アルファ・ロメオ・ジュリア クアドリフォリオ(後編)

2018.01.18 谷口信輝の新車試乗 レーシングドライバーの谷口信輝が本音でクルマを語り尽くす! 今回も引き続き「アルファ・ロメオ・ジュリア クアドリフォリオ」に試乗。走り込むほどにアルファの味わいを「これはこれでアリ」と感じ始めた谷口。試乗を終えて下した結論とは?

嫌よ嫌よも好きのうち!?

予備知識なしにアルファ・ロメオのジュリア クワドリフォリオに試乗した谷口信輝。そのハンドリングについては辛口評価を下したものの、エンジンは「なかなか楽しい」と気に入った様子。

けれども、称賛だけに終始したわけではなく、「ただし……」と言いかけたところで前編は終わった。では、谷口の気に掛かったことはなんだったのか? 続きを語ってもらうことにしよう。

「最高出力が510psと聞かされると、『ええ? そこまであるかなあ』と思っちゃう。ちょっとね、スペック表のほうが実力を上回っているような感じがしちゃいますね」

うーん、そうなのか。私は後輪駆動ながら510psのパワーをしっかり受け止めるトラクション性能を備えていると感心したのだが……。
「僕もそう思います。でも、だからこそ『本当に510psもあるの?』って思っちゃったんですよ。だって、リアタイヤのグリップが抜けそうになるのは、ローギアで発進を始めた直後だけでしょ?」

なるほど、トラクションとパワーはお互いに深く関わっているというか、ある意味で相反する関係にある。私はジュリアを「トラクションがいい」と評価した。谷口はこれを「パワーが物足りない」と断じた。見解の相違といえば、そういうことになるのかもしれない。

ただし、谷口は決してジュリアを一刀両断で葬り去ったわけではない。いや、時に厳しい表現が含まれていたのも事実だが、私には、谷口がジュリアにそこはかとない愛情を抱いているように思えて仕方なかったのだ。

 
アルファ・ロメオ・ジュリア クアドリフォリオ(後編)の画像拡大
 
アルファ・ロメオ・ジュリア クアドリフォリオ(後編)の画像拡大
 
アルファ・ロメオ・ジュリア クアドリフォリオ(後編)の画像拡大
アルファ・ロメオ・ジュリア クアドリフォリオ
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4635×1865×1435mm/ホイールベース:2820mm/車重:1710kg/駆動方式:FR/エンジン:2.9リッターV6 DOHC 24バルブ ツインターボ/トランスミッション:8段AT/最高出力:510ps(375kW)/6500rpm/最大トルク:600Nm(61.2kgm)/2550rpm/タイヤ:(前)245/35ZR19 (後)285/30ZR19/価格:1132万円
アルファ・ロメオ・ジュリア クアドリフォリオ
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4635×1865×1435mm/ホイールベース:2820mm/車重:1710kg/駆動方式:FR/エンジン:2.9リッターV6 DOHC 24バルブ ツインターボ/トランスミッション:8段AT/最高出力:510ps(375kW)/6500rpm/最大トルク:600Nm(61.2kgm)/2550rpm/タイヤ:(前)245/35ZR19 (後)285/30ZR19/価格:1132万円拡大
 
アルファ・ロメオ・ジュリア クアドリフォリオ(後編)の画像拡大

関連キーワード:
ジュリア, アルファ・ロメオ

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アルファ・ロメオ・ジュリア クアドリフォリオ(FR/8AT)【試乗記】 2017.12.22 試乗記 新型「ジュリア」はアルファ・ロメオの復活を印象付ける力作だ。ドライバーズシートに収まり、久しぶりのFRシャシーを操ると、かつて馴染(なじ)んだあの感覚がよみがえる。まるで悪友に再会したような気分だ。510psを誇る「クアドリフォリオ」に試乗した。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア ヴェローチェ(FR/8AT)【試乗記】 2018.5.3 試乗記 プレミアムブランドとしての復権をもくろむアルファ・ロメオが、満を持して投入したDセグメントのスポーツセダン「ジュリア」。新たに設定された280psのFRモデルに試乗し、新世代アルファの課題を浮き彫りにする。
  • 第158回:アルファ・ロメオ考2020 2020.1.14 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第158回は「アルファ・ロメオ考2020」。中高年カーマニアが、今、気軽に買えるモデルとは? 現行の「4C」「ジュリア」から、20歳オーバーの中古車まで、イタ車好きの筆者がアルファ・ロメオのラインナップに斬り込む。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア2.2ターボ ディーゼル スーパー(FR/8AT)【試乗記】
    2019.5.15 試乗記 イタリア生まれのセダン「アルファ・ロメオ・ジュリア」にクリーンディーゼル搭載車が登場。その走りは、このブランドの歴史と伝統を思い起こさせるほど、スポーティーなテイストに満ちていた。
  • シボレー・コルベット スティングレイ クーペ(MR/8AT)【海外試乗記】 2020.3.16 試乗記 アメリカを代表するスーパースポーツ「コルベット」がフルモデルチェンジ。「C8」こと8代目コルベットは、まさかのミドシップとなって登場した。長年培ってきたFRの駆動レイアウトを捨てることで得たもの、そして失ったものとは? 米ラスベガスから報告する。
ホームへ戻る