ポルシェが「718ボクスターGTS」「718ケイマンGTS」の予約受注を開始

2017.11.20 自動車ニュース
「ポルシェ718ボクスターGTS」(左)と「718ケイマンGTS」(右)。
「ポルシェ718ボクスターGTS」(左)と「718ケイマンGTS」(右)。拡大

ポルシェ ジャパンは2017年11月17日、「718ボクスター/ケイマン」に追加された新モデル「GTS」の価格を発表。予約受注を開始した。

「718ボクスターGTS」
「718ボクスターGTS」拡大
 
ポルシェが「718ボクスターGTS」「718ケイマンGTS」の予約受注を開始の画像拡大
 
ポルシェが「718ボクスターGTS」「718ケイマンGTS」の予約受注を開始の画像拡大
「718ケイマンGTS」
「718ケイマンGTS」拡大
 
ポルシェが「718ボクスターGTS」「718ケイマンGTS」の予約受注を開始の画像拡大
 
ポルシェが「718ボクスターGTS」「718ケイマンGTS」の予約受注を開始の画像拡大

高められた走りと黒いアクセントが特徴

718ボクスターGTSおよび718ケイマンGTSは、エンジンの高出力化や走りに関連する装備の強化などが図られた、718ボクスター/ケイマンの高性能バージョンである。

2.5リッター4気筒水平対向エンジンについては、新開発のインテークダクトの採用や、ターボチャージャーの改良などにより、最高出力を365psに、最大トルクを430Nmに向上(「ボクスターS/ケイマンS」では350psと420Nm)。トランスミッションには6段MTと7段デュアルクラッチ式AT「PDK」を用意している。

また、スポーツクロノパッケージや機械式リアディファレンシャルロックを備えた「ポルシェ トルクベクタリング プラス」(PTV Plus)、車高を10mm低く設定する「ポルシェ アクティブサスペンション マネージメントシステム」(PASM)など、通常はオプション扱いとなっている多数の装備を標準で採用。PDK仕様では0-100km/h加速が4.1秒、最高速が290km/hという動力性能を実現している。

デザインによる差別化も図っており、エクステリアではヘッドランプやリアコンビランプ、各部のロゴ、リアエプロン、テールパイプ、そしてサテンフィニッシュの20インチホイールなどを、いずれもブラックでコーディネート。フロントには専用デザインのバンパーも採用している。

一方インテリアでは、ほかのポルシェGTSモデルと同じく、センタートリムにアルカンターラを使用したスポーツシートを標準装備。ステアリングホイールやセンターコンソール、アームレストなどにもアルカンターラを用いている。

価格は以下の通り。

  • 718ケイマンGTS(6段MT):993万円
  • 718ケイマンGTS(7段PDK):1053万2000円
  • 718ボクスターGTS(6段MT):1032万円
  • 718ボクスターGTS(7段PDK):1092万2000円

ハンドル位置は基本的に右のみで、左ハンドルモデルの受注予約は、2017年12月17日までの期間限定となっている。

(webCG)
 

関連キーワード:
718ケイマン, 718ボクスター, ポルシェ, 自動車ニュース

ポルシェ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ911カレラ4S(4WD/8AT)【試乗記】 2019.10.8 試乗記 後輪操舵と軽量ボディー、パワーアップしたフラット6に先進運転支援システムと最新のインフォテインメントシステム。ルックスこそ大きく変わらぬ新型=992だが、進化のメニューは実に多彩だ。日本標準仕様となる右ハンドルモデルで、最新「ポルシェ911」の出来栄えを確かめた。
  • ポルシェ911カレラ/911カレラ カブリオレ/911カレラ4【海外試乗記】 2019.10.3 試乗記 「GTS」や「GT3」などの“役物”もいずれラインナップされるのだろうけれど、「ポルシェ911」といえば、まずは素の「カレラ」に乗らなければ始まらない。ドイツ・フランクフルトからの第一報をお届けする。
  • ポルシェ911 GT3 RS(RR/7AT)【試乗記】 2019.10.15 試乗記 991型の集大成といえる「ポルシェ911 GT3 RS」に試乗。巨大なリアウイングをはじめ、ド派手なエアロパーツをまとった“スーパーカー”は、公道ではさぞ持て余すかと思いきや、さにあらず。おっかなびっくりのドライブでも十分に留飲の下がるクルマに仕上がっていたのだった。
  • アルピーヌA110ピュア(MR/7AT)【試乗記】 2018.10.29 試乗記 デビュー記念の限定車に続いて正式なカタログモデルの国内販売がスタートした、フランス生まれのスポーツカー「アルピーヌA110」。そのうち「ピュア」と名付けられたライトウェイトバージョンに、一般道とサーキットで試乗した。
  • フォルクスワーゲンがWTCRマシンの公道バージョン「ゴルフGTI TCR」の受注を開始 2019.10.29 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2019年10月25日、ワールドツーリングカーカップ(WTCR)に参戦するレーシングマシンのストリートバージョンとして特別仕様車「ゴルフGTI TCR」を設定し、600台限定で受注を開始した。
ホームへ戻る