第28回:ボルボXC40と恐るべきジーリーの野望
ボルボオシャレ革命! ウラにはあの国の特大マネーが!?

2017.10.31 小沢コージの勢いまかせ!! リターンズ
ファッションウイーク中のミラノでお披露目された「ボルボXC40」。
ファッションウイーク中のミラノでお披露目された「ボルボXC40」。拡大

まさにボルボのオシャレ革命! ボルボが新しい小型SUV「XC40」のお披露目の場に選んだのはファッションウイーク開催中のミラノだった。しかも車内のいたるところに、日本車もビックリな気配りが……。小沢コージはこのスモールボルボのかつてない路線を「新オシャレ実用プレミアム」と名付けたのだった!

新型「XC40」では、王道の北欧プレミアム風味に、かつてない“コンビニエントテイスト”が組み合わされている。
新型「XC40」では、王道の北欧プレミアム風味に、かつてない“コンビニエントテイスト”が組み合わされている。拡大
さり気なくスウェーデンブランドであることをアピール。
さり気なくスウェーデンブランドであることをアピール。拡大
ボルボの「40」シリーズを靴になぞらえるならスニーカーだと、チーフデザイナー(当時)のトーマス・インゲンラート氏は解説した。
ボルボの「40」シリーズを靴になぞらえるならスニーカーだと、チーフデザイナー(当時)のトーマス・インゲンラート氏は解説した。拡大
ミラノではビル垂れ幕で「スウェーデンで作って、ミラノでリビールド(公開)」と大々的にアピール。
ミラノではビル垂れ幕で「スウェーデンで作って、ミラノでリビールド(公開)」と大々的にアピール。拡大

ありそうでなかった「新オシャレ実用プレミアム」

びっくり、まさかこういう路線で来るとは! それは来年春か夏にも日本上陸がウワサされるボルボの新コンパクトSUV、新型XC40。

ご存じボルボはいま大イメチェン中の真っ最中で、去年上陸したイメージリーダー、ラージSUVの「XC90」は小沢に言わせれば「北欧のレンジローバー」。北欧らしいエレガントさにかつてないノーブルな雰囲気を加え、実際、デザイナーは往年のロールス・ロイスのスタイルを意識しているとプレゼンでも明言。

その次男たる「XC60」は先日日本に上陸し、さらにカジュアルさを加えてきましたが、果たして来年出るはずの末っ子のXC40はそれ以上のレベルで親しみやすさを強調。

以前チーフデザイナー(当時)のトーマス・インゲンラート氏は、ドイツ車を意識しながら「こんなつまらないプレミアムになりたくありません」と言い放ち、90/60/40のボルボ新シリーズのイメチェンをクツになぞらえ、90を黒革靴とするなら60は茶色のバックスキン靴、40はスニーカーと解説。それがついに現物となったのが9月の終わりに発表された新型XC40なわけです。

それもわざわざファッションウイーク中のイタリアのミラノでお披露目し、ビル垂れ幕で「スウェーデンで作って、ミラノでリビールド」とアピール。明らかに世の中のオシャレピーポー、中でもドイツ車に飽きた層を狙ってるのは明白で、実際XC40には意外なるテイストが隠されておりました。

それは今までありそうでなかった「新オシャレ実用プレミアム」。今まで「小さいけどプレミアム」だったり「カジュアルさ」にこだわるところはありましたが、新型XCでは王道の北欧プレミアム風味にかつてないコンビニエントテイストを組み合わせてあるんです。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボXC40 2017.9.21 画像・写真 ボルボが新型コンパクトSUV「XC40」を発表した。小型車向けの新世代アーキテクチャー「CMA」を採用した初のモデルであり、パワープラントには4気筒のガソリンエンジンやディーゼルエンジン、ハイブリッドなどに加え、3気筒エンジンも設定される予定となっている。
  • 第6回:ボルボXC40(後編) 2018.10.3 カーデザイナー明照寺彰の直言 好評を博す「ボルボXC40」の造形について、全幅の広さや斜め後方の視界の悪さを指摘した明照寺彰氏。実用性を犠牲にした部分に関しては、疑問もあるという。しかしディテールを見ていくと、その狙いや技巧にはうならされるところがあったようだ。
  • 第5回:ボルボXC40(前編) 2018.9.26 カーデザイナー明照寺彰の直言 ボルボの新しい小型車用プラットフォーム「CMA」を基に開発された「XC40」には、中身はもちろん、その外見……すなわちデザインにも新しい試みが取り入れられている。既存のモデルとは一線を画す造形を、現役デザイナーの明照寺氏はどう評価するのか。
  • ジープ・ラングラー アンリミテッド ルビコン(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.9.10 試乗記 「Gクラス」と「ジムニー」ばかりが目立っているが、本格オフローダーといえば「ジープ・ラングラー」を忘れてはいけない。世界有数の悪路といわれるアメリカ・ルビコントレイルで、新型の出来栄えをチェックした。
  • ボルボXC60 D4 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.7.24 試乗記 新千歳空港を起点に、北海道を西へ東へとあてのない旅に出た『webCG』取材陣。ドライブのパートナーは、ディーゼルエンジンを搭載した「ボルボXC60 D4 AWDインスクリプション」。1000km近いロングドライブの後に、リポーターは何を思う?
ホームへ戻る