クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第471回:ボルボの歴史を一望の下に
スウェーデン本社のミュージアムを見学する

2018.01.18 エディターから一言
「ボルボ1800S」
「ボルボ1800S」拡大

スウェーデン・イエテボリの本社からクルマで10分ほど。カテガット海峡を臨む海沿いに、ボルボの歴史を一望の下に見渡せる博物館が建っているのをご存じだろうか。安全技術にモータースポーツ、あるいは物流と、さまざまな側面を持つボルボを包括的に捉えることができる場所として、ここはお薦め。いざ、ミュージアムツアーに出発!

「ÖV4」(手前)と「PV4」(奥)。生産期間はどちらも1927~1929年。
「ÖV4」(手前)と「PV4」(奥)。生産期間はどちらも1927~1929年。拡大
ボルボの2人の設立者、グスタフ・ラーソン(左)とアッサール・ガブリエルソン(右)の像がが来館者を迎えてくれる。(写真=ボルボ・カーズ)
ボルボの2人の設立者、グスタフ・ラーソン(左)とアッサール・ガブリエルソン(右)の像がが来館者を迎えてくれる。(写真=ボルボ・カーズ)拡大

「ボルボ」の意味は「私は回る」?

スウェーデン・イエテボリにあるボルボカーズ本社では、前回紹介したセーフティーとデザインのプレゼンテーションの合間に、ミュージアムの見学もあった。ここが予想以上の空間だったので紹介したい。

ボルボは1926年、グスタフ・ラーソンとアッサール・ガブリエルソンの2人が共同で設立した。2人は同じスウェーデンのベアリング製造会社SKFに勤めていたが、SKFは当時から他国の自動車用にベアリングを供給しており、それなら自分たちでクルマを作ろうと思い立ったという。

最初の部屋には、そのあたりのエピソードを紹介するコーナーもある。ここで初めて知ったのは、ラテン語で「私は回る」という意味のボルボという社名が、ベアリングの商品名だったこと。なぜ自動車会社なのに「回る」なのか、疑問が解けた。

同じ部屋には第1号車でオープンボディーの「ÖV4」、これをセダン化した「PV4」、両車に積まれたエンジンなどとともに、トラックやバスも置かれていた。当初は乗用車だけでは経営が難しかったことからトラックやバスにも進出したそうだ。

PV444は近代ボルボの礎

エスカレーターを上がって2階へ。こちらには1931年に登場した初の直列6気筒搭載車「651」、流線形のボディーをまとって500台だけ作られた1935年「PV36ストリームライン」などとともに、戦車も展示してあった。乗用車生産が軌道に乗ったのもつかの間、第2次世界大戦が勃発(ぼっぱつ)したことで軍需生産に従事せざるを得なかったようだ。

そんな中、ボルボは戦後を見据えて小型車の開発を進めていく。スウェーデンは第2次大戦では中立を貫いたが、周辺国は戦争によって疲弊しており、戦後は小型車が人気になると予想したからだ。これが1944年に誕生した「PV444」と後継車の「PV544」である。

戦後のボルボはアメリカへの輸出も積極的にこなすようになる。この過程で外部のコーチビルダーが手がけたオープンカーなどが生まれたが、ボルボはもっと本気のスポーツカーを作ろうとしていた。それが次の部屋に展示されていた「スポーツ(P1900)」と「P1800」だ。

このうちイタリアのカロッツェリア、フルアがデザインを描いた1960年発表のクーペ、P1800は、当初のイギリス・ジェンセン製から3年後にはボルボ自製の「1800S」、インジェクション装備の「1800E」を経て、1972年にはスポーツワゴンの「1800ES」に発展している。

博物館にはP1800、1800S、1800ESの3台をディスプレイ。このうち1800Sは、ロジャー・ムーア主演のテレビドラマ『セイント』に使われて注目を集めたことも紹介してあった。

手前のダークレッドの車両は「PV36」(1935~1938)。「カリオカ」の名でも知られる。1930年代の流行であった流線形を採用。
手前のダークレッドの車両は「PV36」(1935~1938)。「カリオカ」の名でも知られる。1930年代の流行であった流線形を採用。拡大
「PV444」(1946~1958)。ボルボで初めてモノコックボディーを採用。当初8000台の生産を予定していたが、結局、約20万台が生産される大ヒット作となった。
「PV444」(1946~1958)。ボルボで初めてモノコックボディーを採用。当初8000台の生産を予定していたが、結局、約20万台が生産される大ヒット作となった。拡大
左が「スポーツ」(1956~1957)で、右が「P1800」(1961~1972)。2シーターオープンのスポーツは「P1900」とも呼ばれ、わずか67台(一説には68台)が生産されるにとどまった。
左が「スポーツ」(1956~1957)で、右が「P1800」(1961~1972)。2シーターオープンのスポーツは「P1900」とも呼ばれ、わずか67台(一説には68台)が生産されるにとどまった。拡大
ボルボ・ミュージアムは、後世のために同社の歴史にかかわるものを保存し、それらを公にすることを目的に、1995年に開館した。住所/Arendal Skans, 405 08 Goteborg,Sweden 開館時間/10:00~17:00(月~金)、11:00~16:00(土、日) 休館日/12月23日~26日と12月31日、および1月1日。
ボルボ・ミュージアムは、後世のために同社の歴史にかかわるものを保存し、それらを公にすることを目的に、1995年に開館した。住所/Arendal Skans, 405 08 Goteborg,Sweden 開館時間/10:00~17:00(月~金)、11:00~16:00(土、日) 休館日/12月23日~26日と12月31日、および1月1日。拡大

