クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第28回:ボルボXC40と恐るべきジーリーの野望
ボルボオシャレ革命! ウラにはあの国の特大マネーが!?

2017.10.31 小沢コージの勢いまかせ!! リターンズ
ファッションウイーク中のミラノでお披露目された「ボルボXC40」。
ファッションウイーク中のミラノでお披露目された「ボルボXC40」。拡大

まさにボルボのオシャレ革命! ボルボが新しい小型SUV「XC40」のお披露目の場に選んだのはファッションウイーク開催中のミラノだった。しかも車内のいたるところに、日本車もビックリな気配りが……。小沢コージはこのスモールボルボのかつてない路線を「新オシャレ実用プレミアム」と名付けたのだった!

新型「XC40」では、王道の北欧プレミアム風味に、かつてない“コンビニエントテイスト”が組み合わされている。
新型「XC40」では、王道の北欧プレミアム風味に、かつてない“コンビニエントテイスト”が組み合わされている。拡大
さり気なくスウェーデンブランドであることをアピール。
さり気なくスウェーデンブランドであることをアピール。拡大
ボルボの「40」シリーズを靴になぞらえるならスニーカーだと、チーフデザイナー(当時)のトーマス・インゲンラート氏は解説した。
ボルボの「40」シリーズを靴になぞらえるならスニーカーだと、チーフデザイナー(当時)のトーマス・インゲンラート氏は解説した。拡大
ミラノではビル垂れ幕で「スウェーデンで作って、ミラノでリビールド(公開)」と大々的にアピール。
ミラノではビル垂れ幕で「スウェーデンで作って、ミラノでリビールド(公開)」と大々的にアピール。拡大

ありそうでなかった「新オシャレ実用プレミアム」

びっくり、まさかこういう路線で来るとは! それは来年春か夏にも日本上陸がウワサされるボルボの新コンパクトSUV、新型XC40。

ご存じボルボはいま大イメチェン中の真っ最中で、去年上陸したイメージリーダー、ラージSUVの「XC90」は小沢に言わせれば「北欧のレンジローバー」。北欧らしいエレガントさにかつてないノーブルな雰囲気を加え、実際、デザイナーは往年のロールス・ロイスのスタイルを意識しているとプレゼンでも明言。

その次男たる「XC60」は先日日本に上陸し、さらにカジュアルさを加えてきましたが、果たして来年出るはずの末っ子のXC40はそれ以上のレベルで親しみやすさを強調。

以前チーフデザイナー(当時)のトーマス・インゲンラート氏は、ドイツ車を意識しながら「こんなつまらないプレミアムになりたくありません」と言い放ち、90/60/40のボルボ新シリーズのイメチェンをクツになぞらえ、90を黒革靴とするなら60は茶色のバックスキン靴、40はスニーカーと解説。それがついに現物となったのが9月の終わりに発表された新型XC40なわけです。

それもわざわざファッションウイーク中のイタリアのミラノでお披露目し、ビル垂れ幕で「スウェーデンで作って、ミラノでリビールド」とアピール。明らかに世の中のオシャレピーポー、中でもドイツ車に飽きた層を狙ってるのは明白で、実際XC40には意外なるテイストが隠されておりました。

それは今までありそうでなかった「新オシャレ実用プレミアム」。今まで「小さいけどプレミアム」だったり「カジュアルさ」にこだわるところはありましたが、新型XCでは王道の北欧プレミアム風味にかつてないコンビニエントテイストを組み合わせてあるんです。

ボルボ XC40 の中古車

格納式コンビニフックにビックリ

それを一番感じたのは、助手席グローブボックスで見つけた「コンビニフック」。むろんアチラじゃ「コンビニ……」などと言わずに「バッグをかけられる」としか言ってませんでしたけど、それをさらに「格納できる」のがなんとも秀逸。

この手のフックは日本の実用コンパクトやミニバンではおなじみですが、しまえるものってなかなかありません。その昔、オシャレ自動車評論家のご自宅で、ゴミ箱を隠していたのを見つけたような驚きです。

加えてセンターコンソールにはフルサイズのティッシュボックスは入るわ、取り外し式のゴミ箱はあるわ、運転席下にも巧妙な引き出しが。なんだよオマエは「ワゴンR」か? と言いたくなるほどのお便利ぶり。

ついでにハンドル下には差し込み式のカードホルダーが2枚分付いてるし、スマホのワイヤレスチャージシステムも装備可能。こんな気配りしてくる欧州プレミアムなんて……。オシャレマジメな日本人、買っちゃいそうになるじゃないか!! という(笑)。

イタ車やアメ車じゃまずここまでかゆい所に手は届かないだろうなぁと。

さらに驚きが、この10月に東京・青山にオープンした「ボルボスタジオ青山」。実は在庫を持たないショールームで、カフェ&シャンパンバーも併設しています。そしてこれはすでにミラノでもオープンしているそうで、まさかここまで全面的にオシャレ展開をやってくるとは。

