【東京オートサロン2018】トヨタ、2018年ニュル24時間レースに「レクサスLC」で参戦

2018.01.12 自動車ニュース
「レクサスLC」
「レクサスLC」拡大

TOYOTA GAZOO Racingは2018年1月12日、東京オートサロン2018の会場で開催したプレスカンファレンスで、2018年ニュルブルクリンク24時間耐久レースの参戦体制を発表した。

写真一番右はGAZOO Racing Companyプレジデントの友山茂樹氏。その左から、土屋選手、松井選手、蒲生選手、中井選手、関谷氏、緒方氏の順。
写真一番右はGAZOO Racing Companyプレジデントの友山茂樹氏。その左から、土屋選手、松井選手、蒲生選手、中井選手、関谷氏、緒方氏の順。拡大

第46回を数える2018年のニュルブルクリンク24時間耐久レースは、5月12日~13日に決勝レースが行われる。TOYOTA GAZOO Racingはこの2018年大会に、新規車両となる「レクサスLC」で挑む予定だ。SP-PROクラスに1台体制で参戦する。

車両はトヨタ社員のメカニックやエンジニアの手でレースカーに仕立てられる。将来の市販車に生かすことを視野に入れて、ボディー(軽量化、高剛性化)、ドライバー支援(視認性向上等)、空力、エンジン(フリクション低減によるパワーアップ、燃費向上等)、サスペンション(軽量化、高剛性化、高応答化)などの技術開発を行い、それらをレースカーに先行投入する。こういった「人を鍛え、クルマを鍛える」活動の実践を通じて、「もっといいクルマづくり」を追求するのが狙い。

ドライバーには、土屋武士選手をリーダーに、松井孝允選手、蒲生尚弥選手、中山雄一選手の合計4人が起用された。チーフメカニックはトヨタ自動車の関谷利之氏(凄腕技能養成部)が、エンジニアリーダーは同じくトヨタの緒方知良氏(GR開発統括部)がそれぞれ務める。

(webCG)

関連キーワード:
LC, レクサス, モーターショー, 東京オートサロン2018, 自動車ニュース

レクサス LC の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シボレー・コルベット クーペ3LT(MR/8AT)【試乗記】 2021.7.8 試乗記 ミドシップ化や右ハンドル仕様の設定など、あまたのトピックで注目を集めている“C8”こと8代目「シボレー・コルベット」が、いよいよ日本の道を走りだした。“コルベット史上初”の新機軸が多数盛り込まれた新型の実力をリポートする。
  • レクサスLC500コンバーチブル(FR/10AT)【試乗記】 2020.9.4 試乗記 レクサスの新型オープンカー「LC500コンバーチブル」に一般道とサーキットで試乗。開放感たっぷりなのは当たり前、筆者はその官能性と磨き抜かれたスポーツカーとしての資質に、大いに感銘を受けたのだった。
  • レクサスLC500h 2017.3.16 画像・写真 新世代レクサスの変革を象徴するフラッグシップクーペ「LC」がデビュー。このうち、3.5リッターV6エンジンとモーターを組み合わせたハイブリッドバージョン「レクサスLC500h」の姿を写真で紹介する。
  • スバルが新型「スバルBRZ」を発表 2グレード構成で価格は308万円から343万2000円 2021.7.29 自動車ニュース スバルが2代目となる新型「スバルBRZ」を発表した。グレードはベーシックな「R」と上級モデル「S」の2種類で、それぞれに6段MTと6段ATを設定。ボディーカラーには「WRブルー・パール」を含む7種類を用意している。価格は308万円から343万2000円。
  • トヨタGR 86プロトタイプ/スバルBRZプロトタイプ【試乗記】 2021.7.17 試乗記 日本の2メーカーの共同開発により生まれた「トヨタ86」と「スバルBRZ」。初代誕生から9年の時を経て世に出る2代目は、どんなスポーツカーに仕上がっているのか? サーキットで試乗した印象と進化のポイントをリポートする。
ホームへ戻る