第1回:新型「XC60」はここに注目!

ボルボを代表するモデル 2017.11.29 徹底検証! ボルボXC60 ボルボのミドルサイズSUV「XC60」がフルモデルチェンジ。日本国内でも2017年10月に販売が開始された。世界的に人気を博したモデルの新型には、どんな特徴があるのか。詳しく解説する。

今のニーズに応える一台

最近は内外装のかっこよさと、優れた実用性を兼ね備えたSUVの人気が高い。外観を見ると、悪路の走破も考慮した大径のタイヤで存在感が強調されている。ボディーの上側はワゴンと同様の形状で、居住性については前後席ともに快適。荷物も積みやすい。SUVには多彩な魅力があり、クルマ好きからファミリーまで、幅広いユーザーに好まれている。

また近年のクルマは、安全性と環境性能が重視される。交通事故はクルマにとって最大の問題点であり、世界的にユーザーの高年齢化も進んでいる。車両が運転ミスを積極的にカバーできる安全装備が大切になっている。将来の自動運転につながる運転支援技術も、緊急自動ブレーキなどがベースであるため、安全装備の進化が一層促進されてきた。安全性と並んで環境性能も重要な課題だ。排出ガスのクリーン化、二酸化炭素の排出抑制、化石燃料の節約など、その幅は広がっている。

こうした今のトレンドやニーズに的確に応えた注目の新型車が、2017年10月に発売されたボルボのSUV、XC60だ。現行型は2代目で、初代XC60は世界で累計100万台が販売された。ボルボ全体の約30%を占める人気車である。

新型XC60のボディーサイズは全長が4690mm、全幅が1900mm(「T6 AWD R-DESIGN」は1915mm)、全高が1660mmで、SUVでは売れ筋のミドルクラスに位置する。外観は水平基調で、ボンネットが長くスポーティーな雰囲気も併せ持つ。SUVの高い人気を象徴する、上品で存在感の伴う外観に仕上げられている。

「XC60 T5 AWDインスクリプション」のリアビュー。個性的なデザインのリアコンビランプが目を引く。
「XC60 T5 AWDインスクリプション」のリアビュー。個性的なデザインのリアコンビランプが目を引く。拡大
シートは、誰もが理想的な着座位置を得られるように設計されている。上級グレードの前席には、マッサージ機能も備わる。
シートは、誰もが理想的な着座位置を得られるように設計されている。上級グレードの前席には、マッサージ機能も備わる。拡大
後席は60:40の分割可倒式。ヘッドレストは、ドライバーの後方視界を確保すべく前方に折りたたむことができる。
後席は60:40の分割可倒式。ヘッドレストは、ドライバーの後方視界を確保すべく前方に折りたたむことができる。拡大
2代目となる新型「ボルボXC60」は、2017年3月のジュネーブモーターショーで世界初公開。日本では同年10月にデビューした。
2代目となる新型「ボルボXC60」は、2017年3月のジュネーブモーターショーで世界初公開。日本では同年10月にデビューした。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボXC40 2017.9.21 画像・写真 ボルボが新型コンパクトSUV「XC40」を発表した。小型車向けの新世代アーキテクチャー「CMA」を採用した初のモデルであり、パワープラントには4気筒のガソリンエンジンやディーゼルエンジン、ハイブリッドなどに加え、3気筒エンジンも設定される予定となっている。
  • ボルボXC40 T4 AWDモメンタム(4WD/8AT)【試乗記】 2018.10.21 試乗記 あっさり完売してしまった「ボルボXC40」の導入記念モデル「T5 AWD R-DESIGNファーストエディション」に続き、カタログモデルの「T4 AWDモメンタム」に試乗することができた。装備“マシマシ”の記念モデルに対して、こちらはいわば“素”のモデル。その仕上がりやいかに?
  • ボルボXC60 D4 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.5 試乗記 ガソリンエンジン車の発売から半年、ようやく上陸した「ボルボXC60」のクリーンディーゼル搭載車に試乗。その見どころは、燃費と力強さだけにあらず。ガソリン車よりもさらに心地いいクルマに仕上がっていた。
  • 「メルセデス・ベンツAクラス」がフルモデルチェンジ 2018.10.18 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2018年10月18日、フルモデルチェンジした新型「Aクラス」を国内で発表し、注文受け付けを開始した。対話型インフォテインメントシステムや先進の運転支援システムなどを搭載する。
  • 第6回:ボルボXC40(後編) 2018.10.3 カーデザイナー明照寺彰の直言 好評を博す「ボルボXC40」の造形について、全幅の広さや斜め後方の視界の悪さを指摘した明照寺彰氏。実用性を犠牲にした部分に関しては、疑問もあるという。しかしディテールを見ていくと、その狙いや技巧にはうならされるところがあったようだ。
ホームへ戻る