7AT)【試乗記】 2021.4.2 試乗記 ホンダが世界初となる「レベル3」の自動運転技術を実用化。そのシステム「トラフィックジャムパイロット」を搭載したセダン「レジェンド」の試乗を通し、現時点における世界最新の運転支援機能の実力や、既存のシステムとの違いをリポートする。
ホームへ戻る