ポルシェが「718ボクスターGTS」「718ケイマンGTS」の予約受注を開始

2017.11.20 自動車ニュース
「ポルシェ718ボクスターGTS」(左)と「718ケイマンGTS」(右)。
「ポルシェ718ボクスターGTS」(左)と「718ケイマンGTS」(右)。拡大

ポルシェ ジャパンは2017年11月17日、「718ボクスター/ケイマン」に追加された新モデル「GTS」の価格を発表。予約受注を開始した。

「718ボクスターGTS」
「718ボクスターGTS」拡大
 
ポルシェが「718ボクスターGTS」「718ケイマンGTS」の予約受注を開始の画像拡大
 
ポルシェが「718ボクスターGTS」「718ケイマンGTS」の予約受注を開始の画像拡大
「718ケイマンGTS」
「718ケイマンGTS」拡大
 
ポルシェが「718ボクスターGTS」「718ケイマンGTS」の予約受注を開始の画像拡大
 
ポルシェが「718ボクスターGTS」「718ケイマンGTS」の予約受注を開始の画像拡大

高められた走りと黒いアクセントが特徴

718ボクスターGTSおよび718ケイマンGTSは、エンジンの高出力化や走りに関連する装備の強化などが図られた、718ボクスター/ケイマンの高性能バージョンである。

2.5リッター4気筒水平対向エンジンについては、新開発のインテークダクトの採用や、ターボチャージャーの改良などにより、最高出力を365psに、最大トルクを430Nmに向上(「ボクスターS/ケイマンS」では350psと420Nm)。トランスミッションには6段MTと7段デュアルクラッチ式AT「PDK」を用意している。

また、スポーツクロノパッケージや機械式リアディファレンシャルロックを備えた「ポルシェ トルクベクタリング プラス」(PTV Plus)、車高を10mm低く設定する「ポルシェ アクティブサスペンション マネージメントシステム」(PASM)など、通常はオプション扱いとなっている多数の装備を標準で採用。PDK仕様では0-100km/h加速が4.1秒、最高速が290km/hという動力性能を実現している。

デザインによる差別化も図っており、エクステリアではヘッドランプやリアコンビランプ、各部のロゴ、リアエプロン、テールパイプ、そしてサテンフィニッシュの20インチホイールなどを、いずれもブラックでコーディネート。フロントには専用デザインのバンパーも採用している。

一方インテリアでは、ほかのポルシェGTSモデルと同じく、センタートリムにアルカンターラを使用したスポーツシートを標準装備。ステアリングホイールやセンターコンソール、アームレストなどにもアルカンターラを用いている。

価格は以下の通り。

  • 718ケイマンGTS(6段MT):993万円
  • 718ケイマンGTS(7段PDK):1053万2000円
  • 718ボクスターGTS(6段MT):1032万円
  • 718ボクスターGTS(7段PDK):1092万2000円

ハンドル位置は基本的に右のみで、左ハンドルモデルの受注予約は、2017年12月17日までの期間限定となっている。

(webCG)
 

関連キーワード:
718ケイマン, 718ボクスター, ポルシェ, 自動車ニュース

ポルシェ 718ケイマン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ911カレラ(RR/8AT)【試乗記】 2020.5.12 試乗記 高性能スポーツカー「ポルシェ911」シリーズの中で最もベーシックな「911カレラ」に試乗。その走りは、先行発売された上位モデル「911カレラS」とどう違うのか? ワインディングロードで確かめた。
  • ポルシェ911カレラS(RR/8AT)【試乗記】 2020.4.7 試乗記 半世紀以上にわたる歴史を持つ、ポルシェのアイコニックなスポーツカー「911」。最新世代の後輪駆動モデル「911カレラS」に試乗した筆者は、かつて称賛した先代からのさらなる進化に、深いため息をついたのだった。
  • プジョー・リフター デビューエディション(FF/8AT)【試乗記】 2020.6.1 試乗記 プジョーの新型MPV「リフター」に試乗。ご覧の通り、四角四面の背高なスタイリングは兄弟車たる「シトロエン・ベルランゴ」とほとんど同じ。あえて(ちょっと地味な)プジョー版を選ぶ価値はどこにあるのだろうか。
  • ホンダS2000<20周年記念純正アクセサリー装着車>(FR/6MT)【試乗記】 2020.6.19 試乗記 ホンダのオープントップスポーツ「S2000」の純正アクセサリーが新たに発売される。ホンダアクセスが手がけたこれらアイテムの開発コンセプトは“20年目のマイナーモデルチェンジ”。ワインディングロードで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • 第164回:ポルシェ全然知らない人間 2020.2.25 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第164回は「ポルシェ全然知らない人間」。“ポルシェに関しては無知”を自覚する筆者が、新型「911カレラS/4S」にプチ試乗。先代との違いとは? こだわり派の見解を交えながら、その魅力に迫る。
ホームへ戻る