日本導入を記念した特別な「メルセデスAMG GLC63 S」登場

2018.01.11 自動車ニュース
「メルセデスAMG GLC63 S 4MATIC+Edition 1」。写真はダイヤモンドホワイトのモデル。
「メルセデスAMG GLC63 S 4MATIC+Edition 1」。写真はダイヤモンドホワイトのモデル。拡大

メルセデス・ベンツ日本は2018年1月10日、「メルセデスAMG GLC63 S 4MATIC+」および「GLC63 S 4MATIC+クーペ」の特別仕様車「メルセデスAMG GLC63 S 4MATIC+Edition 1(エディション1)」「GLC63 S 4MATIC+クーペEdition 1」を発表した。計60台が限定販売される。

「メルセデスAMG GLC63 S 4MATIC+クーペEdition 1」
「メルセデスAMG GLC63 S 4MATIC+クーペEdition 1」拡大
マットブラックペイントが施された、「21インチホイール」。
マットブラックペイントが施された、「21インチホイール」。拡大

GLC63 S 4MATIC+Edition 1は、同日発表されたGLC63 4MATIC+およびGLC63 S 4MATIC+の日本導入を記念した特別仕様車である。

特別仕立ての内外装が特徴で、両モデルともにハイグロスブラックの「AMGナイトパッケージ」を採用することで、フロントスポイラーリップ、ウィンドウトリムライン、ルーフレール、リアディフューザーがハイグロスブラック仕上げに。またエキゾーストエンドもブラック仕上げとしている。

また、ボディーサイドのマットグラファイトグレーAMGスポーツストライプや、足元のマットブラックペイント21インチホイールもスポーティーな外観を演出している。

一方インテリアについても、ブラックナッパレザーのAMGスポーツシートやセンターアームレスト、ドアアームレスト、ドアセンターパネルにイエローのステッチが施すなど、スポーティーな雰囲気を高めている。

ボディーカラー別の販売台数と価格は以下の通り。

  • GLC63 S 4MATIC+Edition 1(ダイヤモンドホワイト/15台):1512万円
  • GLC63 S 4MATIC+Edition 1(オブシディアンブラック/15台):1512万円
  • GLC63 S 4MATIC+クーペEdition 1(ダイヤモンドホワイト/15台):1542万円
  • GLC63 S 4MATIC+クーペEdition 1(オブシディアンブラック/15台):1542万円

(webCG)

関連キーワード:
GLC, GLCクーペ, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG GLC63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】 2018.9.21 試乗記 「メルセデスAMG GLC63 S 4MATIC+」に試乗。この最高出力510psの“暴れ馬”は、優しく御すだけでもそれなりの満足を与えてくれるだろう。しかし、絶えずムチを入れ続け、ギャロップさせてこそ見える世界もまたあるのだ。
  • ポルシェ、マイナーチェンジした「マカン」を欧州で公開 2018.10.2 自動車ニュース 独ポルシェは2018年10月2日、マイナーチェンジを行った「マカン」をパリモーターショーで欧州初公開すると発表した。LEDヘッドライトを標準装備したほか、新意匠のテールライトなどがマイナーチェンジモデルの識別点となる。
  • メルセデスAMG G63(4WD/9AT)【試乗記】 2018.9.22 試乗記 古式ゆかしきラダーフレームのクロカン車に、585psのV8ツインターボエンジンを搭載した「メルセデスAMG G63」。無理やりすぎる商品企画の帳尻を、自慢の技術で合わせてみせた力業な一台に、無駄で過剰なクルマならではの楽しさを見た。
  • MINIクーパーD 5ドア(FF/6AT)【試乗記】 2018.9.20 試乗記 マイナーチェンジを受けた「MINI 3ドア/5ドア/コンバーチブル」の中から、ロングボディーに3気筒ディーゼルを積んだ「クーパーD 5ドア」に試乗。MINIの中でも売れ筋と目されるこの組み合わせは、マニアをうならせる“特濃”なクルマに仕上がっていた。
  • スバル・フォレスターX-BREAK(4WD/CVT)【試乗記】 2018.9.19 試乗記 5代目「スバル・フォレスター」に試乗。パッと見は「どこが新しくなったの?」という感じのキープコンセプトだが、中身はさにあらず! 派手さはなくてもユーザーの使い勝手を徹底的に考慮した、真摯(しんし)なクルマに仕上がっているのだ。
ホームへ戻る