「XC40」のインテリアは一見、北欧プレミアム路線の王道を行っている。しかし、そこかしこに欧州車らしからぬ“気配り”が見られるのである。
「XC40」のインテリアは一見、北欧プレミアム路線の王道を行っている。しかし、そこかしこに欧州車らしからぬ“気配り”が見られるのである。拡大
助手席前のグローブボックスには“コンビニフック”が隠されている。耐荷重は最大2kgと実用性十分。
助手席前のグローブボックスには“コンビニフック”が隠されている。耐荷重は最大2kgと実用性十分。拡大
グローブボックスを閉めるとこんな感じに。これぞ、新オシャレ実用プレミアム!
グローブボックスを閉めるとこんな感じに。これぞ、新オシャレ実用プレミアム!拡大
センターコンソールにはフルサイズのティッシュボックスが入ってしまう収納スペースがあり、その前方にはフタ付きのゴミ箱まで用意されている。
センターコンソールにはフルサイズのティッシュボックスが入ってしまう収納スペースがあり、その前方にはフタ付きのゴミ箱まで用意されている。拡大
センターコンソールのゴミ箱は取り外し式。オシャレマジメな日本人の心に響きそう!
センターコンソールのゴミ箱は取り外し式。オシャレマジメな日本人の心に響きそう!拡大

3本柱のリニューアルを毎年支えるなんて!

考えてみると驚きなのが、去年のXC90に始まり、今年のXC60、来年のXC40とボルボが新大黒柱3本を1年ごとにリニューアルしている事実です。それも旧型プラットフォーム据え置きならわかるけど、90&60のSPAプラットフォームは完全新作でXC40のCMA(コンパクト・モジュラー・アーキテクチャー)も完全新作。

中でもSPAに関しては1兆3000億円かけて一新しており、CMAも生産設備まで入れるとそれなりに掛かっているはず。このわずか短期間の改革にトヨタの年間利益に匹敵する2兆円レベルの投資をするだなんて、かつてのフォード傘下時代じゃ考えられません。ついでにオシャレなボルボスタジオ戦略にも相当なお金がかかってるはずです。

これは間違いなく2010年に親会社になった中国ジーリーホールディングスのなせるわざであり驚くほどの投資でありマネーの力。

実際、BMWだってメルセデスだって「7/5/3シリーズ」に「S/E/Cクラス」を毎年イチから新しくするなんてありえないでしょ? これはわが日本でもできない芸当で、そもそも日本の自動車メーカーが海外ブランドを買収して完璧テコ入れなんてことも聞いたことありません。裏にはおそらく中国のすごさと同時に焦りがあるわけです。

中国にはイチからプレミアムブランドを作る時間はそうそうありません。一部はそういうチャレンジもしているでしょうが、時間がかかります。だったらボルボを買って任せて再生した方がよく、加えてウラには中国巨大マーケットという巨大保険があります。実際もしも新ブランドが世界で売れなくても中国で売れれば成立しちゃうわけです。

だって中国で売れているドイツプレミアムの台数知ってますか? 筆頭のアウディがほぼ60万台の59万1600台で、2位のBMWがMINIと合わせて51万台6355台で、メルセデスが47万2844台。これを同時期の日本とざっくり比べるとBMWがMINIと合わせて6万7000台でメルセデスが6万5000台でアウディが2万9000台。ぶっちゃけ9倍から20倍も売れてるわけですよ。もはやそのマーケットパワーはハンパない!

そう考えると、ボルボに投資なんてことワケないわけです。実際、ジーリーはコンパクト系のCMAプラットフォームを使って新高級ラインを作ると明言。これは今度小沢が見てくる予定です。

(文と写真=小沢コージ)

スマホのワイヤレスチャージシステムも装備可能だ。
スマホのワイヤレスチャージシステムも装備可能だ。拡大
運転席の下には引き出しが用意されている。
運転席の下には引き出しが用意されている。拡大
ハンドル下には差し込み式のカードホルダーが2枚分用意される。
ハンドル下には差し込み式のカードホルダーが2枚分用意される。拡大
すっきりとまとめられたシフトセレクターまわり。独自の清潔感が漂っている。
すっきりとまとめられたシフトセレクターまわり。独自の清潔感が漂っている。拡大
トランクまわりもこの通り。この“おもてなし心”は日本車もビックリだろう!
トランクまわりもこの通り。この“おもてなし心”は日本車もビックリだろう!拡大
「XC40」の日本上陸は2018年春から夏とウワサされる。
「XC40」の日本上陸は2018年春から夏とウワサされる。拡大
小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』

車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

ボルボ XC40 の中古車
関連キーワード
XC40ボルボ
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。