【東京オートサロン2018】トヨタ、2018年ニュル24時間レースに「レクサスLC」で参戦

2018.01.12 自動車ニュース
「レクサスLC」
「レクサスLC」拡大

TOYOTA GAZOO Racingは2018年1月12日、東京オートサロン2018の会場で開催したプレスカンファレンスで、2018年ニュルブルクリンク24時間耐久レースの参戦体制を発表した。

写真一番右はGAZOO Racing Companyプレジデントの友山茂樹氏。その左から、土屋選手、松井選手、蒲生選手、中井選手、関谷氏、緒方氏の順。
写真一番右はGAZOO Racing Companyプレジデントの友山茂樹氏。その左から、土屋選手、松井選手、蒲生選手、中井選手、関谷氏、緒方氏の順。拡大

第46回を数える2018年のニュルブルクリンク24時間耐久レースは、5月12日~13日に決勝レースが行われる。TOYOTA GAZOO Racingはこの2018年大会に、新規車両となる「レクサスLC」で挑む予定だ。SP-PROクラスに1台体制で参戦する。

車両はトヨタ社員のメカニックやエンジニアの手でレースカーに仕立てられる。将来の市販車に生かすことを視野に入れて、ボディー(軽量化、高剛性化)、ドライバー支援(視認性向上等)、空力、エンジン(フリクション低減によるパワーアップ、燃費向上等)、サスペンション(軽量化、高剛性化、高応答化)などの技術開発を行い、それらをレースカーに先行投入する。こういった「人を鍛え、クルマを鍛える」活動の実践を通じて、「もっといいクルマづくり」を追求するのが狙い。

ドライバーには、土屋武士選手をリーダーに、松井孝允選手、蒲生尚弥選手、中山雄一選手の合計4人が起用された。チーフメカニックはトヨタ自動車の関谷利之氏(凄腕技能養成部)が、エンジニアリーダーは同じくトヨタの緒方知良氏(GR開発統括部)がそれぞれ務める。

(webCG)

関連キーワード:
LC, レクサス, モーターショー, 東京オートサロン2018, 自動車ニュース

レクサス LC の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスLC500/LS500h/RX450h/RX450hL【試乗記】 2019.10.30 試乗記 レクサスのラグジュアリークーペ「LC」と、フラッグシップセダン「LS」、そしてブランド最多のセールスを誇る「RX」。重責を担う3モデルの最新型は、どのようにリファインされたのか? マイナーチェンジのポイントと走りの印象を報告する。
  • レクサスLC500コンバーチブル(FR/10AT)【試乗記】 2020.9.4 試乗記 レクサスの新型オープンカー「LC500コンバーチブル」に一般道とサーキットで試乗。開放感たっぷりなのは当たり前、筆者はその官能性と磨き抜かれたスポーツカーとしての資質に、大いに感銘を受けたのだった。
  • 「レクサスLC」のオープントップバージョン「LC500コンバーチブル」登場 台数60台限定の特別仕様車も設定 2020.6.18 自動車ニュース トヨタ自動車は2020年6月18日、レクサスのフラッグシップクーペ「LC」のオープントップバージョン「LC500コンバーチブル」を同年7月15日に発売すると発表した。同時に特別仕様車「“Structural Blue(ストラクチュラルブルー)”」も設定し、台数60台の限定で販売する。
  • マツダMX-30(FF/6AT)/MX-30(4WD/6AT)【試乗記】 2020.10.21 試乗記 マツダの新型車「MX-30」は、既存のマツダ車とはひと味ちがう価値観のもとにつくられたクロスオーバーSUVだ。パワートレインやシャシーの仕上がりとともに、マツダのこだわりが詰まった内外装装備の使い勝手をリポートする。
  • ダイハツ・タフトG(FF/CVT)【試乗記】 2020.10.13 試乗記 見るからに個性的な、軽クロスオーバー「ダイハツ・タフト」。しかし、ちまたのSUVブームにのっかっただけのニューモデルと侮るなかれ。とくに趣味の多いユーザーは、このクルマの商品力の高さに驚かされることだろう。
ホームへ戻る