クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

ロボットがプロライダーに真っ向勝負を挑む
ヤマハが目指す自動運転の形とは?

2017.11.01 デイリーコラム
第45回東京モーターショーに展示されている「ヤマハMOTOBOT」。
第45回東京モーターショーに展示されている「ヤマハMOTOBOT」。拡大

第45回東京モーターショー特設ページ「オススメの一台」のコーナーで、「ヤマハMOTOBOT(モトボット)」を推挙したモータージャーナリストの河村康彦氏。ところが、「あの文字数では全然書き尽くせていません」ということで、詳報を寄せてくれた。MOTOBOTを開発する、ヤマハの目的とは?

「MOTOBOT」は、アクセルやクラッチなどを人間と同じように手や指(のようなパーツ)で直接操作する。
「MOTOBOT」は、アクセルやクラッチなどを人間と同じように手や指(のようなパーツ)で直接操作する。拡大

ライバルはバレンティーノ・ロッシ

レベル3だレベル4だ、と、四輪自動車界(?)では“自動運転”に関する話題が引きも切らず。

が、そんな昨今の過当とも思える競争からは一歩身を引いて……というよりも、それらとは全く関係なく、何ともユニーク方法で“二輪車の自動運転”を目指してきたのが、2015年の東京モーターショーで初公開されたヤマハのMOTOBOTだ。

「モーターサイクル技術とロボティクス技術を融合し、未知の領域を開拓する自律ライディングロボット」と、ヤマハが説明するこのロボットが目指すのは、二輪のトップライダーであるバレンティーノ・ロッシ選手と同型のバイクで、彼がライディングするよりも速いサーキット・ラップタイムを記録すること。そして、このプロジェクトの最大の特徴は、基本的にマシン(バイク)には一切手を付けず、ロボットの制御のみでそれを達成しようとしている点にある。

高精度なGPSと3次元地図データを用いて理想的な走行ラインをフォローするように、ヒト型ロボットに組み込まれたアクセルとブレーキ、クラッチ、シフト、そしてステアリングの操作を行う各アクチュエーターをコントロールする、というのが基本的な仕組み。ちなみに“体重移動”は行わず、ステアリング操作によってバランスをキープするというのもちょっと驚きだ。

将来的には四輪もドライブ!?

ところで、そもそもどうしてヤマハはこんな突拍子もないと思えることに手を染めた(?)のか。

現在開催中の東京モーターショーのヤマハブースに出向いて説明員氏に尋ねてみると、返ってきたのは予想だにしなかった回答だった。

いわく、そこには純粋な技術開発という目的以外にも、「こうした取り組みを行うことで、この先の優秀な人材確保などにもつなげたいという意味もある」という。将来的には、四輪車をドライブすることも「全く考えていないわけではない」というが、現時点ではむしろプロモーションの意味合いが強いのだ。前述したように“体重移動”を伴わないため、必ずしも必須ではないのにあえて”ヒト型”にこだわっているのも、そうした理由からだろう。

今回のモーターショーに出展されたMOTOBOTは、2015年に披露された「バージョン1」に続く、「バージョン2」と呼ばれるもの。

「初代以来続けてきた改良内容からすれば、実際には“バージョン100”といってもいいかもしれない」と説明員氏が語る新型では、軽量化とともに「ステアリング剛性アップの目的でカーボン素材を取り入れた」ほか、「より深いバンク角を獲得するために、バージョン1で用いていた低速時のための補助輪を廃止して、格納式スタンドに変更した」といったポイントを特徴とする。正確なステアリング操作を行うためには高いステアリング剛性が必要というのは、バージョン1で得られた知見だという。

鈴鹿サーキットのラップタイムがシミュレート可能……といわれる高速サーキット型のテストコースを静岡県袋井市に持つヤマハだが、「日常業務で忙しく、なかなか走行時間が確保できない」といった理由から、MOTOBOT開発のホームグラウンドに選ばれたのは米国カリフォルニア州にある、サンダーヒル・レースウェイ。

ロッシ選手が85秒で1周するこのコースを、最新のMOTOBOTは115秒で走り抜いたという。現状ではまだ「勝負になっていない」のは確かながら、開発陣は「ようやくロッシの背中が見えてきた」と語る。

すでに最高速は200km/hを超え、そんな速度からの“大転倒”も経験しているというMOTOBOT。それでも、今後も“ロッシ超え”を目指して開発を進めていくという。

(文=河村康彦/写真=webCG/編集=藤沢 勝)

「バージョン2」では、ハンドリング剛性をアップさせるため、腕のパーツなどにカーボン素材を多用している。
「バージョン2」では、ハンドリング剛性をアップさせるため、腕のパーツなどにカーボン素材を多用している。拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

関連キーワード

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。