安全性を飛躍させた実験車VESC

1800ESの隣には、PV444の後継車PV544をベースとしたボルボ・ワゴンのパイオニア、「デュエット(P445~P210)」も置かれていた。そしてこの時期のボルボを語る上で欠かせない、「アマゾン」の愛称でおなじみの「120シリーズ」はパトロールカーを展示してあった。

この頃からボルボはアイデンティティーのひとつである安全性に積極的に取り組むことになる。ミュージアムにはその成果でもある1972年発表の「VESC」が置かれていた。直後にデビューする「240シリーズ」に近い顔つきを備えつつ、キャビンはその後登場する「740シリーズ」を思わせる造形で、デザイン面でも見るべきところがあるコンセプトカーだった。

大きな窓を背にした次の空間は特別展示スペースで、この日は1950年から40年間チーフデザイナーを務めたヤン・ウィルスガールドが手がけた車両が並んでいた。

個人的に目を引かれたのは「262C」。ベルトーネが製作まで担当したボディーは最近のクーペにはない落ち着きが感じられ好ましい。奥にはボルボのイメージを変えた前輪駆動車「850」のスポーツモデル「T-5R」が、クリームイエローのボディーカラーとともに当時を思い出させてくれた。

「アマゾン」こと「P1300」(2ドア)のパトカー。
「アマゾン」こと「P1300」(2ドア)のパトカー。拡大
手前は「P210デュエット」(1960~1969)で、奥が「1800ES」(1971~1973)。
手前は「P210デュエット」(1960~1969)で、奥が「1800ES」(1971~1973)。拡大
安全実験車の「VESC」(1972)。VESCとは「Volvo Experimental Safety Car」(ボルボ実験安全車)の頭文字を取ったもの。
安全実験車の「VESC」(1972)。VESCとは「Volvo Experimental Safety Car」(ボルボ実験安全車)の頭文字を取ったもの。拡大
手前が「262C」(1977~1981)。生産はイタリアのベルトーネが担当。6622台が生産された。
手前が「262C」(1977~1981)。生産はイタリアのベルトーネが担当。6622台が生産された。拡大

あの頃のレースシーンがよみがえる

次の部屋はこの850とは逆に、日本ではあまり有名にならなかった小型ボルボたちが並んでいた。オランダDAFの設計を継承した「66」と、後継車の「300/400シリーズ」だ。特に1800ES以来のスポーツワゴンとなる「480」は今見ても魅力的に映った。

モータースポーツコーナーもあった。ラリーに挑んだPV544やアマゾンも展示されていたが、筆者の年代にはやはり「空飛ぶレンガ」の異名を取ったツーリングカーレースの「240」、ワゴンでレースに出た「850エステート」などが刺さる。あの頃のレースシーンがそのままよみがえってくる。

ここからはスロープでトラックが並ぶ1階へと下っていく。通路の脇には数々のコンセプトカーが並んでいた。Aピラーの視認性にも配慮した「SCC」など、安全や環境といった難しいテーマをスタイリッシュにまとめる技にたけていることが伝わってきた。

トラック部門は1999年を境に別会社になっているが、ミュージアムは両社が共同で運営しているようだ。バスや軍用車、ボルボペンタというブランド名を持つ船舶用エンジンも手がけており、ボルボ・カーズ以上にスウェーデンを支える存在であることがうかがえる。

こうして見てくると、少なくとも戦後のボルボに関しては、日本でもポピュラーな輸入車であることをあらためて実感した。今まで目にしたことがないようなクルマが並ぶミュージアムもいいけれど、一台一台を通してその時代を思い出すことができるこの空間は、独特の楽しさがある。

事前の申し込みや予約などは不要。一般の方でも見学可能とのことなので、スウェーデンに行く機会がある人は足を伸ばしてみてはいかがだろうか。

(文と写真=森口将之/編集=竹下元太郎)

「480ES」(1985~1995)。ボルボにとって初めての量産FFモデル。
「480ES」(1985~1995)。ボルボにとって初めての量産FFモデル。拡大
モータースポーツコーナーには「PV544」から「850エステート」や「S40」までがそろう。
モータースポーツコーナーには「PV544」から「850エステート」や「S40」までがそろう。拡大
「S40」(左)と「850エステート」(右)のレーシングカー。(写真=ボルボ・カーズ)
「S40」(左)と「850エステート」(右)のレーシングカー。(写真=ボルボ・カーズ)拡大
セーフティーコンセプトカーの「SCC」(2001)。
セーフティーコンセプトカーの「SCC」(2001)。拡大
トラックコーナーには歴代のボルボトラックがずらりと並ぶ。
トラックコーナーには歴代のボルボトラックがずらりと並ぶ。拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。